カテゴリー「レースレポート」の44件の記事

2014.06.15

白山ろくエンデューロ


地元の石川県白山市で行われた「白山ろくエンデューロ」に参加してきた。石川県内の耐久レースは7年前に津幡で行われた「加賀ロード」やもう定着してきて今年3回目を迎えた「温泉ライダーin加賀温泉郷」につづき3つ目ではなかろうか。耐久レースの良いところは、ロードレースのような集団走行の局面もありつつ、参加者が各自のペースで決められた時間内楽しめるところにあると思う。また、先に上げたレースはいずれも公道を使ったコースで人工的に作られたサーキットコースにはない急カーブや逆バンクもあってそれなりにテクニックも要求されてこれまた楽しめるが、接触や落車の危険性もあるので注意も必要だ。

6月に入って暑くなることが気がかりだったが、今日は思いのほか風が気持ちよくて私が参加した2時間ソロクラスはボトル2本で十分間に合った。じつは暑くなると予想される数日前になってボトル2本では足りないと心配して、急遽トライアスロンで使うようなサドル後部にボトルをエクステンションできるパーツの検討も始めたが、結局慣れないことをしてトラブルになることを恐れてやめにした。また、補給も背中のポケットに入りきらないと懸念してトップチューブにとりつける「お弁当箱」も購入して事前にテストしたが、ペダリングとダンシングでいやらしく干渉したのでこれもやめにしたんだった。結局通常のレース装備で会場へむかうことにした。

続きを読む "白山ろくエンデューロ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.20

宝達山ヒルクライム 2012

20121020matta写真は富山のM田さんご提供
先日紹介した今日の宝達山ヒルクライムは自走で現地に向かう。コンビニを各駅停車であれが足りないこれが足りない立ち寄ってしまう。スタートののぼり口は8:10頃。これならのんびり上っても受け付け開始の9:00には十分間に合う。途中で写真を撮ったりつぶやいたりしながら9:00前に受付の山頂公園に到着。同じく自走でこちらに向かったk2さんから、受付を早くと促される。

受付でどっさり参加賞をいただく。1kgの減農薬の宝達米に、立派なおかき、かわいいアクセサリーももらった。大きめのバックパック持参でよかったなあ。(笑)じきに山の竜宮城で開会式が始まる。今回のお世話はカツリーズのN田さんを中心に常連の自転車好きの皆さん。毎度、思うことだけど自分の時間を使って準備作業にあててくださる皆さんには頭が下がる。集合写真を撮ってもらってしっかり着込んで、今上がってきたスタート地点の陸橋まで下る。朝は息が白くなるくらいだったけど、どんどん気温が上がってスタートはアームカバー以外は夏仕様でスタートすることにした。スタートはどうもエントリー順の1分差の模様。滑り込みで申し込んだというShimadaさんが定員外の31のゼッケンナンバーだったことでうなずけた。

続きを読む "宝達山ヒルクライム 2012"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.30

やつおロードレース 2012

Img_2212Img_2218
今年もやつおロードレースに参加してきた。おわら風の盆で著名な富山の八尾からさらに奥まったダム沿いの1周8㎞の周回コースのレースで今年で第6回。これまで雨が降ったり風が吹いたりで半分ほどはきついコンディションだった。そして今回も台風接近でレース中は大雨の予報。同行する近所のWささんと、いくだけ行って雨ならDNSしようねと参加の意志もそう強いものでは無かったが、Wささんはスイスストップのブレーキシューに変えていたし、私もタイヤをミシュランPRO4RACEに変えて、それなりにゆるく意気込んで会場入りした。

続きを読む "やつおロードレース 2012"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.13

温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津

本日は、いまだ豊富に雪をまとう白山が望める片山津温泉で開催された3時間耐久レース「温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津」に参加。当初は狭い田んぼ道で周回して何が楽しいのかなと斜に構えていたが、地元の初レースであるし、新緑のシーズンでもあるし、近所のお仲間も多く参加するようだしで一応出る気になった。しかし、3時間をぶっ続けでそろそろ暑くなるだろう五月中旬にレースペースで走れる気がしないなーと逡巡していたところ、チームメートのちふさんからペアで出ましょうと声がかかり、これなら走れると心待ちに今日を迎えたのであった。


続きを読む "温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.20

北陸シクロクロス2011金沢キゴ山戦

北陸シクロクロス2011キゴ山北陸シクロクロス2011キゴ山
時折激しい雨のなか、北陸シクロクロス金沢キゴ山戦に参加。ここは自宅から30分という近さもあるけど、牧草地だったので基本やわらかい土だから落車しても怪我はない。高速な局面で段差もないので私の持っているクリンチャー機材でパンクすることもない。反面、今日のようなコンディションでは容赦ない重馬場。ほとんど休みどころのない苦しいでも泥にまみれて楽しいレースとなりました。

