« 第1回 Giro di 河北 | トップページ | ダートとベルギーワッフル »

2008.11.15

集まれ!石川の自転車乗り~

第1回セナ高原スタンディング大会
冬の足音がすぐそこまで近づいているとは思えない暖かさの白山麓で、大スタンディング大会。みんな子供に返ったような笑顔。この地域にゆかりのある超一流選手から、趣味のサイクリストまでサイクリングを楽しみました。とりまとめのうめさん夫妻、こぉせぇさん夫妻ありがとう!

数日前までは、9:00に鶴来に集合なので、ブロックタイヤのクロスでキゴ山試走、その足で参加と意気込んでいた。しかし、先週ひいた風邪で超弱気。結局しらやまさんまで車で行って、成り行き上、たまたま積んであったデモンタブルで参加することにした。

R157から進入しようと思っていたら、集合場所の体育館は用水の向こう。ぐるっと鶴来の町を半周するように少し遅れてたどり着いた。すでに多くの参加者は受付済ませて集まっている。100人はいないと思うけど、それに近いからサイクルイベントといってもよいでしょう。ミホちゃんとこぉせぇさん、みのりんちゃんが手際よく受付を行っていた。参加費用は「100円」。保険代だけだそうだけど、私がこれまで参加したレースイベントを通じて最小金額を記録。

今回、呼びかけてくれたうめさんから、スタート前にゲストの紹介。ケイリンからは数々のタイトルを持つ第1人者の小嶋選手を始め、辻、八日市屋、坂上各選手。ロードからもアイサンの廣瀬選手とアンカーの中村選手と超豪華なゲスト。各選手ともスター然としたところが全くない終始参加者を笑わせたり気遣ってくれたりの気さくなスポーツマンであった。中の峠経由の山側コースとキャニオンロード経由の平地コースの二手に分かれて目的地のセナ高原へスタートした。

私はおもたーいスチールのデモンタであったが、先日、その重さから解放されるべく不要なキャリアや泥よけを取っ払って、タイヤも23Cのロードタイヤに換装。前輪だけだがキシリウムSLを持ってきたので、フレームのその登りの走破性も試したくて山側コースに参加した。天狗橋から先端大に向かうトンデモクラブさんの定番コースでもある。途中、shi-zuさんやコロちゃんとランについていろいろおしゃべりしながら走る。フルマラソンを楽しむには月間200kmは走り込むことが必要。週に50kmとすれば、10km*3+20km*1というペースか。現状と照らし合わせて大きく開きがあることだけは認識した。来年の能登和倉万葉の里マラソンどうするか。

先端大の登りはマサルさんとよねちゃんとのんびり上がる。マサルさんは自転車にまじめに取り組むきっかけを与えてくれた人。このブログもマサルさんのHPにあるかっこいいレースレポートに刺激されて書き始めた。その人がお仕事の都合でこの地を離れると聞いていて大変残念に思っていた。私のブログはかっこよくはないけれど、これがきっかけでロングに挑戦したり、変態コースを探索している人がいると聞くとネットを介した自転車の輪の不思議な力を感じるこの頃でもあった。しかし、おしゃべりしていて大きく集団に中切れ起こしてしまう。

よねちゃんのパワフルな引きでようやく集団復帰。再集合し、しばらく平地を走った後メインディッシュの中の峠への登りにさしかかる。もうわたしにとってはサイクリングとはいえない結構なペースになってきた。軽量化したデモンタはポジションあってはいないといいつつも中村選手が引く集団になんとかついて行けると思えたのは序盤まで。メータも心拍計もないけれどちょっと無理してるなと手綱をゆるめたところで、後続に次々とパスされてあとは紅葉を楽しみながらのパスハントとする。

手取川が削った鳥越周辺は見上げる視界もダイナミックに開けていて、上部はもう終わりかけの紅葉もまだまだ力が残っている感じ。takarshiさんと併走しながら去りゆく秋を惜しみつつ、まだ修善寺やクロスなどレースを視野に入れつつ・・・。プリンスロードのK2さんから紹介のご近所のSさんは、今年から乗り始めたとは思えないスピード。聞けばなるほど10kmランでは40分台前半だと。ブースケさんも回転力がついてずいぶん走力増している感じだし、われわれローマン金沢も来年にむけてのんびりしていられない。長いセナの信号待ちの後、コロちゃんとうりゃーとガタピシもがいてセナ高原到着。


ボトルも何も持ってこなかったので、あわててゲーターレートで補給。ついでに温かいココアも飲む。平地組と合流してどういうきっかけか参加者全員でスタンディング大会が始まった。ひとりひとりが駐車場のライン一台分の範囲から以下に長く収まっていられるかを勝負。私はこんなおもしろい絵を残さない手はないと撮影に回って上のような動画を撮ることにする。やはりベテランのテクニシャンが残っている感じだが、優勝したのはハキハキした大学生のU君。スタンディングの安定度は群を抜いていた。

