カテゴリー「自転車ソフトウエア」の18件の記事

2012.10.23

カラーオーダーシミュレーション

Ris9_elite_2
7年ぶりに新調するロードレーサ。組み込んでもらうパーツをもって、金沢ローマンに行ったらすでに入荷済み。店頭に仮のホイールを履いて鎮座していた。まだバーテープも巻いていないので間の抜けた印象は免れないが、事前にカラーオーダーシミュレーションしてあるので、イメージには自画自賛だけど自信がある。(笑)このフレームにはホワイトのワイヤーカラーしかないでしょう。ローマンのスタッフもよく察してくれました。smile

続きを読む "カラーオーダーシミュレーション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.11

狐狩り


7FEA4E60-39E9-4D5B-B002-F9C0112D5C37


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.14

MTV

今日は適当に雨がぱらついただけで、走りに行けないこともなかったが、いろいろ宿題があってずっと引きこもり。たまたまネットラジオでかかっていた暖かい小春日和のような歌声につられたその主はコリーヌ・ベイリー・レイ。聞いたことがあるなーと思っていたら、デビューアルバムはいきなり全英1位を記録したヒット作だったそうだ。

Youtubeで音源漁ってみると、自転車に乗った彼女が歌う"Put Your Records On"が出てきた。長年のバンド仕込みで実力はしっかりあるようで、新作は無いのか引き続きネットで漁ってみた。だが、今年初めに旦那を亡くして傷心の中、追悼ライブを夏に行なったばかりだとか。はやく復帰してもらいたいものだ。

続きを読む "MTV"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.07

レースフォト

2008 第42回中部8県対抗自転車競技大会 ロード
今朝、内灘の白帆台で行われた中部8県対抗のロードレースを観戦してきました。高校生の方は集団ゴールでしたが、青年の方はロードレースらしい展開になり、なかなか見応えありました。実は観戦より、写真の練習が目的だったのですが、高速で動く選手達をねらった構図で捕まえるのは難しいもんですね。50枚ほど撮ってお見せできるのはこれだけ。

続きを読む "レースフォト"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.08.16

北京五輪

いやー、オリンピックのお陰ですっかりテレビ漬け。今回のように時間差の少ないLIVEはどうしても最後まで見てしまって、翌日は朝練できないこともしばしば。昨日もなでしこJAPANの応援。正確なパス回し、物怖じしない攻撃をしかけるナデシコたちに熱くこみ上げるものが・・・。普段見られないマイナースポーツも意外とおもしろい。最後まで一瞬たりとも気が抜けないお家芸の柔道、5gのシャトルを高速で打ち合うバドミントン・・・どれもみたいけど、時間は有限。

そこで、すっかり当たり前で死語になりつつあるビデオオンデマンド。ハードソフトのコモディティ化、Youtube等のがんばりによって一般化して、今回は公式動画も配信されるようになった。注目すべきは、NHK、民放の枠を越えて放送のあったものをほぼ網羅的にデータベース化していること。もちろん、ハイライト版であるが雰囲気を味わうには十分だろう。

*gorin.jp

続きを読む "北京五輪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.03

茄子2

茄子 スーツケースの渡り鳥週末、注文してあったアニメ「茄子 スーツケースの渡り鳥」を見ました。昨年にリリースされ気になっていたものの、いつの間にやら忘れてしまっていましたが、最近WOWOWで放送されたらしく各所のブログで絶賛の嵐。これはと思いネットで注文したのです。「宮崎駿の一番弟子」の誉れ高い監督は高坂希太郎。そのアニメのプロとしての仕事はもちろんのこと、自転車のメカ細部にこだわった模写、レースの当事者として目に映る風景のみならず、選手の苦しい心象風景をも見事に描ききった、監督の「自転車乗り」としての自転車レースを想う魂を感じる、心血を注ぎ込んだような作品でした。

前作の「茄子 アンダルシアの夏」の舞台はスペインの乾いた地中海性気候の「ブエルタ・ア・エスパーニャ」でしたが、今回は緑豊かな日本は宇都宮の豪雨から虹のかかる青空へと刻々と天候を変える「JAPAN CUP」であったことも日本人としての琴線にビンビン触れることになったと思います。勝ちにこだわる主人公ぺぺは果たして今回もそれを成し遂げるのか!?

