« サイクリング・ブルース | トップページ | WearLinkはリンクが大事 »

2009.05.04

風吹林道

090504girokane
(Photo:KONAさんより拝借)
今日はkonaさん主催のGiro de 金沢(以下、ジロ金)にイントロだけ参加してきた。金沢南部の山岳コースを総なめにする、あまりにも魅力的コース群。私は残念なことに所用で第1幕の風吹峠から獅子吼高原にいたる風吹林道しか参加できなかったが、ここが誠にすばらしいコースだった。

手取川が長い年月をかけて作った扇状地にはいまの時期、田んぼに水が張られているのできらきら鏡のようだ。金沢市街地からちょいと走れば、エントリできる朝練にも最適なコースだろう。去年のジロ金の序盤の激坂亀甲舗装責めもおもしろいけど、できればきれいな鋪装で走りたい。そして、それをかなえるだけではなく林道と名がつくにはふさわしくない道幅の広さ。中央線があって、県道といってもも良いような広さだった。


(konaさん作成)
konaさんが言ってらしたように竹林が多いので杉林のように暗くなることがない。このおかげでブラインドコーナも少なくなるので、安全性も高くなるだろうか。地図ではそのまま獅子吼高原をパスして、これまたジロ金のコースにもなっている犀鶴林道にアクセスできるように見えるけど、実際にはゲートがしてあって進入禁止。獅子吼高原さんの私有地なんでしょうねー。

今日は風が少なくて、風吹の趣はなかったけど、冬場などは金沢平野をわたってくる北からの季節風が、正面から当たるはずなのでこれらの竹林をざわざわ揺らしていることだろう。ジロ金は、その後、さらに南下して、生雲、大日、犀鶴線、王道線、医王山と激しい登りを次々と取りに行くらしい。時間があっても今の私には完走は難しいだろう。来年に備えて今からトレーニングを始めよう。記録用のカメラでもある端末がメモリーフルで、結局何も残っていなかったのは残念でした。

|

« サイクリング・ブルース | トップページ | WearLinkはリンクが大事 »

トレーニングコース情報」カテゴリの記事

コメント

私の自宅はコナさんと同じ町です。(直ぐ近所)

5月1日、このコースを走ってきました。坪野のキャンプ場からぐるりと清瀬の町を一周するのは普通の人はしませんね。

一度下りてからもう一度坂尻から上り、窪の所から自宅に帰りました。

3日の交流サイクリングで、ちふさんとご挨拶ができました。これからもよろしくお願いします。

投稿: くろゆり | 2009.05.05 08:13

◆くろゆりさん、交流サイクリング盛り上がったみたいですね。ROMAN金沢を今後ともよろしくお願いします。さて、こんないいコースなのにあまり知られていないと言うことでしょうか。獅子吼まで入れると20kmちかく市街地を見下ろしながらの登り基調は特筆すべきコースだと思います。

投稿: matta | 2009.05.05 08:27

matta師匠、風吹林道から犀鶴線へはアクセスOKですよ。日本海サーキット脇から入るダートが入口です。先日走ってきた記事はこちら。

http://54village.sblo.jp/article/28765759.html

投稿: onix | 2009.05.06 22:03

◆onixさん、1dayNOTO400お疲れ様でした。まあなんてえげつない距離だこと。まだまだヘンタイさんがいるんですねぇー。(^^)でも私も1度はやってみたいものです。犀鶴線へはアクセスはいけるんですね。クロスで一度走ってこよっと。hisaさんがブログで書いてらしたのですが、昔は獅子吼高原まで通行可能だったそうですね。いまなら期間限定?で・・・。

投稿: matta | 2009.05.07 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/44898658

この記事へのトラックバック一覧です: 風吹林道:

« サイクリング・ブルース | トップページ | WearLinkはリンクが大事 »