記念写真をとってもらっているときにアクシデント。なんと、駐車場に入ってきた車にバイクがひかれてしまった。華奢なバイクも痛かったのだろう大きな断末魔のような泣くような音をあげていて、ただでは返さぬと車のバンパーをもぎ取ってしまっていた。事故処理もうめさんたちにお任せして帰りは全員平地コースで帰る。一人はつらいのでとりついたグループはLoveMeTenderのYさんを中心とした実業団中心のグループ。といってもそうペースを上げることもなくおしゃべりしたながらだけど、結構なスピードは出ている模様。それにしてもこのパナのデモンタの高速巡航性能は登りに続いて十分確認できた。またクランクを170mmのものに変えたせいなのか、スチールの弾力性も手伝って平地ではぎゅいーんと伸びる感じがうれしい。あとはサドルをもうちょっと軽いものにしてやれば、12kgぐらいで収まって輪行時の担ぎも苦痛ではなくなるはず。あとはヤングパワーで引っ張ってもらってあっという間に鶴来についてしまった。

私はデポ地点へ向かって離脱。鶴来の町を後にする。今日はずいぶん暖かで、白山さんで見かけた七五三参りの着物の女の子はずいぶん暑そうにしていた。夜もずいぶん暖かで、かんたろさんが夜の部の幹事をしてくれたスペイン料理屋ではホットなアンダルシアな茄子がビールによくあった。サイクリングには参加できなかった、Mさんに日頃の鍛錬についてあれこれ聞く。朝練が基本だそうだけど走り出すまでのプロセスに何か「秘密」があるらしくて聞き出せなかった。(笑)朝の合同サイクもそうだったけど気がつけばお時間。お世話してくれた皆さんには重ねて感謝いたします。

|

« 第1回 Giro di 河北 | トップページ | ダートとベルギーワッフル »

自転車コラム」カテゴリの記事

コメント

mattaさんのいろんなお話とても楽しかったです。
次回は瀬女スプリントを差せるようにがんばります。
お相手してくれて有難うございました。

you-tubeの大きなお尻もう少し絞るぞ~。

投稿: コロちゃん | 2008.11.17 14:50

mattaさん
土曜日はお疲れ様でした。
夜の部は自転車乗りの為にとマスターにお願いして「茄子アンダルシアの夏」のコンセプトで茄子のアサジョルディ漬けを出していただいたのですが、なんかイマイチだったみたいです。
まぁ楽しい会でありがとうございました。

投稿: かんたろ | 2008.11.17 18:28

◆コロちゃん
魅力的なおしりできっとアクセス数を稼いだことでしょう。(笑)こちらこそよいお話が聞けて、よいモチベーションを得ることができました。今後ともよろしくお願いします。
◆かんたろさん
本格的なスペイン料理は初めてで堪能しました。もちろんアサジョルディ漬けも初めてでおいしくいただけましたよ。香辛料が違いますねー。アンダルシアの風が吹いていました。あっという間の2時間、ありがとうございました。次は一緒に走りましょう。

投稿: matta | 2008.11.18 07:53

ヒミツの朝練・・・
起きてまず、仏壇で3分ブツブツ、それからプー(ねこ)にご飯やって、みけ(犬)の散歩を終えると30分、で、マスクして(一人での朝練ではオールシーズン,心肺力が強くなると思い込んでいる) 走り出すと5時チョット前。一周40キロを1時間15分程度でまわる。内容は・・・今度一緒に走りましょ。

投稿: みっちゃん | 2008.11.20 15:59

◆みっちゃん
うおー、ついに秘伝のメニューが!これは効きそうですね~。(笑)是非、今度は直接もんでやってください。とりあえず、マスクから真似してやってみます。ところで、夜の部でもお話しした今年のベストショットはみっちゃんの鬼気迫る輪島での走りでした。かっこいいでしょ!
http://www.flickr.com/photos/cyc_mattta/2954394676/

投稿: matta | 2008.11.20 22:16

マスク
気をつけて。夏場は、くっついて酸欠になります。ときどき、しぼってやってください。これで肺活量は5800ほどです。

投稿: みっちゃん | 2008.11.22 11:52

◆みっちゃん
うわ、夏場はちょっと・・・。そこまでしますか・・・。(汗)でも、この肺活量はその賜ですね。

投稿: matta | 2008.11.22 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/43121986

この記事へのトラックバック一覧です: 集まれ!石川の自転車乗り~:

« 第1回 Giro di 河北 | トップページ | ダートとベルギーワッフル »