« 第1回 Giro di 河北(planning) | トップページ | 集まれ!石川の自転車乗り~ »

2008.11.03

第1回 Giro di 河北

ジロかほ
当日の朝まで雨が降るのか降らないのか心配で夜もおちおち寝ていられない。(嘘)でもちょっとは遠足でかわいい児童生徒達を濡らしてはならぬと腐心したであろう、小中学生の頃の先生の気持ちがわかった。

主なルート:-森本-田近越-加賀朝日-中尾-材木-舟尾-常徳-朝日畑-原-森林公園(休憩)-舟橋-宇ノ気運動公園-気屋峠-菩提寺峯-上田名-黒川-箕打-宝達-河合山-河合谷-木窪-大滝-久利須キャンプ場(ランチ)-子撫川ダム-能登坂-論田-莇谷-刈安-(旧R8号)-森本-
走行距離【126】km


前日の予報ではお昼頃がもっとも降水確率が高くて、40%のくもりの予報。これを信じてゴーサインを出した。しかし、本日朝には午前中の確率が50%上昇して雨マーク。実際日本海には接近する雨雲がはっきり「赤く」レーダに写っていた。外を見るとまだ真っ暗で天気が悪くて暗いんだか、夜明けが遅くて暗いんだかわからない。頼みの綱は予想気温が、金沢で20℃と高めなこと。

どんよりたれ込める雲の元、森本でデポされたonixさん、けんさんに声をかけて一旦、集合場所の森本ローソンへ。金沢の方が空が暗いので定刻7:30前にはスタートした。今回の参加は、トンデモクラブからパート走行で、事前に何度もコースの下見をしてくださったくろゆりさん(多謝)。同じくトンデモクラブのBR2の野獣系レーサonixさん。無所属?で今回のコースを知り尽くし地理来歴にも詳しいKさん。同じく無所属?の福井から参加で「ジロかね」ではその存在感を見せつけられ、今回の好敵手けんさん。そして、今年はよく練習につきあってもらっていたRoman金沢の木村君とmattaの計6名。20代前半から、私の父親世代までなんと幅広いことか、自転車ってすばらしい。

onixさんたち合流しスタートしたところで、結構な降り。すぐさま近くの公衆トイレで一旦ビバークする。でも、じきにやんで仕切り直しのスタート。今回、最初の田近越の登りにとりついた。ここはリンク先にもあるけど、旧北陸道を越中富山へ抜け荷のため近道した古道である。今回、郷土地理に詳しいKさんに聞いて初めて知ったけど、この近辺にある有名な香辛料をまつった波自加弥(はじかみ)神社が田近(たじか)に由来すること、そして”はじかみ”がショウガの古名であることなど大変興味深い話であった。

そんなおしゃべりをしながら、コンクリート舗装ベースの登りをこなしたところで背景に広がるはずの河北潟湖北のパノラマはあいにくのくもり空でスッキリとは見渡せずがっくり。今日はどこもかしこもこのような有様で澄み切った秋景色を堪能してもらえなかったことは至極残念なことであった。地代トンネルの上を通過して、おなじみオヤジ朝練のコースにイン。しばらく結構なペースでコンクリ舗装のストレスを解消した。

県境、内山峠近くの中尾からは津幡へ急降下するが、すぐさま登りが出て来るのがジロかほ。また一気に200m登らされる。しかし、ここからはくりから農免道路の走りやすい下り基調でしばらく休憩モード。空からも休めと言わんばかりにざーっと雨が降り出して農協軒先でほんとの休憩。森林公園でもトイレ休憩したところでメインメニューをお出しすることにする。

まず、裏道をつないで宇ノ気の気屋峠。ここは舗装がきれいで走りやすい。勾配もゆるいが200mちかく登らされるので次のスパイシーな菩提寺峯直前にはいい準備運動となると思う。そして、1km平均20%、200mを一気に稼ぐ菩提寺峯のお出ましだ。ここでonixさん、野生のスイッチが入ったようで力強いペダリングで駆け上がってすぐ見えなくなってしまった。私は木村君とけんさんを写真休憩で見送ってようやく本気モードになるが、何度登っていても辛い。今は34T*25Tだけど、ここを以前はノーマルクランクで上がっていたのが信じられない。前をいくけんさんが次第に近づいてくることだけを励みにしてようやく菩提寺集落へはい上がった感じ。

ちょうど雨も降ってきて、遅れたメンバーをお迎えに行く気力も出なくて友達甲斐もなく軒先を借りて雨宿りしていたら、onixさんがKさんを引き連れてまた上がってきた。この男気に脱帽。このように時折雨に当たりながらのライドであったが、今の時期にしては気温が高くて寒い思いをしなかったのが僥倖であった。しかし、雨の下りは恐い。しゅーしゅーいっていたブレーキシューは帰ってみたら大方すり減ってしまっていた。

