« はてなブックマーク | トップページ | バイパスの全線開通 »

2008.02.09

実録・かぜの治し方

ちょっと時間がたってしまったが、先週末にかぜを引いてしまったらしい。「らしい」というのは、その日のうちにほぼ治ってしまったから、発熱、鼻水、咳などかぜの諸症状を確認できなかったからである。治し方は以前、このブログに書いた素人療法によっている。無責任ながら多少危険が伴うと予想されるので、悪化してしまってもそのことに関知できないことを、あらかじめ申し添えておく。

きっかけは時折雪の舞う寒い日曜にママチャリに乗ってそばを食べに出かけたことである。その数日前から気分が優れず、昼間はよくあくびをしていた。このまま、のど自慢を見ながら白米を食べてしまっては眠くなってしまって無為に過ごすこと必至である。そこで、GI値の低いそばを食べに行くことにしたのだ。

そば屋ではつなぎゼロの十割そばを冷たいまま食べた。暖房が軽めなので、自転車をこいできた割には結構寒かったのを思い出す。そのまま直帰すればよいものを、途中贔屓の和菓子屋で道明寺桜餅を買って無駄話などしているうちにまた寒くなってきた。ここにも暖房はなし。帰ってじっと本を読んでいると、だんだん腹痛がしてきた。14時ぐらいのことである。

はじめ、桜餅があたったのかと家人に聞くけど皆大丈夫。そばで当たるとは思えなし。しばらく横になっていたらおなか全体に痛みを感じ、それまで曖昧であった悪寒も確実なものとなりつつあった。夕食はパスするつもりであったが、暖かいものだけは口に入れたかったので、アサリのお汁を具なしですする。このとき、例の療法で戦うことを決めた。短期決戦だ。お風呂の設定温度を最高の48℃にする。

冬場は、設定温度より下がってしまう(おそらく45℃ぐらい?)が、十分高温で体力が落ちてしまったときには危険であろう。私はお昼まではぴんぴんしていたから、悪寒と腹痛を抱えているとはいえ強気であった。しかし、上がったときにはふらふら。手足がしびれてきたほど。脱衣所で座り込んでしまった。シャンプーはせずに7分+3分でいつも通り本を読みながら汗をかきかきじっくり浸かったのだが、いかんせん温度が高すぎで脱水状態だったのかもしれない。このとき21時。

カランから出るお湯をちびちび飲みながらの加温であったが、やはりぬるめのスポーツドリンクをしっかし飲みながらが良いであろう。冷たいのは体を冷やすからだめ。加温が目的なのだから。ここでめげずに素早く寝間着を着込む。そして、寝床へ直行!吹き出す汗が気になるところだが、ここが勝負所で一気に決着をつけるため、しっかり着込んでバスタオルを頭からかぶって布団にもぐってしまうのだ。

じっとしていると背中の汗が滝のように落ちていくのがわかって気持ち悪い。頭も冷えないようにバスタオルでガードしていると、リングで汗まみれになって戦っているボクサーの気分。腹痛は治まっていた。このまま約30分我慢して、すぐ着替えるために今着ていたドロドロのパジャマや下着を脱ぎ捨て、準備してあった替えの寝間着をまとう。21時半。今度は普通に寝る。

そして、夜半に目を覚ますと、腹痛も消え悪寒も感じなくなっていた。翌日は多少頭がふらふらしたが日常的に仕事もこなして食欲も旺盛。モリモリ食べられた。まとめると


  1. 脱水防止の水分摂取。ただし暖かいもの。スポーツ飲料がよいかも。
  2. あついお風呂で都合10分浸かる。(無理のない程度、しかし多少無理しないと効果が期待できないかも)
  3. 素早く着込んで着替え覚悟で寝床で30分。汗を我慢。
  4. おそらくドロドロになった衣類をぜーんぶ着替えて、汗を拭き。普通にあたたかくして寝る。

繰り返すけど、この戦いは短期の戦術なので、長引いたかぜで体力が落ちてしまった場合には危険だと思う。あくまでも「かぜかも」と思われる引きはじめへの対処法だ。といっても、かぜと冷静に判断できない場合や普通に過ごして知らない間に悪化してしまうことが普通。そうなったらお医者にかかるのが一番であることはいうまでもない。

|

« はてなブックマーク | トップページ | バイパスの全線開通 »

サイクリストホスピタル」カテゴリの記事

コメント

お風呂に入らない場合は厚着をして、背中の上の方(悪寒がするあたり)に使い捨てカイロを貼って布団にもぐりこむ。
そうそうカイロを貼るあたりに先にドライヤー当てて温めます。
そんなんでも汗出ますよー。
私はそうやって短期決戦する事があります。
もちろん夜中に全部着替えです(笑)

