« ブナオ五箇山紅葉ライド(Planning) | トップページ | ブナオ五箇山紅葉ライド »

2007.10.21

やつおロードレース

やつおロード07_42

「福井には『丸岡』、石川には『内灘』がある。富山でもロードレースをやってみたかった。」

スタート前に大会役員でもある、富山サイクリングセンター社長の上野さんからこのようなあいさつがあった。また、金沢から参加したMS97のkonaさんは、「ロードレースのためにあつらえたようなコース」と表現していた。まさに、「丸岡」とも「内灘」とも趣を異にしたロードレース「やつお」が今誕生した。

舞台は先日紹介したように、富山は八尾町から山間に入った久婦須川ダム(くぶすがわ)である。ダム湖に取り付く登りが初めにドカンときて、アップダウンとともにテクニカルなカーブの応酬。ダム湖を折り返しての下り基調は、片側1車線でガンガン攻めることのできるハードな割にはリスクの低いまさに「あつらえたような」コースである。

[レース名]やつおロードレース
[主催]富山県自転車競技連盟
[場所]久婦須川ダム周回コース(富山県富山市八尾町)
[競技内容]
・個人TT:ダム湖1周(8km)
・マスドロードレース:ダム湖5周(40km)

6:00に自宅出発。8号線北バイパス-小矢部-k16-砺波-R359-k220-R472-八尾-久婦須川ダムのルートで会場へ。路面はベリーウエットでそう簡単に乾きそうに無いが、降水確率20%と雨の心配はなさそう。砺波市街地で少々迷子になったが7:15ごろには到着、受付を済ませる。受付周辺の運営はプロショップ・ローマンのスタッフが中心で、初回の初々しさと和やかな雰囲気を漂わせていた。同じくRoman金沢から参加のN部さんと試走へ。

しかし、寒い。今秋初めての指付グローブ。ジャージにアームカバー、その上にウインタージャージを羽織る。そういえば、八尾周辺の寒暖計は一桁を指していた。登りセクションで隘路となっているところどころが、苔が生えていたとのことで少々スリッピーだそうだ。しかし、スタッフによる懸命なコース整備のお陰で、以前下見にきたときに比べ見違えるほどコースはキレイになっていた。一周して試走を終えたところで開会式が始まった。

地元富山からの参加者が、TeamRomanを始め大方を占めているが、金沢からも先に紹介したMS97のkonaさんを始め、ONEWDのマサルさん、パワーキックのハチロクさん、トンデモクラブのjohnさん、LoveBikeのfumiさん、ラブミーテンダーのYさん、KUCCの木村さんが参加。また、konaさんの呼びかけで関西からのお知り合いが2名。もちろん、TeamROMAN関西支部長のC葉さんも琵琶湖のほとりから駆けつけていた。

<個人タイムトライアル:1周回8km>
8:30、参加者16人が1分おきにスタートしていく。N部さんの直後。そして、最後尾ローマンのN彦さんのひとつ前からスタートだ。なんとかN彦さんに追いつかれないようにゴールすることが目標。スタートから猛然とダッシュして、彼の視界から消え去ってしまうことがまず必要と考えた。しかし、急坂セクションでもうヘロヘロ。先を行っているはずのN部さんの姿も見えない。ダム本体への最後の登りで後方確認すると、つづら折の谷間にN彦さんの姿が見えた。

心拍は寒いせいか170ちょい。でも結構きつくて注意力が散漫になる。未明の雨でぬれた路面がカーブ随所に現れてヒヤッとすることが何度かあった。ダム湖を折り返してきてのくだりもそれなりの追い込みをかける。が、ゴールへの最後の登りで、いきなり後方に気配。とうとう1分後方スタートのN彦さんに追いつかれた。彼も追い込んできたはずだし何とか喰らいつけるはずだが、最後の坂はその思いをあざ笑うかのように立ちはだかってきて思いは届かずに終了。

