« 「のと」の新ルート | トップページ | キャンセル »

2008.06.22

内灘サイクルロードレース2008

080622ucndrra
撮影:みぽははさん(内灘のフォトレポートはコチラ)。Mさんの力強い漕ぎに引き替え、ずいぶんへばってますね。前傾も他の人と比べて浅い感じ。

■第26回 内灘サイクルロードレース (河北潟干拓地)
・TTT 9位/完走43チーム Time:0:38:39.111 +Top:02:53.36 Ave:41.29km/h
・RR-アダルト DNF/完走76人

遅れた梅雨入りも、この「内灘」が連れてきたような未明の雨。昨日の練習しすぎもあって、足のみなぎり度もずいぶん低い。よってモチベーションを落してはいたが、レースの準備をしている内に路面も乾き、かといって強い日差しにさらされることなくこれも「内灘」らしいレース日和になって元気も出てきた。

■チームTT 13.3km*2周
5:30に会場到着して、テント設営。チームTTが順番からして7:30ごろスタートなので6:30にはメンバー揃ってアップをはじめる。正直丸1周はボリュームありすぎるのではと思ったが初めはのんびりとのことなので、結果的にはいい具合に追い込めたと思う。しかし、昨日、このレースに備えてタイヤとチューブを換装し、その走りの良さに気持ちよくなって上げすぎたせいか足に力が入らない。昨日の足みなぎり感が恋しい。

どうも私は2日はしっかり休んで、当日の朝に少し気合いを入れた方が良さそうだ。そんなことを感じてはいたものの、チームで走るメンバー。N部さん、木村君、kyo-hey君にはできるだけついて行きたいし、多少引きもしたい。事前の勝手な申し合わせでは若い2人におんぶにだっこの配分だったが、N部さんは良く引いていた。向かい風のバックストレートを力強く引く木村君になんとか食らいついて37-8km/hをキープ。

堤防沿いのホームストレートはスピードに乗って45km/hぐらいで突進していたと思う。引いてもらっている間はできるだけ重いギアで休ませてもらったつもりだったが、サドルに乗ったお尻が発火しそうに熱い。こんなの初めてだ。2周目に入るところでは意識がもうろうとしていたらしく、なんか危ない局面があったようでkyo-hey君にハスった模様。海側クランクを越えてバックストレートに入ったところで足は残っていたようだが、心肺ががきつくて切れて締まって3人を見送った。ほんとに心肺がそうだったのかは、トランスミッタを忘れたので実ははっきりしない。やはり、つけるべきだった。

切れた間もそこそこの30km/h超で走る。次から次へと先ほどかわしたチームにかわされていると、チームで進む威力というか一体感を再認識する。もうちょっと粘るべきだったかなー。軽く流して、個人ロードが始まる10:00までは約1時間半。なんだもうどっと疲れてしまってあんまりやる気がしなかったが、折角路面も乾いているし、お友達もたくさん参加しているのでスタートラインには立ってみた。

■マスドレース-アダルト 13.3km*4周
期待はしていたが、レースが始まるとがちゃんとスイッチが入った。落車を避けるためできるだけ前へ。そのせいもあってか危険な思いはしなかった。心拍はほぼ170中盤で推移。時々集団中程に下がって160中盤で休んで、又前へを繰り出す。

しばらく痛い目に遭っていないせいもあろうがやっぱり内灘が好き。100人近い集団がひとかたまりになって進む疾走感は、脳に心地よい高揚感を与えてくれて苦しくも楽しい。賑やかなかけ声も耳に心地よくはないが楽しい気分を後押ししてくれるように感じたのは成長したのかも。

2周目、ずーっと逃げていたMさん以外のアタックはほぼ単発に終わる。このひとも尊敬すべき足のある人だが、超人倶楽部の方々が集団先頭で私の見る限りずっと展開したのには感心した。強い人が何人かいるけど、5人程のメンバ全員が終始前にいたように思う。私も感化されてこれに混じって、といってもついているだけで楽しませてもらった。

しかし、三周目のバックストレートの向かい風で超人倶楽部の人にエールを送ったところでふくらはぎが両方ともつり出した。一昨年と同じ展開だ。今日は涼しいのでドリンクをあまり取っていなかったのもあるだろうが、身の程知らずの走りをしてじわじわ足にダメージきていたのだろう。2周目に落車があったし、ここで急停止でもしてみんなに迷惑を掛けてはいけない。そしてなによりキツイつり足のせいでドンとモチベーションが下がってしまった。

そのまま左によけて集団を見送り後はのんびり流して終了のDNS。あー、このパターンがくせになってしまったな。でも、2日休んだ昨日の足みなぎり感が忘れられない。調整の仕方もわかったので、この思いは来週の美ヶ原にぶつけることにする。とはいっても楽しかったなーの思いばかりが表出するのであまり悔しい思いはないのが問題。完走して出し切ったお知り合い達がゴールになだれ込んでくるのを見ているとやはりあれが本来のあるべき姿なのだと反省した。