投稿: mayu | 2008.02.09 16:02

汗をかいて熱を出す、風邪の治し方の基本ですねが、48度のお風呂・・はちょっとすごいです。江戸っ子もびっくりですよ。

投稿: watari | 2008.02.09 16:04

◆mayuさん
>背中の上の方
やはり、その辺がツボなんですね。滴っているであろう汗が体感できました。気持ち悪いですけど。熱湯風呂はかなり危険なので、今度はカイロ+ドライヤーでやってみますね。
◆watariさん
実際はそんなに無いのですが、かなり熱いのでのぼせました。痺れました。危ない危ない。東京の女性サイクリストが風邪を引き摺らないすべをしっかり身につけているのにはちょっと感心しました。

投稿: matta | 2008.02.09 19:59

自分も独自の療法みたいな物は持ってます。(結構いい加減ですが)
自分の場合は
子供用の風邪薬(シロップタイプ)を子供の3倍分くらいをユ_ケル(¥3k程度)みたいな物で一気に飲んですぐに寝ます。
結構汗も出るしかなり効きますよ!
この子供用と言うのとユ_ケル(¥3k程度)と言うのが大事なんですよ!

投稿: かんたろ | 2008.02.11 19:39

◆かんたろさん
これまた秘伝のご紹介ありがとうございます。
>この子供用と言うのとユ_ケル(¥3k程度)
おおー、これは豪勢ですねー。効きそう~。以前10本で¥3k程度のユ_ケルでやったことがありますが全然効きませんでしたよ。やはりお財布にも気合いを入れないといかんのですね。

投稿: matta | 2008.02.11 20:30

mattaさん、ちわ~!
寒いっすねぇ…。
今年はまだ風邪をひいてないんですが、48℃のお風呂は…
熱い風呂苦手…の僕は、たぶん飛び上がると思います^^

でも、過去の記事を読ませてもらって、非常に勉強になりましたです。
でも、基本は…風邪をひかない…って事なんでしょうね?^^

投稿: Choko | 2008.02.12 17:07

◆Chokoさん
>基本は…風邪をひかない…って事なんでしょうね?^^
おっしゃるとおりで、Chokoさんがかぜ引かないのは雪をもおそれず自転車で走り回っているからでしょう。^^私は自転車以前なら寝込むようなかぜを年に2度や3度は引いていましたが、私も自転車のおかげか全く無縁になりました。自転車万歳!

投稿: matta | 2008.02.12 21:27

こんにちは。
以下はわたしの方法ですが、真似しないでね(^_^;)

風呂で温まり、スポーツドリンクを飲んで厳冬期用シュラフで寝ます。
一晩で熱は引きます。

--------------------------------------------

普段デスクワークのみの方や、
工場内勤務などで風にあたる機会の少ない方は、
たまにサイクリングする程度でも著しく体力を消耗し、
簡単に発熱することがありますよね。
基礎代謝も落ちているということですから、
野外での体操程度でも良いので
日々の習慣にしたほうが健康でいられると感じています。

投稿: エディ | 2008.02.19 21:39

◆エディさん、コメントありがとうございます。
>野外での体操程度でも良いので
>日々の習慣にしたほうが健康でいられると感じています。
おっしゃる通りだとおもいます。私も運動習慣の無い頃は、かかったかなと思った翌日には確実にかかってました。(笑)今はかかったかなと思ってもちょっと熱っぽいだけで、免疫力とでもいうのでしょうかウイルスと戦う力が備わっているようで、翌日には勝利を実感するこの頃です。

投稿: matta | 2008.02.20 10:32

初めまして。
私もちょうど風邪気味で、今度の日曜が今年初のレースなので、参考にさせていただきます。

投稿: HIDE-chan | 2008.03.09 10:06

◆HIDE-chanさん、いらっしゃいませ!西日本チャレンジはすばらしいコースと聞いていまして、私も一度出てみたいレースなんです。早く風邪を治していいレースにしてくださいね。

投稿: matta | 2008.03.09 20:57

おかげで風邪は全治で西チャレ出てきました。
少し練習不足ですが、とりあえずの目標の1桁順位にはなれました。

投稿: HIDE-chan | 2008.03.17 22:12

◆HIDE-chanさん
惜しかったですね~。レースに出るとやる気も出ますし、私も早めに1発目をこなしたいところ。ただ、5月の初レースが楽しみのよな、不安なよな(笑)

投稿: matta | 2008.03.18 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/40054578

この記事へのトラックバック一覧です: 実録・かぜの治し方:

« はてなブックマーク | トップページ | バイパスの全線開通 »