高松山間部のアップダウンをこなす宝達へのアプローチ。しかし、いつもはスッキリ見渡せるはずのその山容が雨に隠れているのかはっきりしない。いくべきか、いかざるべきか悩んでいると獅子吼塾長でもあるonixさんから「許す」とのご神託も出て、R471箕打から林道明乗寺線に入り宝達本体へとりついた。さすがの塾長もこのえげつないコースのオンパレードで疲労したのかしばらく私と並走していたが、1kmばかり走ったところで先行され遅れ遅れになり又見えなくなる。4差路の高地谷桜並木入り口で再集合して尾根沿いを目指す。

春はサクラがきれいですよと紹介するが、実はその時期には来たことなくて、いつもつぼみか葉桜の頃。先日、H谷夫妻と相談してた春の宝達ヒルクライムはこのコースでも良いなと考えながらひたすら淡々と標高を稼いでいく。さて、今日はいつもすかっとした走りを見せてくれている木村君の元気がない。卒業を控えて忙しいらしくあまり乗れていないらしいが、夏にあの河北潟ハイスピード朝練で集団をガンガン引いていた走りが見る影もない。Kさんもすでにショートカット宣言されランチポイントに先行されたし、季節の変わり目、このハードなライドをこなす体調維持もなかなか難しいことだ。でも、いってこいのロングとことなりショートカットのきく本ルートはジロかね同様全員参加で楽しめる良さが評価できよう。

山頂の竜宮城は、onixさんとけんさんの3人でアタック。ドリンク調達とお約束の記念撮影だけしてすぐ下山、薬師の泉で木村君と合流して河合山経由で河合谷へ急降下した。途中、くろゆりさんから情報もらったとおり崩落箇所もある。私は苔で滑って落車した。幸いUターン中だったので軽く転んだだけ。あとは登り基調をランチポイント目指して登るだけ。そして時間通り12:30にランチポイント久利須キャンプ場のBBQ会場へたどり着いた。

すでに、くろゆりさんとKさんは先着されていた。そしてもうひと方、どっかで見たことひとだなぁとおもっていると、春のローマンファーストラン以来ご無沙汰していたりょういちさんでした。ブログをみられてどんなところかと見物にいらしたらしいが、今度は是非ごいっしょしましょう。しかし、時間さえ決めておけばこのような参加の仕方もありかと今になって気がついた。せっかくのBBQだし、大勢で楽しんだ方が楽しいに決まっている。

BBQはこの天候に気を利かせて屋内でセットアップしてもらっていた。じゅーじゅー鉄板で山盛りのお肉と野菜を焼く。焼き上がった肉を旨い旨いとみんなとつつく。特に脂身たっぷりの豚肉が旨い。メニューにないリクエストの五穀米の昆布おにぎりもできたてほかほかでうまい。焼きそばも出てきた。もうおなかいっぱい。お好み焼きも頼んであったのだった。このキャンプ場のメニューで出てきてないのは「冷やしそうめん」だけ。あー食べ過ぎたー。

気がついたらもう13:30。世話をしてくれたおばさん達に礼を言って、キャンプ場を後にする。ここからはくろゆりさんもライドに加わり、宮島峡へ急降下。紅葉はまだ先ですねー。小矢部には降りずにまた200m程登りの能登坂。おなかいっぱいでもうペースも上げられない。onixさんとなかよく並走しながら、それでもこっちはハーハー言いながら。くろゆりさんもきれいな回転力をいかして時間差もなく峠をクリア。

ここでもう14:00を回った。最後のメニューであった森本のマニアなコースは次回に取っておいてゴールを目指すことにする。莇谷の県境から今朝来た刈安で旧R8にスイッチして向かい風の中、集団は南下。津幡高校でくろゆりさん離脱。お疲れ様でした。後はローテーションしながらペースを30km/h中盤近くまであげて森本デポ地まで。練習会じゃないけどやっぱり最後はこれでしょう。

デポ地へ、onixさん、けんさんを15:00ジャストに送り届け、ここで木村君も離脱。後は同じく津幡のKさんと流しながら追い風に乗って帰路につく。Kさんは完走できなかった悔しさからか口が重い。でも、それが大事なんですよね。私も4年前、今日のコースの舟尾のピークでONE/WDさんの練習会で途中敗退。参加していたオリンピック前の唐見さんとウメさんが心配そうに見送ってくれたことを思い出す。菩提寺の登りでも何度か足を付いたこともある。基本は楽しくだけど、やはり悔しい思いを明日への推進力にすることは、今日のくりゆりさんの三国山リベンジの話で、いつまでも持ち続けなくてはいけない性というか、明日への糧ではないかと。午前中はなかなかそのスッキリした姿を見せてくれなかった宝達がいつも通りやさしく見下ろしてくれていた。

