« やつおロードレース(おしらせ) | トップページ | ブナオ五箇山紅葉ライド(Planning) »

2007.10.14

呼吸法

最近、ちょこちょこランをするようになった。当面の目標は、11月の金沢市民マラソンに設定してあるが、マラソンといっても10kmのレース。紅葉の兼六園周辺の車道を走ることができるのがこのレースの醍醐味である。といっても走ったことはなくて想像の世界なんですけどもね。

走りだした当初は、自転車で鍛えてるお陰で心肺機能は余裕で、足の方が追い付かない状態が続いたがようやく少しは走れるようになってきて、最近、スピードを保って走るペース走、またはスピードを徐々に上げるビルドアップ走をするようになった。当初は余裕があった心肺機能も、スピードを上げるとおのずからフル稼働しなくてはいけない局面になる。ハッハッスッスッと歩調を合わせて息をしていると、自転車ではこのようにリズムを刻んで呼吸することがなかったことにハタと気がついた。何故なんでしょう?

ランの場合、極限状態というかヘロヘロにならない限りは、「ハッハッ(呼気)スッスッ(吸気)」のパターンが基本。このリズムが保てる間は走っていても楽しいが、苦しくなってくると私の場合、「ハッハッ(呼気)スー(吸気)」となり「スー」で2歩をこなし、いよいよ末期的には「ハァ゙ーハァ(呼気)スぅ゙ー(吸気)」のパターンがランの歩調と同期がとれなくなって終了、というのがお決まりのパターン。

このパターンは中学生の時から全く変わっていないと思う。4年前に参加したランの金沢ロードレース(これも10km)で最後ヘロヘロになりながら、20数年前の中学生の頃のことを思い出したのであった。おそらく、トレーニングを積むことによってハッハッスッスッで気持ち良く走れる時間が次第に長くなっていくのであろうが、不思議なのは、ランが歩調と呼吸の同期が不可欠なのに対し、自転車をこぐ場合、まったく同期していないことにある。少なくとも私の場合。

最近は自転車のトレーニングに関しての勉強、またトレーニングそのものがさぼり気味であるが、これまで呼吸ということに関してあまり意識をしてこなかったし、教則本や自転車雑誌等にもことさら取り上げられることもなかったのではないか。私が見てないだけなのかもしれないけど。唯一というか唯二というか、ONEWDのマサルさんに、呼吸が浅いようだから吐くことを意識した方が良い、といわれてずっと実践しているのと、BR1レーサのyonoさんに登り時の呼吸で、「胸をひらくように」とネットでアドバイスを受けたぐらいだろうか。

ただ、前述のとおり歩調というか自転車の場合、ペダリングの回転数つまり、ケイデンスに合わせて呼吸をしているという話は聞いたことがない。平地で高回転でくるくる回しているから呼吸が早い(もっと適切な言い方があると思います)ということはなくて、むしろ上りでケイデンスが落ちている方が呼吸が激しくなる。しかもハースーハースーを繰り返すだけで、ハッハッと呼気を繰り返すことはない。ペダリングとは一切同調していないようだ。

負荷がかかる上りで呼吸が激しくなるのは当たり前のことで、回転で負荷を分散している平地ではむしろ呼吸は落ち着いてゆかねばならない。自転車の場合は。そう考えれば、歩調と同期をとっているランという運動行為そのものが特殊であるようにも思えてくる。しかし、エネルギーを得るためには酸素が必要だ。つまり、呼吸法が重要ということである。自転車に乗る上でも、有効な呼吸法があるはずだと考えるばっかりの今日この頃なのです。

|

« やつおロードレース(おしらせ) | トップページ | ブナオ五箇山紅葉ライド(Planning) »

トレーニング考」カテゴリの記事

コメント

mattaさん、こんちわ!

なるほど奥深いですね…。
呼吸の仕方を意識したことなんかないですね(汗)
参考になりました。

小豆島残念です…。また、来年もありますから…。
それに、母親の入院・手術でツールド能登半島も延期となりました。来年のお楽しみ!に取っておきます。
お騒がせして申し訳ないです。

投稿: Choko | 2007.10.16 16:28

◆chokoさん、小豆島せっかく企画してくださったのに残念です。一番いい時期なのに、、、。天気も大丈夫そうですね。気をつけて楽しんできてください。ツール・ド・能登半島も首を長くしてお待ちしています。

投稿: matta | 2007.10.16 20:23

mattaさん、こんにちはっ。

呼吸法と自転車。。。ダンシングで登っている時、呼吸とペダリングのリズムが同期する時がありますが、それを運動効率の観点から考えたことは無かったです。

何がしらの法則が見出せれば、ペダリングが重過ぎる/軽すぎる、といった判断が走りながらできるので良いですネ~。

投稿: えーじ | 2007.10.16 21:10

◆えーじさん、おーそうですね!比較的回転数の低い、登りのダンシングならペダリングのリズムが呼吸と同期とれて、そのような判断ができそうですねっ。今度やってみます!しかし、乗鞍にいつでもいける思っていたらもう雪みたいで、シーズンなんてあっという間ですね。えーじさんの行動力が欲しいです。

投稿: matta | 2007.10.17 19:56

このブログを読んだ後にサイクリングロードを走って来たのですが走りと呼吸はまったくリンクしてませんでした。と言うかなーんも考えずに走ってたと言った方が正しいのですが。。。(汗)

今回初めて呼吸を意識(笑)

投稿: mayu | 2007.10.18 21:14

◆mayuさん、コメントありがとうございます。サイクリングは足の回転速すぎますしね。私でも気合い入れて走っているときは120rpmいきます。無意識のペダリング高回転。これが一番のコツだそうですから、自転車は。

投稿: matta | 2007.10.18 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/16758787

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸法:

« やつおロードレース(おしらせ) | トップページ | ブナオ五箇山紅葉ライド(Planning) »