カテゴリー「Time to Run」の6件の記事

2009.03.11

自転車レースと違うこと

週末のマラソンレースの疲労はもう抜けた。多少筋肉痛は残るものの、自転車で100km以上をがんがん走るロングライドや乗鞍などのちょっと長めのヒルクライムに比べれば疲労の抜けは速いようだ。単に足だけがマラソンに耐えられなくてクラックしただけなのかもしれない。そう考えれば、まだまだ伸びそうな妄想も湧いて出てくる。

さて、久々に参加したランの大会なので普段よく参加している自転車の大会と比較してメモしておきたい。まず、参加者について。まず圧倒的に人数が多い。延人数が5千名を突破したらしいから、ツール・ド・のとの1千2百人に比べたら4倍以上だ。ランニング人工の裾野の広さを再認識した。また、女性が多い。公式データによれば5人に一人は女性。自転車レースは男女分かれているのが普通だし、そもそも絶対数が圧倒的に少ない。ランニングスタイルでばっちり決めている妙齢の女性も多かったし、これは新たな楽しみを見いだしたような気がする。

つぎに年齢層のばらつきが幅広くみられること。健康志向が強くなる40代を頂点として上下へ裾野を広げている分布は富士山のようだ。10kmや5kmのクラスは多くの中高生や子供たちも参加しているのでここに低山が有ると見て良いだろう。レース中はみなのんびりしていて、自転車レースのような一種の殺気は全くない。もちろん、着に絡むようなレベルは駆け引きやゲーム性も有るだろうが、大半は自分の記録を意識しつつも楽しむスタンスが普通のマラソンの楽しみかたなのだろう。これはツールドのとのようなイベント系のサイクリングと共通すると思う。

だから、自転車レースのようにレーパン+ロードレーサでばっちり決めたいかにも自転車乗りますー、つまりランナーの場合ランニングに高速ランシューズという出で立ちの人は少なくてウインドブレーカやヤッケを着て自由に走っている人も多かった。あとははしょって


  • 時間が長い割には補給を取らない


ランのレースの特性として

  • 休めない

  • つけない

  • だから回復しない


応援について

  • 応援してくれる人の顔が見える

  • 声と顔が一致する

  • だから知ってる人が来ているとがんばれるorつらい


とまあ、こんなところか。なんかいっぱい書けそうな気がしたけど、あんまり気の利いたことがかけませんねー。でも、年を取って自転車に乗れなくなってもランならできるかもしれない。末永くつきあうことになりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.08

能登和倉万葉の里マラソン2009

090309notojimaoohashi
(ランナーで埋まる能登島大橋-大会サイトから拝借)

吊った鈍足を引きづりながら、べた凪の七尾西湾沿いをゴールを目指してもう走っているとはいえない風体の35km地点。能登島内のアップダウンで、プリンスロードのMさんからココで無理すると地獄を見ますよという趣旨のそれとない忠告が今になって身にしみる。先ほどまで見えていためざすゴールの温泉街は岬の影に隠れてしまった。

がっくりきてふらふらになりつつも周りのランナーを観察していると、マラソンは人生の縮図であるとしみじみ感じる。完全に失速した私を次々とパスしていくランナーは、しっかり前半で押さえて後半に備えていた人だ。小柄なおばちゃんランナーがすたすたと無理のないフォームで私を抜き去っていく。でも、なかには私と同様ペースを乱してしまった人も少なからず見受けられる。

続きを読む "能登和倉万葉の里マラソン2009"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.02.01

ランとライド

先週は能登南部がゲリラ豪雪に見舞われ、それを目の当たりにして、やはりココは雪国なんだと思い知ったのもつかの間、一週間経った今では金沢周辺は溶けてしまってもう雪はなし。せっかくだからと自転車装束を準備するものの、今日は寒くて冷たいジャージをレイヤードするたびにやめとこうかなと尻込み。やっぱりぽかぽかランにしとくかなーと日和りつつありましたがお日様も出てくると現金なものでローマンクロスでえいと飛び出しました。

気温は4℃。完全冬仕様にウインドブレーカーを羽織ってちょうど。前をママチャリで走る高校生?はトレーナーに裸足でサンダルのコチラが寒くなる出で立ち。はぁー、オレも弱くなったものだ、もう年かとがっくり来ましたが気を取り直して定番の県境周回コースへ。やっぱり暑くなってきてブレーカーを格納ところで、冷たい向かい風。あーやっぱりランにすればよかったと後悔し始めたのでありました。

続きを読む "ランとライド"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.13

雪道の友

スノーターサー
大変遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。今年も雪が少なくてお正月から結構自転車に乗っていたのですが、今日は寒波に見舞われ北陸の冬らしい雪景色。久々に近所の石川県森林公園でスノーランしてきました。

雪道の友は、最近普段履きにもなっているアシックス・スノーターサー。珪砂入りスノーコンパウンドラバーががっちり雪路面をつかんでくれるので、絶大な安心感があるシューズ。といっても、氷結路でのランで使ったことはありません。でも、私にとってはグリップと同様に重要なのは防水性、「防雪性」。

続きを読む "雪道の友"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.14

レースのゼッケン

Decken.JPG
本日は、せっかくのランの大会でしたが、体調が優れずDNSと相成りました。多少小雨がぱらつきましたが、気温もランには良いコンディションで、出走できる方が大変うらやましく、まったく悔いの残る大会でした。

