カテゴリー「サイクリストホスピタル」の20件の記事

自転車に乗っていると痛い思いも少なからず・・・

2008.09.28

寝溜めトレ溜め

ここ数日は一気に季節は秋に向かったようでよく眠れる。

今朝の新聞に寄れば、秋を迎えるこの時期こそ、しっかり睡眠時間を確保しなくてはならないそうだ。夏場はどうしても寝苦しくて熟睡できないのでその反動が来るというわけである。冬にゆっくり「冬眠」できるじゃないかと思うけど、気温が低すぎると身体が緊張してどうしても良質の睡眠が得られないとのこと。なるほど、春先に温かくなった頃は「春眠」で眠くて眠くてしょうがない時期がある。そう考えると、秋のいまこそ寝溜めしとく必要があるのかもしれない。

睡眠時間は人それぞれだけど、目安としては7時間。6時間では足りないという記事内容。この数字は私自身の睡眠実績からも妥当とうなずける。もちろん、睡眠の質にも寄るけれど。寝溜め食い溜めはできないと昔からの言い習わしがあるが、中長期のバイオリズムからは寝溜めは有用なんでしょう。では食い溜めは?果たしてトレーニングは?

続きを読む "寝溜めトレ溜め"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.30

コレステロール値

気になる報道があった。総コレステロール値が低いのが健康の証だと思っていたら、なんと基準値下限付近、「男性は160未満だと死亡の危険が1・6倍高く~」とのこと。

コレステロール低いと危険 富山大など、17万人分析

17万人というサンプルがでかいので、真実みがあるけど、いったい何の「死亡の危険」なんでしょうねぇ?日本人の平均寿命世界一?に貢献しているのは、発達した医療技術と豊かな食糧事情によるのだと思う。まさか栄養失調という訳でもないだろうし。

私は自転車生活以前でこそ、立派なメタボで上限付近の常連であったが、自転車生活以降はぐんぐん減ってここ数年は「160未満」を推移して150を切ったりしている。だから、重くなってヒルクライムがきつくなると言う理由以外で食事で節制する気になっていないし、じっさいやせてからはあまり食べたい(あくまで1人前以上)という気にもならない。

この辺が問題なのだろうか。食事を必要以上にとらない、つまりやっぱり栄養失調。また善玉、悪玉コレステロールのバランスについてはこの記事ではふれられていませんねー。この発表をしたのは富山の漢方系の先生なのも関係あるのか?しかし、これが免罪符になって「コレステロールが少しぐらい多い方が健康なんだ」という風潮になるのもまたいかがなものかとおもいますねぇ~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.02.09

実録・かぜの治し方

ちょっと時間がたってしまったが、先週末にかぜを引いてしまったらしい。「らしい」というのは、その日のうちにほぼ治ってしまったから、発熱、鼻水、咳などかぜの諸症状を確認できなかったからである。治し方は以前、このブログに書いた素人療法によっている。無責任ながら多少危険が伴うと予想されるので、悪化してしまってもそのことに関知できないことを、あらかじめ申し添えておく。

きっかけは時折雪の舞う寒い日曜にママチャリに乗ってそばを食べに出かけたことである。その数日前から気分が優れず、昼間はよくあくびをしていた。このまま、のど自慢を見ながら白米を食べてしまっては眠くなってしまって無為に過ごすこと必至である。そこで、GI値の低いそばを食べに行くことにしたのだ。

そば屋ではつなぎゼロの十割そばを冷たいまま食べた。暖房が軽めなので、自転車をこいできた割には結構寒かったのを思い出す。そのまま直帰すればよいものを、途中贔屓の和菓子屋で道明寺桜餅を買って無駄話などしているうちにまた寒くなってきた。ここにも暖房はなし。帰ってじっと本を読んでいると、だんだん腹痛がしてきた。14時ぐらいのことである。