<マスドロードレース:5周回40km>
TTのクールダウンとして、もう一度ダム本体に上がって半周回しながら、ダメージを確認。足にはそんなにきていないが、息がゼーゼーいって少々苦しい。TT序盤のダンシング攻めのせいか、上腕に疲労感。しかし、総じてダメージは軽微という事にしてサイトに戻る。空は青空。気温も上がっているようだ。レッグウォーマははずして、脛毛ボーボーの足をあらわにする。パワージェルを一個、パンを半分ぱくついてのんびりしているうちにマスドのスタートも近づいてきた。

エントリーは50人ちょっと。位置取りに気を使う人数でもない。ましてや私は、参加者の平均レベル以下と思われるのでやや後方についた。周りはお知り合いだらけ、お隣にはjohnさん、あれこれワイワイガヤガヤおしゃべりしているうちに10:00にスタート。一周ぐらいは集団に付きたくて何とか序盤の登りでふんばるけど、やっぱり切れた。しかし、ダム湖のほとりを行く色とりどりのジャージの集団は、ちょっと色付き始めた緑の影を見え隠れして美しい。なんて、まったりしている場合では無くて、N部さんを含む富山・金沢ローマン合同グルペットは懸命に集団を追う。(そんな風でもありませんねー)

しかし、2周回目の登りで私は、このグルペットからも切れた。立哨のharimanさんに励ましてもらいながら何とか気持ちだけは切れないようにこぎ続ける。あとこれを3回登るのか。登りで切れたと思われた富山ローマンの方が下りで追いついてきた。彼につかせてもらって、前を行くグルペットを追う。距離は50m程度でつけそうでつけない。

後の周回も登りで私が先行、下りで彼が追いついて追走。このループを何度か繰り返しているうちに、2人協調して追走すれば楽じゃないかと気がついたときにはもう最終回。下りきった先でようやくN部さんたちのグルペットに追いついた。なんとかこのパックの頭を取りたい。しかし、ゴールまでののぼりがまたもやデーンと待ち受けていて、結局、このパックの4番手でゴール。

半日楽しんだレースも無事終了。表彰式で、マスドを制したのがjohnさんであったことを知る。同年代のエースだ!私よりずーと先輩のA宕さんも上位にいるし、I野キャプテンももちろん上位だ。毎回思うことだが、若いレーサに混じって健闘するアダルトレーサの存在は非常に励みになる。今年のロードレースはこれで終了。私もいつかはその末席にでも加わってみたい。そんな気持ちを新にした大会であった。

この「やつおロードレース」開催にあたっては警察や関係各局との折衝にあたり大会役員、競技役員の並々ならぬご苦労があったと聞く。0から生み出すのは並大抵のことではないはずだ。今回、参加してみてコースとしては、「丸岡」や「内灘」以上に面白いタフなコースといえよう。これを富山の「やつお」にするために、微力ながらお手伝いしたいと思う。

最後になりましたが、大会役員、競技役員の皆さんには重ねて感謝。運営のローマンスタッフ、休日返上でコース整備などに赴いたチームメイトにも感謝。レース中に私のヘタれた走りに声援くださった皆さん、ありがとうございました。そして、同じレースで合間見えたレーサの皆さん、また来年よろしくお願いします!

<お知りあいのレポート>

写真は表彰式以外、T樫さんの撮影。ご苦労さまでした。T樫さんが撮ってくれた写真はなんと160枚!「オレの写っているのをもっとくれ!」という方は、なにか私が識別できる特徴があればお送りできますので、メールかコメントでお申し付け下さい。
やつおロード07_01やつおロード07_02やつおロード07_03やつおロード07_04やつおロード07_05やつおロード07_06やつおロード07_07やつおロード07_08やつおロード07_09やつおロード07_10やつおロード07_12やつおロード07_13やつおロード07_16やつおロード07_17やつおロード07_18やつおロード07_19やつおロード07_20やつおロード07_21やつおロード07_22やつおロード07_23やつおロード07_24やつおロード07_27やつおロード07_25やつおロード07_29やつおロード07_28やつおロード07_31やつおロード07_30やつおロード07_33やつおロード07_32やつおロード07_35やつおロード07_36やつおロード07_39やつおロード07_40やつおロード07_41やつおロード07_44

|

« ブナオ五箇山紅葉ライド(Planning) | トップページ | ブナオ五箇山紅葉ライド »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

mattaさん、こんちわ!

