« 消えたダート | トップページ | 呼吸法 »

2007.10.03

やつおロードレース(おしらせ)

2008年の私の勝手なお知らせはこちら

071003_yatsu4この秋、新しいロードレースが富山の八尾で誕生します。その名も「やつおロードレース」。おわら風の盆で有名な八尾町の市街地から、15分ほど山手にある久婦須川ダム(くぶすがわ)がその舞台。このダム湖を周回する個人タイムトライアルとマスドロードレースがそのメニュー。以下、例によって私の勝手な下見レポートです。

もらったレース開催要項をもとに、八尾から桐谷集落をめざし山間部を縫って進むと大きなダムが現れた。私の普段持ち歩いているツーリングマップル2000年版には載っていなかった。ダム自体も新しいが、周辺の設備も真新しい。まず、要項にしたがって、スタート地点とされている桐谷集落あたりからクルマで周回してみよう。

071003_yatsu2コースはダム湖を反時計まわりする。ゆるいのぼりを、まわってきてゴールとされているダム湖周辺で発掘されたものを展示した、ピカピカの化石博物館前を通過。ダムが左手に迫って見えてくると突然劇坂が始まる。上りは1kmほどあるだろうか。おそらく、私はここで切れるであろう。もっとも、道が車1台分ぐらいしかないため、ばらけた方が接触のリスクも低くなってよいだろう。各所、雨で流入したのであろう砂利が残っていた。レース前にはコース整備をお願いしたい。

071003_yatsu3いったん、ダム本体に上がってしまえば右の写真のようにほぼ湖面に沿うようにして進む形になるが、細かいアップダウンが続くので足を休めることはできない。そして集団を小さくしていくであろう。また、ダム湖を舞台とするレースの特徴として、先を行く先頭集団の姿が逐一目に入ってくることがあげられる。ダム湖の幅は狭いところで200m程度。これが励みになるか落ち込むことになるかは各自のメンタリティに寄るが、見物している方は楽しいレース観戦になること請け合いである。2年前の、サポートで参加した同じダム湖を周回する信州木祖村の実業団レース「2DaysRace in 木祖村」は、逃げのパックとそれを追う集団の手に汗握る展開で興奮した。ダム湖対岸を行くカラフルなジャージの集団は美しかった。観戦にはぜひ双眼鏡か望遠のカメラを準備したい。

ダム湖を下るバックストレートは、幅の広い片側1車線のしっかりした道路である。テクニックさえあれば、先行された集団に取り付くことも十分可能であろう。そして、スタート地点に戻る一周約8kmのコース。マスドロードレースはこれを5周する40km。クライマーにもスプリンターにも十分チャンスがあるレースとなるのではなかろうか。そして、なによりレースの「見える化」がこのやつおロードレースの大きな魅力となるだろう。

以下、要項より抜粋。詳細は添付の要項を確認してください。なお、一部テクニカルなコースとなっています。今回は初回のトライアルという位置づけでもあり、レース経験者に絞って参加者を募集したいそうです。何とぞ、ご理解ください。

[レース名]やつおロードレース
[主催]富山県自転車競技連盟
[とき]2007/10/21(日)
[場所]久婦須川ダム周回コース(富山県富山市八尾町)
[募集期間]2007/10/1-14
[競技内容]
・個人TT:ダム湖1周(8km)男女
・マスドロードレース:ダム湖5周(40km)男子のみ
[スケジュール]
07:00-08:00 受付・試走
08:30-10:00 個人TT
10:00-11:30 ロードレース
12:00-12:30 表彰式
[定員]個人TT:40人、ロードレース:60人
[参加費]個人TT:3000円、ロードレース:3500円、2種目:5500円
[申し込み方法]富山サイクリングセンター他に持参するか、現金書留で期日までに送付のこと。
[申込先]富山サイクリングセンター他。
[実施要項]ダウンロード pdf形式
[参加申込書]ダウンロード pdf形式

<レースプロフィール>(かなりいい加減)

<アクセス>
071003_yatsu5071003_yatsu6071003_yatsu1
国道472に沿って風情のある八尾市街地に入り、北陸銀行手前で左折[写真左]。おわら風の盆メインステージがしつらえられる八尾小学校横を道なり(県道225)に行って、標識[写真中]にしたがって県道198を桐谷集落をめざし、ひたすら山道を行くとレース会場にたどり着けます。

|

« 消えたダート | トップページ | 呼吸法 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

ぎゃーーーー、でます。でるったらでます。
地元でこんなアップダウンで5周回も出来るレースが出来るなんてすてき!!

投稿: コナ | 2007.10.04 08:31

◆コナさん、リンクまで張っていただきまして、ありがとうございました。要項と申込書もアップしましたのでご利用ください。登りの感じはおやじ朝錬の地代トンネル手前に似てますでしょうか。あれよりは短めです。追記しましたが今回はトライアルの意味合いも含んでいまして、レース経験者に絞って参加者を募集したいとの主催者側の意向です。怪我なく楽しみましょう!

投稿: matta | 2007.10.04 18:34

mattaさんお久しぶりです。近場で楽しいそうなレースが開催されることをSHOPで知り早速エントリーしました。ことしは楽しみにしていた丸岡も仕事の都合で参加できずウズウズしておりました。”楽しく”、”安全な”レースとして、6月の加賀ロードとともに来年以降も定着するとほんと嬉しいですネ!!

投稿: ハチロク | 2007.10.06 06:50

◆ハチロクさん、こちらこそご無沙汰してます。行く先々のレースでお忙しいご様子は聞いておりまして、お仕事とはいえご苦労様でした。このレースは適度なのぼりがあって、ハチロクさんにはぴったりなコースレイアウトだと思います。もうすでに金沢の強豪も名乗りを上げているらしいですし、富山の面々も粒ぞろいですよ。いいレースにしましょう!

投稿: matta | 2007.10.06 18:35

こんばんは。
先日悩んでたアンクリングについてですが、昨日原因の1コが判明しました。左の踵だけが外側を向いてたんです。一緒に走った相方(夫)に指摘されて初めてわかりました。ビンディングにしたら強制できるんじゃないかなって事でビンディング購入計画を早急に進めたいと思います(笑)

ところでブログ内検索をすると文字バケしちゃいます。
サドル関係の記事がありましたら教えていただけないでしょうか?
mattaさんのブログを完全に教科書代わりにさせていただいてます。よろしくお願いしまーす。って言うかごめんなさい。

投稿: mayu | 2007.10.08 20:38

◆mayuさん、まいどどうもー!まちのりではもっぱらママチャリですが、平ペダルだとしばらく違和感ありまくりです。やはり「矯正」という面でもビンディングは有効なんでしょう。サイト検索、化けますねー(汗)もう一度入力していただくと効くようです。しかし、あいにくサドルの記述はないようです。これも悩み深いテーマです。

投稿: matta | 2007.10.08 22:28

ありがとうございました。再入力で検索できました。
これで次回からいろいろ検索して・・・(笑)

投稿: mayu | 2007.10.09 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/16649481

この記事へのトラックバック一覧です: やつおロードレース(おしらせ):

« 消えたダート | トップページ | 呼吸法 »