さて、今日は受付でもらったゼッケンをジャージにつけて、ウォーミングアップまでは行いました。そこで気がついたのが、写真のようなゼッケンの穴なのです。

続きを読む "レースのゼッケン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.21

金沢ロードレース2004(Run)

tiba.JPG
写真は、20回記念で招待された千葉真子選手(豊田自動織機)がファンのサインに応じるの図。ぱっと見、かわいらしい女の子という感じですが、トップアスリートの風格が漂う素敵な人でした。一気にファンになってしまった。アテネ五輪は補欠ですが、不測の事態に備えがんばって欲しいもんです。さて、私にとっては四半世紀ぶりのランのロードレース。中学生のころ、あんないやだったランの大会に、こんな年になってお金まで払って参加するようになるなど、夢にも思いませんでした。結果は今回の目標を無事達成でき、自分なりに満足しています。まだまだレベルの低い目標ですけどね。

6時に起床。天気を確認すると絶好のコンディション。いつもどおりパン三枚と少々のおかずを食べて、7時過ぎに出発。はっきり見える白山の雄姿を拝みながら、7時半過ぎには会場の西部緑地公園へ到着。既に多くのランナーがアップをはじめています。こちらも早速ゼッケン等が入った袋を受付でもらいました。受付もそうですが、随所で世話をしてくれている高校生は、かなりの人数に及ぶのではないでしょうか。受付、コース保全、ゴールでの世話等々100人近くは高校生が動員されていると思います。この競技の層の厚さと将来が感じられ、自転車ロードレースから見れば誠にうらやましい状況です。さて、初めて走る県立陸上競技場のタータントラックを踏みしめながら、数十年前の荒れた市営グランドや各地のグランドを思い浮かべていました。当時は雨が降ると、ぬかるんで泥道のようになるトラックでした。今のタータントラックで、ロードでは感じることが出来ないまろやかな走りを味わっていると、開会式の召集。申し訳ありませんでしたが、グランドの外へ出てアップを続けました。

ハーフの選手が、8:30に出発してから10分後、600人近くの選手(プログラム値)を擁する10kmに挑む大集団がのろのろとスタート。私は、速い選手の迷惑にならないようにほぼ中ほどからのスタートとしました。スタート直後は、前のほうから落ちてくる人や後ろから追い上げてくる人で、少々走路確保に気を使いましたが、直に落ち着き同じペースで走る人がまとまってきます。気になる心拍数は182!これはかなりのペース。コレではもたないと思いましたが、周囲のランナーは、私より年配の方々や女性ばかり、ペースを落として後方へ下がることなど自転車乗りの端くれとしてプライドが許しませんでした。(^^;)そのままなんとか180超のペースで走っていると、後ろから「がんばってくださ~い!」とかわいらしい声。なんと、千葉真子選手が参加ランナーに声をかけながら走ってきます。そして、「楽しんでくださ~い」との声を残し、笑顔とともに走り去ってしまいました。上下のジャージで固めたままの小さな身体はあっという間に見えなくなり、すぐにこちらの乏しい心肺機能や脚力と相談しあう厳しい現実に引き戻されました。

3.9kmのチェックポイント、5kmの中間地点ともなんとか180のペースでしのぎ、5km地点では目標ペースを5分上回る貯金が出来ていました。調子に乗って、足も回るような感覚にペースを上げるも、そう思えたのはつかの間のことでして、6.6kmチェックポイントの大豆田大橋では、急に失速して近くのグランドでサッカーをしていた子どもから「苦しそー」とまで言われる有様でした。足は残っていて、まだまだ走れそうなのに。

しかし、心拍数が178に落ち始めたときは、もう息が上がらなくなっていて、大きくペースダウン。アップ不足だったのかもしれませんね。あとは、数人の年配ランナーに抜かれ、女性ランナーに引いてもらいながら、何とか競技場にたどり着きました。そして、何度テレビで見たことでしょう。マラソンゲート。あこがれのゲートをくぐりぬけ、トラックに飛び込んだときには、えもいわれぬ感動がおしよせるも、まだ先は残っていました。最後に一周してゴールなのですが、目標の50分まで後2分ちょっと。中学生の頃には400mを1分で走ったんだから楽勝だと思ったのが災いして、ゴール前のタイム表示で50分あと20秒。ちょっと、ダッシュして何とか50分をきってゴ~ル。チップを返し、ゼッケンをバーコードリーダでまで読み取ってもらうのは、チップ処理のバックアップなんでしょうか?

秋のレースでは、アップを入念に。そして、自転車でもっともっとベースになる力をつけて、45分をきって40分に近づけるようにしたいと思います。あと、前日の刺激ランも欠かさずに。しかし、今回の一番大きな収穫は、平均180のHRで1時間はいけるということ。自転車レースでも今年はもっと積極的に行きましょう!さあ、秋まで自転車に専念するぞー!!大変楽しい大会で、有意義なものとなり関係者の皆さんには感謝しています。ありがとうございました。

結果:10km一般男子D 49分49秒 順位166/?位,総合294/?位
関連リンク:
金沢ロードレース

| | コメント (2) | トラックバック (1)