いつもながらの緊迫した画像とレポ…レースの緊張感がこちらまで伝わってきますね。

投稿: Choko | 2007.10.22 10:38

ほんと、すばらしいコースとレースでした。上野さんはじめスタッフの方々には感謝感謝です。ずっと根付いていってもらいたいです。春秋にやってもいいくらいですね。今週末はjohnさん祝勝を兼ねた焼き鳥の会を少人数でするつもり。mattaさんもいかが?

投稿: コナ | 2007.10.22 16:37

◆chokoさん、コメントありがとうございます。きっと北陸自慢の名物レースに育つと確信しています。小豆島はお天気に恵まれたようでようございました。身体が2つあればと心底思えた週末でした。また誘ってください。
◆コナさん、やつおロードお疲れ様でした。いい走りを実感されたようですね。富山ローマンのBBSにも写真が上がってましたが、コナさんのライディングポジションが年々かっこよくなっているように思えます。「春秋」も賛成!お祝いしましょう!!詳細決まりましたら教えてくださいね。
http://8610.teacup.com/velochari/img/bbs/0003182.jpg

投稿: matta | 2007.10.22 20:15

お疲れ様でした!
いつか私もこうやってレースに出るのかな?
続けてたらいつかは出てるのかも。頑張るぞー!

やっとビンディングデビューしました。
着脱の練習で初立ちゴケも経験!(苦笑)
ビンディングはまだコワイけど、これでやっと普通の人の初心者と同じレベルに立てたかも

投稿: mayu | 2007.10.22 22:26

厳しく楽しいコースでした。
丸岡よりもいいコースかと思いました。来年以降もぜひ参加したいと思います。

泥プロ写真がありましたらいただけましたら是幸いです。

投稿: パチョレック@泥プロ | 2007.10.23 12:17

◆mayuさん、ビンディングデビュー、おめでとうございます!よさを実感されているようですね。しかし、私はそう感動なかったような、、、。トゥークリップ使っていたせいかも。まあもともと鈍感なのもあるのでしょう。その点、mayuさんは有望ですよ。
◆パチョレックさん、お疲れ様でした。来年もぜひ!写真を見るといい走りをされているのがわかります。とりあえず枠に入られているものを全部メールでお送りしました。

投稿: matta | 2007.10.23 21:35

お疲れ様でした。試走で1周走っただけですが辛楽しいけど良いコースです。ロードレースを立ち上げました上野社長以下スタッフの皆さんに拍手です。

それと私の拙いレポートも取り上げて頂き有難うございました。

投稿: kouichi | 2007.10.24 07:57

金曜日の肝トレの詳細をメールしたのですが、以前教えてもらったメアドではエラーになって戻ってきます。
私の携帯アドレスに携帯番号と携帯アドレスを送ってもらえないでしょうか。
cyclistkonaアットマークイージーウエブドットエヌイードットジェーピーです。
ポジションほめてもらってうれしいです。今年はちょっと変わってきたように自分でも思っていたんです。
金曜日、楽しみにしています。

投稿: コナ | 2007.10.24 18:36

◆kouichiさん、やつおの応援ありがとうございました。来年はぜひ参加してくださいね。加賀ロードであれだけ走れたのですから、やつおロードはkouichiさん向きだと思います。
◆コナさん、毎度お世話ありがとうございます。今ほど携帯の方に連絡先を送りました。焼き鳥楽しみにしております。(塩が好きなんです^^)

投稿: matta | 2007.10.24 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/16828409

この記事へのトラックバック一覧です: やつおロードレース:

« ブナオ五箇山紅葉ライド(Planning) | トップページ | ブナオ五箇山紅葉ライド »