続きを読む "茄子2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.02

はてなブックマーク

ブックマークというと、Webブラウザを使い始めた頃、イの一番に覚えた機能だ。各新聞社や天気予報、地域情報ポータル、時刻表、地図サービスなど何でもかんでも「お気に入り」に追加して悦に入っていたものだが、そのうちお気に入りも膨大な数になるにつれ、分類地獄に陥りどこへ行ったか行方不明となり、メンテ不足も手伝ってリンク切れも多々あるリンク集になってしまっている。結局、今ではグーグルなどの検索サービスに頼っているのが現状だ。

今、ブックマークというとソーシャルブックマークという「コチラ」のPC側に持つのではなく、ネット側の「アチラ」に持って、他の利用者と共有するのが主流になってきている。その中でも最右翼に位置するのが「はてな」の"はてなブックマーク"(以下、はてブ)。ずいぶん前からサービスを始められていたのであるが、私が便利さを実感して使い始めたのは去年ももう後半にさしかかってのことである。

続きを読む "はてなブックマーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

CM

Cmshori1Cmshori2
Cmshori3Cmshori4
先日、ちらっと見かけたCM。ようやくネットで見つけた。(完全版はこちら)ピストレーサが街の中を走り抜ける。ロードレーサでもいいけれど、これが今カッコイイ!と思えるのがピストブームの根っこのところなんでしょうかねー。

CMは「その人だけの、勝利がある。」というコピーを、ケイリンに投影させるコンセプト。誤解を恐れずにいえば、ケイリン選手の通常の装束、つまり玉ヘル、ごっついジャージ(=強度、視認性重視)がいかにかっこ悪いとはいわないけど、一般受けしないファンダメンタルであることを再認識させられる。

生のケイリンは、1度しか見たことないけど、ダイナミックでエキサイティングだ。そのときは、選手も「ライン」も何もわからなかったけど(今もよくわからない)、全力疾走する選手たちは美しかった。しかし、「金網」をはさんだ「コチラ」は決して美しいとはいえない世界。せめて、あの金網が取り払われればもっと楽しめるとは思うのだけど、これは「コチラ」の人の問題だろう。

下のサイトにはこのCMのメイキングもあって、楽しめます。ロードの撮影ではしっかりブレーキやリフレクタも付いててイメージだけではない気遣いも感じられます。しかし、みんな選手かと思ってたら普通の人もいるみたい。ポジション出せばそれなりにかっこよく走れるということでしょうか。

ケイリンテレビCM:9ways

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.15

ペダリスト宣言!

Pedalistいつだったろうか明治時代に行われた自転車レースをモチーフにした小説「銀輪の覇者」が出たとき、作家、斉藤純氏の名を初めて知った。一般の人たちの認識ではまだまだ「自転車競技=ケイリン」の現代において、自転車ロードレースが100年前の日本で今のF1のような国民的人気を博していたとされるこの物語の背景説明には、自転車を愛好する者の一人として、非常に興奮させられた。しかし、なかなか読む機会がなかった。

そして先日、q.M.pさんのブログで斉藤氏の自転車本「ペダリスト宣言!-40歳からの自転車快楽主義」が出たと知り早速書店へ走り、買って読んでみた。これまで少なからず自転車本を読んできたつもりだが、やはりプロの物書きの筆による本書は安心して読んでいられる。そういった点では、伊藤礼氏の「こぐこぐ自転車」も同様で、まったく危なっかしいところがなくて、落ち着いた筆致。で、なおかつウイットに富んだ文章は時折読み返し、使ってもいない頭を優しくいやしてくれた。

この「ペダリスト宣言!」は力の抜けた老練な伊藤氏の文章とはまたことなり、まだまだ「若い」脂ののった力強い文章が全編にわたって響く。多少、自転車を乗り込んだ人には前半の「快楽主義」に退屈するかもしれないが、ちょっと我慢して読み続ければ、この「快楽」の真の意味が後半強く響いてくると思う。

続きを読む "ペダリスト宣言!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.12

はてなスター

hatenaに新しいサービスが追加された。ブログ記事に星マークによる評価付けするその名も「はてなスター」である。hatenaといえば、自転車乗りの近藤さんが始めた企業。その独特な経営手法は一時、注目の的であった。お知り合いの自転車乗りもずいぶんhatenaのブログサービス「はてなダイアリー」に移っていって、私もグラっと来たことがあった。

しかし、私の思い込みも入っているであろうが、そのサービス群の自前主義と密度に敷居の高さを感じていた。「人力検索」を始めとして、アンテナ、動画、画像、データ集計あらゆるサービスが提供され便利に機能しているようにみえる。ただし、はてなの「敷居」の中に入ればの話である。

続きを読む "はてなスター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