結果。お知り合いでは個人TT-アダルトの5連覇がかかったウメさんは惜しくも2位。「肩の荷が下りた」とのコメントで、表彰式での柔和な笑顔がそれを物語っていたと思う。マスドレース-アダルトで3位の表彰台にご近所レーサのWさん。一段と絞られた身体と地足、持ち前の勝負感で取るべくしてとったといえるでしょう。来年に向け、TT師匠のみなみさんから良いヒントももらったし、これはしっかり身につけたい。何しろ地元だし、もっともっとこのコースを使ってトレーニングしましょ。それが地の利というものだ。

|

« 「のと」の新ルート | トップページ | キャンセル »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

超人☆倶楽部の者です。内灘で検索したらこのブログを見つけたので、コメント残していきます。
内灘はお疲れ様でした。
自分達4人も最後まで先頭付近にいましたが、最後は集団の渦にのまれてしまいました。。。
来年はしっかりと戦術立てて臨みたいと思います。そのときはまたよろしくお願いします。

投稿: リボ | 2008.06.23 21:46

◆リボさん、内灘おつかれさまでした!「超人」のお一人でしたか。いつもあのような展開ですが、単独チームで常に前でレースをされる様には感動しました。こちらのビデオのはじめにも超人☆倶楽部のみなさんの勇姿が映っていますね。
http://jp.youtube.com/watch?v=Djj3Utp4Ea0
私も地足をつけて、チームのみんなと加われるように精進します。来年もお待ちしています。

投稿: matta | 2008.06.24 12:51

内灘お疲れ様でした。
内灘は危険だからなというネガティブな見方をついついしがちですが、みんなのブログをよんでまたでたい気持ちいっぱいになってきました。
mattaさんも出し尽くした表情が印象的でした。美ヶ原でも楽しく出し尽くしましょう。
小谷はいきますか?

投稿: コナ | 2008.06.24 17:33

◆コナさん、応援ありがとうございました。内灘はロードレースの麻薬性が最高にでるレースと言えるのかも知れませんね。以前コナさんがマスドで逃げたのを見習って前へ前へを心がけてはいるのですが、いつも自爆で大変難しいです。小谷は残念ながら所用で参加できませんが、アットホームで良いレースですよ。今週は美ヶ原で復帰戦ですね。がつんとお祝いしましょう!

投稿: matta | 2008.06.24 22:29

お疲れ様でした。
私も終盤は脚が攣ってしまいます。
体調管理が大切ですね。

今度はヒルクライムですか。
頑張ってください。

投稿: HIDE-chan | 2008.06.25 05:29

■HIDE-chanさん、出張お疲れ様です。足攣りなかなか克服できません。もうなんか癖になってますね。一度レースでやって、しばらく歩けなくなったことがあるので怖いんです。来月の飯南ヒルクライムがんばってくださいね。この辺は遠からぬ縁がありまして一度いってみたいです。

投稿: matta | 2008.06.25 17:58

こんばんは みぽははです。
手当たり次第に撮った写真のなかに偶然mattaさんが
写っていて良かったです。
あまり上手く撮れていなくてごめんなさいね
でも使っていただいてありがとうございました。
息子共々今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: みぽはは | 2008.06.26 21:24

ずいぶん経ちましたが、内灘おつかれさまでした。
あと、ブログへの書き込みありがとうございます。

美ヶ原、天気が心配ですね。
私は最近乗り込み不足で、昨年のタイムを上回れるかな?
ってとこです。
どこかでお会いできると良いですね!

投稿: hiddy | 2008.06.26 23:44

内灘、お疲れ様でした。
mattaさんの応援もしたかったのですが、仕事の都合もありTTTを走り終えて、とっとと退散しました。
次のレースも落車に気をつけて頑張って下さい!

投稿: ハチ | 2008.06.27 12:48

◆みぽははさん、素敵な写真ありがとうございました。自転車ロードレースはジャージがカラフルですから、やはり絵になりますね。みぽははさんのフォトレポートもリンクさせてもらいました。いい写真がありますよー。>ALL
http://mipohaha.blog18.fc2.com/blog-entry-328.html
◆hiddyさん、ありがとうございます。来年は是非どうぞ。TTだけでも楽しめますよ。美ヶ原お天気怪しいですね。レースでは降られたことのない私の晴れ男パワーを発揮するしかありません!(笑)
◆ハチさん、内灘おつかれサンフランシスコ!水曜に喝入れてもらったのが良かったのだと思います。内灘は末永く楽しんでいきたいですね。

投稿: matta | 2008.06.27 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/41613569

この記事へのトラックバック一覧です: 内灘サイクルロードレース2008:

« 「のと」の新ルート | トップページ | キャンセル »