« スピード朝練 | トップページ | 北京五輪 »

2008.08.03

悲しいレース

夏の丸岡らしくぐんぐん気温が上がる中、木村君に引っぱってもらっていい具合にアップができた。N部さんからもスタートアップ用の赤グリも頂戴して、さあいくぞと会場に乗り込んだところで、レース中止のアナウンス。え、なんでと見かけたTさんを捕まえて聞いてみると、大きな事故が起きたとのこと。

私たちが参加する一般レースに先行してスタートする実業団のレースでの事故のようだ。「心肺停止」の情報もあって、それでは続行は無理かと納得しかけたところで、会場に停車している審判車の中からうめき声。なんといつも練習会でしごいてもらってるS君ではないか。まさか、と血の気が引いた。

彼が絡んだ落車事故がそんな重大性があったのか。玉のような汗をかいて激痛にこらえつつも、意識はしっかりしてるし、しきりに完走したかったと悔しさを訴えている。男の子だねー。そのまま救急車で病院へ搬送。しかし、後に出された、本部からのアナウンスに寄れば、全く別の事故が発生して、警察によるその現場検証をきっちり行うためのキャンセルであった。

■古城グリーンロードレース 2008
・事故とその検証のため大会中止

この事故で残念なことに実業団のレーサが亡くなった。後のしっかりした検証によりわかったこととして正式にアナウンスされたこと。レースで命を落すことはプロのレースから、ホビーレースまで聞いたこととしての認識はあるが、実際自分が参加したレースで起こるとは思わなかった。

ヘルメットさえしていれば、命は落すことは無いだろうという過信というか思いこみが私にはあった。しかし、よおく考えてみれば下りで70km/hのスピードは出るし、平地でも40km/hはレースならば当たり前にでる。そのような運動エネルギーを発泡スチロールの固まり、つまりヘルメットで完璧に防御できる、と思う方に無理があるのだ。

レースに限らず、練習中でもふと油断すれば、、、。そう考えると、ふだんから口やかましく安全性を担保する目的で、注意してくれる先輩、それには限らない「うるさ方」の存在はありがたいのだ。仲間を増やしたいばっかりに敷居を下げて安易に練習に誘うのも一歩間違えば大きな罠となりかねない。

病院へかつぎ込まれたくだんの彼は、鎖骨骨折だけで済んだ。しかし、まだ私の実感としては、そんな大けが!ではあるが、復帰に向けて語る彼の声は明るい。骨折でかなりの激痛と思われるのに。

長い歴史を誇る「丸岡」も変曲点を迎えているのかも知れない。起伏に富んだ公道レースとしての魅力は捨てがたい。捨てるのは簡単だが、また拾い集めるには多大な労力が必要だし、シリーズとしての実業団レースにも大きな影響を与えるだろう。今回の死亡事故の細かい経緯は不明だが落車が頻発するゴール周辺とはことなる箇所で発生したため、不運としか言いようがない。だから、今一度問題点をチェックして来年につなげる努力をより一層お願いしたい。

それが、レースが大好きであったろうに帰らぬ人となったレーサへの何よりの報いになることだろうし、レースキャンセルに速やかに応じた国内トップレーサを初めとするホビーレーサへの誠意となるだろう。最後になりましたが、亡くなられたレーサに心より哀悼の意を表したいと思います。

|

« スピード朝練 | トップページ | 北京五輪 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
警察が介入したということでしょうね。
重大な事故の連発で、自転車の怖さを再認識できたのでは?

投稿: エディ | 2008.08.03 21:09

事故による中止は残念でした.なくなられた方はベテランのようですが、リスクを知りつつ限界を高めることの難しさがわかる気がします.この教訓を乗り越えて競技スポーツとしてのロードレースが成熟することを願います.

投稿: roadman2005 | 2008.08.03 23:48

◆エディさん
今回は命に関わる大きな事故のため、しっかりした検証をコース上で行う必要があったため、また来年に向けても必要なことと参加者はみな納得しているものとおもいます。怖さは実感できました。
◆roadman2005さん
そうなんですよね。てっきり慣れていない人の単独事故と思っていました。限界を高めることばかりに気がいっていて、リスクを理解することがおざなりになっていたことを再認識しました。

投稿: matta | 2008.08.04 20:47

事故の詳細は判明したのでしょうか?

投稿: エディ | 2008.08.07 22:14

◆エディさん、主催者側には「操作ミス」とありますが、なにか別の要因がそれを導いてしまったのかもしれません。とにかく走れる人だったそうなので滅多なことはなかったと想像できますが、不運が重なれば誰にでも起こりうる結末といえるでしょう。我々はこのことを肝に銘じて、できるだけリスクを押さえ込む努力を心がけることしなくては、亡くなった選手は浮かばれないと思いますね。

投稿: matta | 2008.08.08 20:41

大阪在住で、お世話になっているショップのクラブの方です。僕と同じ年代なのに実業団の現役バリバリのガッツある方でした。残念で仕方ないのですが、ご冥福をお祈りするばかりです…

投稿: Choko | 2008.08.14 17:37

◆Chokoさん、そうでしたか。私たちもショックでしたが、同じショップの方なら尚更のことでしょう。コチラのレースでもかなりいいタイムを残してらして驚きました。自転車乗りとして志を継げるようあらゆる面で日々向上心を持って心がけたいものです。

投稿: matta | 2008.08.14 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/42049840

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいレース:

« スピード朝練 | トップページ | 北京五輪 »