« 能登快走周回 | トップページ | 暮れの晴れの東尋坊ライド »

2010.10.17

能登快走往復

(作成:コロちゃん)
今日は秋晴れの下、輪島市で行なわれているレースに行き半分、帰り全自走で応援ライドしてきた。国内自転車ロードレースJシリーズ最終戦の「禅の里ロードレース」は初回の一昨年以来の2年ぶりの観戦。国内のトップ選手はもとより、地元のおなじみ選手も各カテに参加していて、応援に知り合いのサイクリストが大挙して駆けつけているはずである。

数日前に自走の応援ライドをつぶやいたところ、トンデモ兼ノンデモのコロちゃんからルートの提案をいただいた。絶好のアクセスルートのみならず、今日は向かい風になるはずだった帰りの南下ルートは、山よりにとられているのでこれまた絶好の風よけになって大変楽しい応援ライドとなったのだ。応援もそこそこに。

7:30に自宅近くでチームメイトのちふさんにピックアップしてもらって、羽咋までクルマで。コンビニで補給を調達していたら、目の前を野々市から自走してきているはずの43zさん通過。後にクルマで追いついたが、結局自走開始後門前まで追いつくことはなかった。デポしたのは、柴垣ちかくの道の駅。ここから自転車でスタート。コロちゃんの地図通りなら往復約120kmの行程だ。クルマのうるさい国道からすぐに待避して裏道で志賀町を目指す。

このコースは自転車始めた頃によく来ていた。当時はアップダウンが激しい辛いコースと認識していたが、今では少しは成長したせいか気持の良い丘登りでちふさんのおしゃべりしながら余裕でクリア。志賀町市街地でじゃっかん迷走したがすぐに海沿いの県道を北上開始。もう暑ささえ覚えてきた秋の日。羽織っていたベストを格納した。志賀原発を通過して、時間もあるので世界一長いベンチでおなじみの富来町でコンビニブレークの提案がちふさんからあったが、ようやく身体もホットになってエンジンかかってきたので、却下させてもらってお楽しみの海岸線がワイルドに目に飛び込んでくる能登金剛ライドを始めることにする。

風は南西方向から吹いているので二人で回せば、そこそこペースは上げられる。漁村を縫うようにして走るツールドのとでも初日の一番の見せ場だろう。信号もほとんど無いので快走だ。30km/h中盤から40km/h近くでばんばんとばす。

禅の里ロードレース応援ライド禅の里ロードレース応援ライド

|

« 能登快走周回 | トップページ | 暮れの晴れの東尋坊ライド »

トレーニングコース情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/49770045

この記事へのトラックバック一覧です: 能登快走往復:

« 能登快走周回 | トップページ | 暮れの晴れの東尋坊ライド »