« WinterLong能登 180(Planning) | トップページ | はてなブックマーク »

2008.01.20

ウインドブレークアンダー

さむーい真冬にサイクリングを楽しめる幸せ。酷暑の夏は裸になっても逃げようがないが、程度の問題こそあれ、今日のような零下と思われる冬道を思いっきり走れる幸せは、文明の利器たる自転車アパレルのお陰だ。ありがたや。

さて、今日は勢いのない寒々とした日の出とともに、7:00過ぎにRFX8でゴー!路側の温度計マイナス1℃。ウインドブレーカを羽織るか否かは最後まで迷ったが、今年の冬の新しいパートナーのウインドブレークアンダー「ヒートテックセンサー ハイネック ロングスリーブ」を信じて、プラス起毛ジャージとウインタージャージで出かけることにした。

一応ブログで呼びかけた手前、こんな寒いのにつきあってくれる酔狂な人はまずいないだろうと思いつつ、コンビニで時間調整して8:00ジャストに集合場所に行ってみると意外や意外、サイクリストがひとり。パワーキックの実力者ハチロクさんだ!ご挨拶してすぐに、センター試験で往来が過去観た中で最高に賑やかな金沢大学への登りにかかる。

主なルート:-金沢-角間-(k27)-福光-(k42)-小矢部-(k32,29)-勝木原-志雄-宝達-(R471)-興津峠-森林公園-
走行距離【117】km

緩やかな登りを近況報告しながらのんびり。といっても、受験生を送る親御さんの車やバス、タクシーなどがひっきりなしに走っている。大学周辺の喧噪をやり過ごし、ゴミ焼き、二俣を過ぎて石川・富山県境に至るまでは走行面にもちょぼちょぼ雪が残っていて凍結を恐れて少々緊張したが福光に至るまではほぼ路面に雪は存在しなかった。

しかし、寒い。出がけにラジオで聞いた富山西部の「低温注意報」は伊達ではないようだ。凍り付くような寒さ。ハチロクさんと悲鳴を上げながら駆け下りるがなぜか楽しい。私には力強い陰の見方もいるし。付近の農地や杉林には今朝降った真綿のような結構な雪がとりついている。30~50cmぐらいか?

もう閉店してしまった福光のうどん屋「さぬき」をしのび、きびすを返すようにして福光でターンして小矢部への下り基調でローテしながら距離を稼ぐ。ひとりなら吹きすさぶ寒風に身をさらす「修行」でしかないシチュエーションだが、お仲間がいるととても楽しい。しかも、ハチロクさんは力づよく引いてくださるので何より楽だ。あっという間に小矢部ICのコンビニへここで休憩。

このまま小矢部を通過して北上、今日のメインの氷見山地へk29でとりつく。しばらくローテなどしていたが「野犬注意」看板があるスノーシェッドからの登りでハチロクさんから切れ始めた。しかし、ペースを落してアシストしてくださるので何とかモチベーションを落さずに食らいつく。ややもすると、お相手が見えなくなるとサイクリングモードになってしまう私には大変な励み。赤毛までの登りは大変良い練習になった。

ヒーヒー言いながら、ハチロクさんに食らいついて回している内に、がちゃんと背中のスイッチが入ったようで、足をまさかりを振り下ろすイメージでガシガシ回す。特に回すイメージを重視しながら力も込める。この感覚だ、と喜んでばかりもいられなくて、この道はあちこち凍結。冬の山岳はやはり自転車では無理できない。

石川県側はほぼ雪なし。気温も上がって、志雄におりてくると温度計は3℃とずいぶん暖かく感じた。最後はお定まりのR471でメディオゾーンでそこそこあげてみる。興津峠を越え、津幡山地でハチロクさんとお別れした。高機能アンダーのお陰もあるが、仲間がいるとあっという間に時間が過ぎて中身の濃いライドとなる。当たり前のことだけどこれを再認識した。