いつもここでレースのある時はのんびり日曜の朝を楽しめる。今朝は青空も見えて風もない。このまま午前中もってくれないかなーと淡い期待を抱いていたが、予報では日本海を凶暴な雨雲が東進中。会場に着くまでは青空でこの予報も外れるかと思いきやぽつぽつ降ってきて、レース会場横の受付には叩きつけるような雨を恐れてクルマで足を運ぶ始末。こんな雨ならアップも難しい。持ってきたブルーシートでとてもテントは張れない。そっと帰ろうかなーと思っていたら、強力な応援団が到着。コロちゃんでした。

続きを読む "北陸シクロクロス2011金沢キゴ山戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

飛翔体発射の空の下

パナソニックヒルクライムin伊吹山ドライブウェイ
午前11:00前にスタートした今年初めてのレース、パナソニックヒルクライムin伊吹山ドライブウェイ。序盤は抑えての方針も、関西随一のヒルクライムレースの雰囲気に飲まれて一気にレッドゾーンへ突入。普段の練習では心拍数を180まで追い込むことはなかなかできないのに、前半30分はその180を前後してレースを楽しめた。

始めは、心拍計立ち上がり時の誤動作と当てにはしていなかったが、5分、10分と立つのに体感ペースに応じて180を中心に上がり下がりする。こんなのは5年前のランのレースに出て以来久しぶり。感覚では苦しいがつらくはない足の周りも悪くない。が、しかし。同じ石川から参加のKONAさんとTiger-Uさんにかるくかわされたものの自社比の調子の良さに酔っていられたのは30分だけだった。標高を稼ぐにしたがって青みを増す空に気持ち良さを吸い取られるような気がしたちょうどその頃、北の空からの飛翔体発射の事実を知る由もなく。

続きを読む "飛翔体発射の空の下"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.03.08

能登和倉万葉の里マラソン2009

090309notojimaoohashi
(ランナーで埋まる能登島大橋-大会サイトから拝借)

吊った鈍足を引きづりながら、べた凪の七尾西湾沿いをゴールを目指してもう走っているとはいえない風体の35km地点。能登島内のアップダウンで、プリンスロードのMさんからココで無理すると地獄を見ますよという趣旨のそれとない忠告が今になって身にしみる。先ほどまで見えていためざすゴールの温泉街は岬の影に隠れてしまった。

がっくりきてふらふらになりつつも周りのランナーを観察していると、マラソンは人生の縮図であるとしみじみ感じる。完全に失速した私を次々とパスしていくランナーは、しっかり前半で押さえて後半に備えていた人だ。小柄なおばちゃんランナーがすたすたと無理のないフォームで私を抜き去っていく。でも、なかには私と同様ペースを乱してしまった人も少なからず見受けられる。

続きを読む "能登和倉万葉の里マラソン2009"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.11.23

マッディレース

北陸クロス2008 第4戦キゴ山
80%の雨の予報がいい方に外れて、レース中はよいお天気に恵まれました。しかし、コースは泥田のようなテクニカルコースと相成って私も何度かこけました。秋と冬が同居するダイナミックな景観をバックにハーハーゼーゼー無酸素領域に近い負荷で追い込めるシクロクロスは非日常の夢のヘンタイな世界。たのしかったなー。

続きを読む "マッディレース"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.10.19

2008禅の里ロードレース

2008禅の里ロードレース
選手の皆さん、熱いレースをありがとうございました。元気が出たぜ!本格的なロードレース観戦は3回目か。1回目は2001年、石川県の森林公園で行われた全日本実業団選手権。2回目は市民レースにも参加した2004年のツール・ド・北海道。以前は選手の顔も名前もチームもわからず、ただただスピードに圧倒されるだけであった。今回は、少しは選手の顔も覚えたし、なにより普段一緒に練習させてもらっているサイクリストが多く出場している。力が入らない理由はないでしょう。

場所は、能登は輪島市門前町。曹洞宗のもう一方の大本山総持寺がある。その門前からのスタート。昨年の能登半島地震で大きな被害が出たこの町で、復興を旗印に今回の「第1回禅の里ロードレースin輪島」が開催されたのである。普段は静かなこの町の参道に日本のトップロードレーサが居並ぶ様は鳥肌もの。コースは下の地図のようにいきなり標高200mをよじ登らねばならない選手には厳しいレイアウト。しかし、選手の闘う姿が間近でみられる絶好のポイント。ここでじっくり観戦することにした。

続きを読む "2008禅の里ロードレース"

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008.10.05

2008やつおロードレース

2008やつおロードレース
ほとんどの参加者が閉会式まで残って、表彰台のレーサー達に祝福を贈る。当たり前のようでなかなかこのようなレースはありませんよね。そんなアットホームな、でも熱いレースが今年も富山の八尾で繰り広げられました。レースの時間を間違えてアップしたり、個人TTで向かい風の中、シャカリキになって漕いでしまって足使い果たしたり、いつも通りのとんちんかんなことしてましたが、マスドロードは足の揃った5人のグルペットで協調した楽しいひとときでした。(写真は今回も最長不倒距離から参加のパチョレックさんに敬意を表して。我ながらよく撮れました^^;)

■2008やつおロードレース
・個人TT
・マスドレース3周

続きを読む "2008やつおロードレース"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