« ありがとう2013 | トップページ | 白山一周ライド、三度! »

2014.06.15

白山ろくエンデューロ


地元の石川県白山市で行われた「白山ろくエンデューロ」に参加してきた。石川県内の耐久レースは7年前に津幡で行われた「加賀ロード」やもう定着してきて今年3回目を迎えた「温泉ライダーin加賀温泉郷」につづき3つ目ではなかろうか。耐久レースの良いところは、ロードレースのような集団走行の局面もありつつ、参加者が各自のペースで決められた時間内楽しめるところにあると思う。また、先に上げたレースはいずれも公道を使ったコースで人工的に作られたサーキットコースにはない急カーブや逆バンクもあってそれなりにテクニックも要求されてこれまた楽しめるが、接触や落車の危険性もあるので注意も必要だ。

6月に入って暑くなることが気がかりだったが、今日は思いのほか風が気持ちよくて私が参加した2時間ソロクラスはボトル2本で十分間に合った。じつは暑くなると予想される数日前になってボトル2本では足りないと心配して、急遽トライアスロンで使うようなサドル後部にボトルをエクステンションできるパーツの検討も始めたが、結局慣れないことをしてトラブルになることを恐れてやめにした。また、補給も背中のポケットに入りきらないと懸念してトップチューブにとりつける「お弁当箱」も購入して事前にテストしたが、ペダリングとダンシングでいやらしく干渉したのでこれもやめにしたんだった。結局通常のレース装備で会場へむかうことにした。

6:30にローマンでレース初参加のNATSUMIちゃんをピックアップして山環、鶴来街道経由で白山市鳥越にむかう。会場のテントサイトに機材を下ろして私は指定の駐車場へ向かったが、タッチの差で2kmほど離れた鳥越中学校の駐車場へ同じローマンのちふさんと案内された。サイト設営、受付、補給の準備などしていたら結構忙しい。昨年はゲリラ豪雨でことごとくレースがつぶれてほぼ1年ぶりの自転車レースなので手際もずいぶん衰えてきているなあ。(笑)会場は地元の大会でお知り合いが多くて楽しいが、最近、ネットで知り合った方とも顔を合わすことができてこれまた楽しい。

試走開始の8時をちょいと過ぎたあたりにNATSUMIちゃんとレースコースをあれこれ注意点を述べながら軽く一周。コースは手取川に沿った緩い直線の上り下りがメインでコースを折り返してくる橋周辺のシケインが曲者。実際ここで多くのトラブルが発生した。もう1周していい具合にアップはできた。そしてちょうど召集の時間。召集所には、昨年の温泉ライダー同様遅れをとったかとおもいきや、まだ2人のみ。4時間チーム参加のちふさんと先頭に並ぶ。お隣には同じく2時間ソロのパワーキックの86さんも。カーポ・カッサーノのT4さんは冒頭のような素敵な写真を撮ってくれてスタートまで退屈することはなかった。

スタートは緩めのローリングスタート。先頭でペースを作ってくれるのはTEAM MATRIX POWERTAGの永良選手とイナーメの筧選手。すぐに地元の強豪johnさんも上がってきて横に並んでくれた。NATSUMIちゃんはもう下がってしまったようだが、この集団走行がいちばん興奮したらしい。おじさんも一緒。本スタートになって橋を折り返したところでもうどんどん追い越されて集団後方へ。周回チェックののぼりで簡単に集団から切れて本当の自分のレースが始まった。

(つづく)

|

« ありがとう2013 | トップページ | 白山一周ライド、三度! »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/59837656

この記事へのトラックバック一覧です: 白山ろくエンデューロ:

« ありがとう2013 | トップページ | 白山一周ライド、三度! »