ジロかほジロかほジロかほ

|

« 第1回 Giro di 河北(planning) | トップページ | 集まれ!石川の自転車乗り~ »

ロングライドレポート」カテゴリの記事

コメント

今日は超ショートカットコースでしたが、楽しくBBQに参加させていただき、有難うございました。

何回かに分けて全コースを踏破したいと思っています。

投稿: くろゆり | 2008.11.03 20:23

◆くろゆりさん、本日はお疲れ様でした。最近は走っていなかった河合山周辺の道路状況のおしらせは助かりました。もうちょっと天気良いと良かったのですが、BBQも楽しくいただけて結構でした。またご一緒しましょう。

投稿: matta | 2008.11.03 21:57

おはようございます
昨日は有り難うございました!
いや、本当にサバイバルでした
足もおなかもいっぱいいっぱいになりました。
次回はスタンディングでBBQが食べられるように
頑張ります(笑)ではなく mattaさんに少しでも
ついていけるように頑張ります。
また、宜敷お願いします

投稿: けんさん | 2008.11.04 08:48

前半皆さんのペースにやっとやっとついていましたが菩提寺の坂に取り掛かったところで身も心もちぎれました。宝達山をパスして、BBQ場に先行し本隊を待つ間、黒ユリさんといろいろおしゃべりしましたが、2007ツールドのと最高齢完走者であり人生の大先輩である先達のお話は大変に楽しかったです。
ゆっくり体を休めた後の後のBBQ・五穀米の昆布おにぎり・焼きそばなどは最高にうまかった。がっつりいただきました。来年は完走を目指します。

投稿: Kさん | 2008.11.04 09:43

けんさん、Kさん昨日はお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
◆けんさん、ジロかねではへたれたところをお見せして恥ずかしかったので、今回は万全の態勢で望みました。(笑)しかし、菩提寺の檄坂をダイナミックに上がって行かれる様は圧巻。来年はもうちょっと早くしてお日様の元でゆっくり座ってBBQしたいですね。
◆Kさん、私の自転車3年目を振り返って、ようやくレースに出だした頃でしたが、こんなコースをてんこ盛りで走ろうとは考えもしなかったでしょう。くろゆりさんの向上心には今回も励まされました。私たちはひよっこ?まだまだがんばり楽しみましょう。

投稿: matta | 2008.11.04 12:56

昨日はありがとうございました。かなりのへたれっぷりで迷惑をかけてしまって、すみませんでした。でも、初めて走るコースは最高でした!!BBQも我を忘れてがっつかせてもらいましたし。(笑)
最高に楽しいサイクリングでした!!
今日はかなり筋肉痛なんで、また明日から15日に備えて、走っておきたいと思います。
ありがとうございました!!

投稿: 木村 | 2008.11.04 16:18

◆木村君、お疲れ様!あまり調子よくないようでしたが、onixさんとコースアウトしたKさんを追っかけてすっ飛んでいく様はさすがでした。でも、無理しないで学業優先でしばらくがんばってくださいね。

投稿: matta | 2008.11.04 20:08

matta師匠、昨日は「ジロかほ」お疲れさま&ありがとうございました。
素晴らしいプランニングに感謝!
天気はいまいちでしたが大崩れすることもなくコースの目玉はしっかり走れたことがよかったです。
ランチのBBQも最高~!帰って家族のみんなに話したらうらやましがって、今度連れてけーって(汗)
自分も今朝は筋肉痛でダメージは輪島以上かも。
次回はもっと過酷な「ジロかほ」お願いします(笑)

投稿: onix | 2008.11.04 21:08

◆onixさん、こちらこそありがとうございました。ざっーと降ってきたときにはどうなることかと思いましたが、何とか体裁整ってホッとしているところです。次回はもっとサバイバルな雰囲気を醸し出したらおもしろいかも。カテゴリー分けするか、にしてもガイドがその分必要ですけどね。ギブアップされる方にはランチポイントと現在地を記した地図を渡してとも考えましたが、なれない道だとあのように迷子続出かも知れませんし。(汗)あの辺はもうちょっとネタが有りますのでお楽しみに!

投稿: matta | 2008.11.04 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/42997647

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 Giro di 河北:

» 第1回 Giro de 河北 [自転車トレーニングブログ アサレン!クラブ]
時折小雨降るあいにくの天気だったが、Giro de 河北参加メンバーはそんなことにはへこたれない。matta師匠のプランニングに感謝!いや~がっつり走って、がっつり食べて、楽しい一日だった。 ... [続きを読む]

受信: 2008.11.04 21:53

« 第1回 Giro di 河北(planning) | トップページ | 集まれ!石川の自転車乗り~ »