さて、今冬投入したアンダーは当初これではなく、ヒートテック機能のみのものを購うつもりだった。普段着にも使えるし。私がサイズを間違えて伝えたこともあって混乱したが、その際ショップでいろんなタイプのアンダーを準備してくれていて、その中のこれにピンと着たのだ。適用条件に「3℃」とあったのにビビッときた。

キモは体幹部前面にほどこされた高密度に織られたブレーカ素材。こいつが秀逸で、冷気をカットしてくれると同時にこもった湿気を追い出してくれるので胸やおなかが冷えることがない。繊維と言えば斜陽産業のように言われることがあるが、ここ石川の繊維産業は高度に発達していて、水や空気で緯糸を一気にジェットで何本も飛ばし、高密度なものや、天女の羽衣のような素材も織り出せる織機もある。

ずり落ちないアームウォーマや各種アクセサリーの固定素材の細幅織物も石川産地の独壇場で、サイクリストも気付かないうちにお世話になっていることであろう。ウインドブレークアンダーの話に戻せば、一番外に着るウインドブレークジャケットを良いものにすれば事足りることであるが、コストパフォーマンスの良さからすればアンダーにこれを施すことで劇的に改善する。

以前、コチラには「重ね着推奨」と強調して書いたが、たった一枚の高機能素材のお陰で、私の冬のライドが変わりつつある。まあ、雪が降ればぐうの音も出ないけど。寒くても走ろう!何しろ楽しく走れる。工夫次第で。できれば仲間と。これが一番なんですけどね。

さて、来週はどこ行こうかな?

|

« WinterLong能登 180(Planning) | トップページ | はてなブックマーク »

自転車アパレル」カテゴリの記事

コメント

mattaさん、昨年はイベントでお声を掛けて下さったりまた私の拙い音楽話等にお付き合い頂き有難うございました。私の方も遅れ馳せながらですが今年もよろしくお願いします。

今日もお天気はまずまずでしたが風は冷たくてウェアを重ね着して走りましたが、こんなりくつな(石川弁?)物があるなんて・・・ウェアも日々進歩してますね。

投稿: kouichi | 2008.01.20 19:00

◆kouichiさん、本年もよろしくお願いします。今年はまたロングご一緒しましょう。以前不発に終わった能登ライド200も心残りですし。kouichiさん考案の七尾湾周回もおもしろそう。

このアンダーおすすめ!冬のライドが楽しくなりますよ。

投稿: matta | 2008.01.20 20:31

mattaさん
大変遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

高機能のアンダーはやはり重要だと思います。昨年末に実感しました。特に私の場合は汗冷え対策かな。
とは言え重ね着もムシできません。重ねて着る事によって服と服の間に暖かい空気が残りますし(←この表現で良い?)

思うんですが、がっつり走る時は高機能アンダー必須、のんびりポタリングする時は重ね着で気楽にってのが理想なんじゃないかな。

なーんて偉そうな事言ってますね。ハイ、スミマセン(^_^;;)

投稿: mayu | 2008.01.22 20:05

◆mayuさん、コチラこそどうぞよろしくお願いしますね。そうです。冷えるのが一番よくありません。重ね着で一応透湿性は確保できますが、おっしゃるとおり「がっつり走る」時は結構風を受けますよね。そのまとめは外れていないと思いますよ。コチラもなんか偉そうですみません。(笑)

投稿: matta | 2008.01.23 12:36

mattaさん、御無沙汰です!
今年の能登は雪で大変でしょうね?
そういえば、明日から嫁と山代温泉に行きます^^
たまには仕事もバイクもなしで…のんびりと…です。(笑)

投稿: Choko | 2008.02.02 10:07

◆chokoさん、今年も雪は全然たいしたことありません。ほとんど消えました。まだ金沢の山手や山代温泉のほうが残っていると思いますよ。温泉ですか、シーズン中は自転車で忙しいですから、しっかり奥様孝行してくださいねー。今日は真っ白な白山が見えていました。

投稿: matta | 2008.02.02 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/17761719

この記事へのトラックバック一覧です: ウインドブレークアンダー:

« WinterLong能登 180(Planning) | トップページ | はてなブックマーク »