続きを読む "実録・かぜの治し方"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007.11.05

セルフチェック表

今週末、参加する予定の「かなざわ市民マラソン」の参加通知書が郵便受けに入っていた。私が参加するのは、金沢市の陸上競技場をスタートして紅葉が色付きはじめた兼六園周辺の車道ガンガン走って、ぐるっと回ってくる10kmのカテゴリだ。準備万端ならば楽しめるレースなのだが、最近自転車同様ランもまったく走れていない事実をかんがみて、今日は試しに10kmほど走ってきた。

ウォームアップとクールダウンを含んでいたとは言え、心肺機能はまだしも足が重たくて1時間もかかってしまった。じつはもっとかかるかと、内心本番の完走さえ危うく感じていたのだが、何とか関門はクリアできそう。なので今週は無理はしないで体調だけは万全に整えたいと思っている。というのも、先日の鈴鹿の自転車耐久レースで幾人かのお知り合いが、身体的、時間制約的事情を押して参加して、あまりレースを楽しめなかった状況がネット上で散見されたからである。

続きを読む "セルフチェック表"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.20

クリート位置

車で移動中の道すがら目が自然と追っかけるのは、やっぱり自転車。今は季節がいいので、サドルが低いママチャリにダラダラと乗る高校生やオバさん以外にも、おしゃれなスポーツタイプの自転車で街を颯爽と駆け抜ける人を結構良く見かける。翠(みどり)の髪をなびかせながら素敵に走る女性をチェックするのは当然だけど、私の場合、どうしても目が行くのはペダルを踏み込む位置なのだ。

ビンディングタイプのペダルを用いる人はまだまだ超少数派。トゥクリップのついたマウンテンバイクは極稀に見かけるけど、たいがいその裏面を踏んでいたりして他人様のことだけど何かに引っ掛けないかと心配になる。当然ながら、普通の平たいフラットペダルで漕ぐ人が大多数である。

効率的な踏み込み位置とされるのは、クランクから直角に突き出したペダルのシャフトに、足の親指の付け根の突き出した骨である「母趾球」がちょうど真上に乗っかる位置とされている。たしかにこの辺で踏めている人の走りはサドルが適正な高さであれば美しい。私のロードレーサよりずいぶん重たそうな自転車を、スイスイ加速させていく小さなからだの小学生のペダル位置はやっぱりここだ。

じつは、私は2年程前からこのペダル位置-ビンディングタイプのペダルの場合はこれを固定するクリート位置-に悩んでいて、前へ出したり内側に引っ込めたりを繰り返し、試しに導入した遊びの少ないSPD-SLクリート「赤」で、とうとう先月初めの犀鶴->宝達縦走ライドでは膝まで痛めてしまった。それからペダル位置に縛られずスイスイ笑顔で自転車漕いでいる小学生を見るにつけ、とてもうらやましくいっそ平ペダルにしようとも思っていたが、ついにこの苦悩がこのたび氷解した。

続きを読む "クリート位置"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.09.15

黒酢の効能

去年、東京のダイエットマスターやっとんさんのブログで黒酢ダイエットの記事を読んで、購入したのが写真の混ぜモノ一切無しの本格的黒酢(黒玄米酢)。飲み始めたもののすっぱいの何の。(あたりまえ!)これで恐れをなしてずっと冷蔵庫の肥やしになっていた。この夏の初め、思い立って水で割り蜂蜜入れて飲んでみたら、後味すっきりで非常においしく飲めたので毎朝1杯づつ飲んでいていつのまにか1本、720mlは空になっていた。

あいにく私の体重はほとんど変化はなかったが、ひとつ嬉しい変化があったのだ。汚い話で恐縮だが、それは便通の硬い軟らかいがなくなったこと。これまでは周期的にこの硬軟を繰り返し、切れ○になってしまったり、一日にトイレに何度も入る日があったが、今年の夏に限ってはまったくこのような不調はなかった。また今日はtomiさんのブログでも黒酢(こちらはもろみ酢)の効果を実感されているのを発見し、ネットで改めて黒酢について調べてみると、ダイエット以外に運動能力向上などの効果が期待されることが分かってきた。

