« 2014年8月 | トップページ

2017.11.10

旧道探索2

久しぶりに自転車ブログを書いてみよう。以前にも書いたことだけど、私はこの記事から12年たった今も旧道探索が好きなようだ。この間に道路開発はどんどん進んで、金沢を中心とした近辺だけでも数えきれないほどの新しい道が車での移動利便性向上を目的として完成した。もういいじゃないかというくらい。

山間部のバイパスと称される新しい道を、自転車で走っていても、車で走っていてもどうしても目で追ってしまうのは、その周辺で役割を終えてスクラップされた旧道だ。なかには生活道路として、農作業へ向かうアクセスとして機能しているものもあるが、県境付近などはほとんど、がけ崩れで通行止めになって以来の道もあるようだし、意図的にメンテできないために通行止めにしてしまっている道も多い。

そんな中で、今朝の快晴の自転車通勤で通ってきた国道359号線の金沢森本山間部の旧道は奇跡的にといってもいいぐらい、往時の姿を残している。wikipediaに寄れば

1988年(昭和63年) : 金沢市中尾町 - 宮野町間のバイパス完成。全線2車線化完了。通年通行可能。

とあるから30年は経っていることになる。しかし、以下の動画にもあるように多少、落葉や落下物があるので、快走とまではいかないけれどもロードレーサでもなんとか走れる。富山県側の集落からこの旧道を見下ろすとかなり大規模な法面が見て取れるのでその維持だけでもおそらく手間暇かかることだろう。富山のばったさんのように厳密に追跡して資料に残すまでのことはできない。でも、この辺にこんな風に残っていることだけは記録しておいても良いだろう。今はサドル下につけた小型軽量のリアカメラもあるので簡単に保存できることだし。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