« 北陸シクロクロス2011金沢キゴ山戦 | トップページ | Giro di KANAZAWA 2012 »

2012.05.13

温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津

本日は、いまだ豊富に雪をまとう白山が望める片山津温泉で開催された3時間耐久レース「温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津」に参加。当初は狭い田んぼ道で周回して何が楽しいのかなと斜に構えていたが、地元の初レースであるし、新緑のシーズンでもあるし、近所のお仲間も多く参加するようだしで一応出る気になった。しかし、3時間をぶっ続けでそろそろ暑くなるだろう五月中旬にレースペースで走れる気がしないなーと逡巡していたところ、チームメートのちふさんからペアで出ましょうと声がかかり、これなら走れると心待ちに今日を迎えたのであった。


いつも通り、5:00起床。ゆっくり準備して6:30頃家を出た。やっぱり休日なので国道、北陸道とも空いていて1時間ほどで会場に到着。近場の1チーム1台の指定駐車場へ向かう前にテントだけ置かせてもらおうと思ったら、もうすでにローマン金沢のメンバーがピット設営にかかっていた。ローマン金沢からは、トンデモさんからゲストのKさん初め、SHIMADAさん、乱酒さんとICEさんでカルテットを組んだ「RONDEMO金沢」とちふさんと私のデュオROMAN金沢の2組で出走。ちふさんが連れてきたかわいらしいIZUMIちゃんを監督に据えて早速作戦会議。

周回は2.5㎞と短い。頻繁に交代すると意外と段取り替えロスが発生することは、ずいぶん前に津幡であった「加賀ロード」の経験から明らか。そこへ今日はソロで出場の師範ウメさんが顔を出してくれて2人なら5周ぐらいでしょうという話になった。ONE/WDのウメさんがあの加賀ロードでマサルさんとデュオで見事な作戦勝ちをおさめたことは記憶に焼き付いている。スタートは私に譲ってもらった。3周試走して感じをつかんで、スタートまでまだまだ時間があるなとのんびり準備していたら、スタートはほとんど最後尾になってしまう。スタートはローリングスタート。3時間もあるし、どちらかというと見た目層からあまり競技競技している人は少ない。コースは適度にアップダウンがあるので足に合わせてばらけて大きな集団になることはない。どこか乗鞍に似た和やかなレースの流れだったと思う。

1回の走りで約20分結構なペースで走る。バトンタッチしたところでやはりローラ台を持ってくるべきだったと後悔した。急に心拍を落としても身体は休まらない。2回目の走りを終えたあと会場のホテルの玄関ポーチの坂を行ったり来たりして少し落ち着いた。少しでもタイムを稼ごうとピットに入るときセンサータグのベルトを外して入線していたが後でこれは違反であるとわかる。日差しはあるが風薫る5月の風は爽やかで暑さは感じない。レース中は足の合う人と走れたのは半分ぐらいだろうか。

ソロで参加しているトンデモさんを中心とした同年代のお仲間に混ぜてもらったりしたが、こちらは半分休んでいるので
温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津

|

« 北陸シクロクロス2011金沢キゴ山戦 | トップページ | Giro di KANAZAWA 2012 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/54708953

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉ライダーin加賀温泉郷2012片山津:

« 北陸シクロクロス2011金沢キゴ山戦 | トップページ | Giro di KANAZAWA 2012 »