« バイパスの全線開通 | トップページ | コレステロール値 »

2008.03.23

雪割草ライド

今朝、のんびり朝食を取りながらテレビを見ていたら、「新日本紀行ふたたび」の再放送をやっていた。タイトルは「故郷へのみち ~石川県 奥能登深見~」、あの地震で「みち」がやられて陸の孤島となってしまった集落だ。6年ほど前に、シングルトラック漁りをしていた頃にこの深見地区北部の猿山周辺をMTBでうろついていて、この小さな集落に抜けた時、何ともかわいらしい風情の「村」の印象と地元のおじさんにいぶかしげに見られたことを思い出した。山から自転車が突然飛び出してくれば無理はない。

40数年前まで、この集落へのみちは海路か険しい山道のみ。当時ようやく完成した陸路に急遽自転車教室が始まる映像がほほえましい。そしてみちは、集落を一変させ、生活とは切り離せない存在になる。もうあの地震から一年。雪割草祭りもあるというし出かけることにした。

主なルート:富来-(k49,R249)-門前-(k7,k51,峨山道探索)-富来
走行距離【64】km


20km手前の富来でデポして、RFX8でゴー!ツールドのとコースでもあるやせの断崖経由で海沿いを北上。人間が作った構造物以外、自然の造形へのダメージも甚大で大きな爪痕が残っている。深見地区へ分岐する門前手前の広場は祭りで盛り上がっていた。遠目に見ても押すな押すなの大盛況であるのがよく分かる。

ここはパスして門前でうまいそばでもと思って総持寺門前町界隈にはいると、ここでもお祭り。賑やかな様子である。祭りのネタである雪割草もあんまり多くはないけど軒下に並べられていた。どこかのおじさんが花の構造を丁寧に説明してくれる。被害の大きかったくだんの集落の北には野生の雪割草の群生地がある。そこはどうなっているのだろう。MTBで通った当時は、急峻な崖すれすれにシングルトラックがあって少々怖い思いをした。地震のダメージが残っているかも知れない。

そばはお上品な量なので、こってりな焼きそばを頂く。ついでに能登牛に目をつけるが、1本1000円は高い。500円のジャンボ焼き鳥を、コーラスのボランティアでやってきていた人たちと、老人ホームで「千の風になって」はどうだかね、などとおしゃべりしながらパクついてから門前の町を後にした。

国道を離れて県道7号へ入るとぐっとクルマは減った。10年ほど前に営業で回った頃とはずいぶん変わって立派な道ができている。二桁県道51号へ入ると全くクルマは走っていない。八ヶ川ダム周辺は道も良くて、ここで周回コースを取ればレースができるかも。「能登峨山キリシマつつじ」の看板が目立つようになってきて、もしやと思っていると「峨山道」の案内が現れた。峨山は鎌倉仏教曹洞宗の僧で、門前の総持寺と60kmほど南下した羽咋の永光寺を毎朝往復した伝説の残る人物だ。

その峨山が往来した道が今も残っていて、たいがい県道や舗装された道になっている。今回始めて自転車でそれらしい趣の林道をたどってみた。峨山が植えたとされる峨山キリシマも多く植林されている。また改めてしらべて見ると、峨山は60を過ぎて両方のお寺の住職を兼務しているのだ。毎朝往復は話半分としても、精力的に活動していたことは事実なのだろう。結局、92才で死ぬまでその職にあったと言うからまた驚きだ。

峨山道はまた改めてシクロクロスで探索予定なので、深追いせずに早々に退散。今日は、曹洞宗の檀家であった祖母の命日であったことは帰ってから聞いた。多くのお寺が目についたのもそのせいだったのかも知れない。富来の海岸に戻るとずいぶん温かく感じる。大きくジャージの前をはだけて、グローブも外し、春風を受けてクールダウンとした。

門前-峨山道門前-雪割草門前-娑婆捨峠門前-猿山岬門前-欣求峠周辺

|

« バイパスの全線開通 | トップページ | コレステロール値 »

古道ライドレポート」カテゴリの記事

コメント

mattaさん、こんちわ~!
早いもので能登地震から、もう一年なんですね?

市の財政の厳しさのニュースもテレビで見ましたが、一刻も早い復興を願ってやみません。

しかし、季節は立ち止まらずにやってくるんですね?

投稿: Choko | 2008.03.24 14:38

mattaさん、毎度さんです!

そう言えば深見地区、猿山自然遊歩道へは15年程前にARAYAのMuddyFoxで行った覚えがあります。想像以上に長く思えた距離感に些か不安を抱きながらも、自然の懐深く自転車で走る爽快感が今でも鮮明に残っています。

昨年のツール・ド・のとの時にも残っていた「爪痕」はその後はどうなんでしょうか・・・。

投稿: ハチ | 2008.03.24 16:37

◆Chokoさん、その通りで大変厳しいそうです。ただでさえ過疎化が進み税収が乏しいのに。私にはこんなことしかできませんが、今年は自転車で走って楽しいコースをもっと開拓する予定です。ツール・ド・能登半島はクルマの多い海岸線を避けるルートもおすすめしたいのですが、ちょっと距離出ますね。
◆ハチさん、そうでしたか!それで行く気になったのかも。猿山は豊かな自然が残る大変良いフィールドですのでまた行きたいです。やせの断崖は非常線が張られて立ち入り禁止。関の鼻の名勝も往時を知るものからすればかなり寂しい状況です。でも、能登は走るフィールドには事欠きません。峨山道行きましょう!

投稿: matta | 2008.03.24 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/40614006

この記事へのトラックバック一覧です: 雪割草ライド:

« バイパスの全線開通 | トップページ | コレステロール値 »