続きを読む "黒酢の効能"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.04.22

かぜの治し方

週はじめに油断して、久しぶりにかぜを引いてしまった。ずいぶん良くはなったが、自転車に乗る前は流感にもよくかかって、シーズン中、オフ(つまり夏場)を問わず年に1度か2度は寝込むようなかぜを引いていた。でも、自転車に乗るようになってほんとにかぜを引くことはなくなった。そうそのハズだった。

「かぜは万病の元」という言い古された格言があるが、これがきっかけで元気だった年寄りも死んでしまったりすることもあるから、やはりお医者へかかるのが結局、安全だし早く直るし経済的であろう。しかし、ここ数年私は自転車に乗っていてそれなりに鍛えていて、例の入浴法も時々しているのでヘンな過信もあって、忙しさにかまけて今回はほって置いたら次第に悪化、昨日はほとんど寝込んでしまった。

続きを読む "かぜの治し方"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.01

擦り傷-実践編

3週間ほど前の朝練習の最中、犬にタックルされ落車し、膝小僧に擦過傷(擦り傷)を負ってしまいました。今回は、横3cm、縦2cm程のキズで出血も多少あり、以前ブログで紹介した「閉鎖療法」を試すいい機会だと半分面白がって「治療」に取り組んだわけです。

閉鎖療法」とは、従来の消毒液による傷口の処置を行わず、水のみで洗浄、砂等のゴミの除去をしてラップのようなもので傷口を湿潤で保つことを目的にした治療法です。この治療法を応用した製品が「キズパワーパッド」で、少々高価なのですが以前から買い置きし自分は使う機会が無く、家人に使わせたりしていましたがとうとう私にお鉢が回ってきました。(笑)

続きを読む "擦り傷-実践編"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.11

ポイズンリムーバ

poison_rm先日、ブログリンクして頂いてるGo-Tさんからのコメントで「ポイズンリムーバ」なる、虫毒吸出し器があることを知って、購入しようと思っていたところ、ようやく本日山岳用品店で手にすることが出来ました。(ドクターヘッセル ポイズンリムーバ:税込み1050円)

そして、偶然にもTVのニュースでは、本日3県にわたり25人がスズメバチなどに指されたとの報道がなされていました。

<<スズメバチ 3県で25人けが>>
11日午前、秋田市でサイクリングをしていた小学生ら6人がスズメバチとみられるハチに刺されたほか、鹿児島市では登山中の小学生と保護者のあわせて10人、また、香川県仲南町の神社で獅子舞の練習をしていた子どもたちなど9人がスズメバチに刺されるなど秋田、鹿児島、香川の3県で25人がスズメバチに刺され、いずれも軽いけがをしました。

続きを読む "ポイズンリムーバ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.06.20

回復のためのストレッチ

1週間前のロングライドのダメージが、なかなか抜けないこの1週間でしたが、今朝はようやくすっきりした目覚めを感じることができました。実は、昨晩は入念にストレッチしたのです。「効く入浴法」も効果あるとは思うのですが、夏場はやはり苦痛です。そんな時、何か良い回復の方法はないかとネットで漁っていると、route_atmさんの記事に行き当たりました。

ゴールデンウィーク明けの『適応期』には、私は自転車に乗る時間を減らして、ストレッチを徹底的にやっていました。筋肉が固くなってしまったところを探して、朝も昼も夜もストレッチ。仕事場でも、空いた時間に椅子に座りながらでも結構できるもんです。

route_atmさんも「適応期」の存在を実感され、ご自分なりにストレッチと言う要素を組み合わされて効果を実感されたご様子。早速、昨晩久しぶりにみっちりやってみました。約15分。そして今日の爽やかな目覚め。気を良くして、またストレッチ。結局、朝錬できず仕舞いでした。

「適応期」の存在を知ったのは、マフェトン理論の信奉者、藤原裕司さんの書籍でした。皮肉なことに、マフェトン理論ではストレッチは筋繊維を傷つけるおそれがあるとしてこれを退けています。私には、何のポリシーもないので効果があればつづけるしか能がありません。

ウォーミングアップとしてのストレッチだけではなく、回復を目的にしたストレッチもしばらく身を入れてやっていこうと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)