« 自転車映画 | トップページ | 加賀ロードレース・後日談 »

2007.07.03

ツール・ド・能登半島(Planning)

私の輪行師匠、関西のchokoさんが、この夏能登にやってくる。今年も精力的に活動されていて、既に熊野縦走や小豆島一周、越前海岸走破など私にとって垂涎の輪行ライドをすべて日帰りで楽しんでおられるサイクリストだ。そして今回は能登遠征。コース選定にあたり地元の私にお声がかかった。

能登といえば「ツール・ド・のと」。能登のサイクリングコースの定番を総なめにするこのコースをオススメしたが、半島とは言えコースは長大。「ツール・ド・のと」のように普通に走って3日、走れる人なら2日、変態サイクリストなら、夜通し走れば丸1日。なかなか一筋縄ではいかないし、走行後の疲労も社会人としては危惧されるところ。そこで、魔法のじゅうたん、輪行袋の出番だ。

(地図はchokoさんの記事から拝借)

能登には大阪から直通の「サンダーバード」を使えば、3時間ちょっとで交通量の多い金沢周辺をパスして、乗り換え無しで能登の地に立つことができる。帰りも始発の和倉温泉に16:00ぐらいまでにたどり着けば「総湯」で汗を流して、あとはビールを飲みながら、金沢で旨い駅弁をつまみに買ってのんびり夢うつつで、これも大阪まで一気に到達できる。さすが輪行師匠!こういうアイディアは地元にいては出てこない。

今回chokoさんの出発点は能登ライドの玄関口にふさわしい、羽咋(はくい)。もちろん、サンダーバードも停車する。ここから、しばらく行くと始まる海岸線が一番美しいと思う。アップダウンも結構あるので海岸線とはいえなかなか歯ごたえがあってこれまた楽しい。輪島から先の国道249は「千枚田」と呼ばれる棚田が海岸にまで落ち込むように続く観光スポットだが、先般の能登半島地震の爪あとが激しく、ただいま工事中。しかし、7/20めどで開通するようなので心配は無い。

翌日は朝早く立って、荒々しい外海(外浦)とは違う内海(内浦)のやさしい風情を楽しんでいただきたい。おそらく、ベタ凪のリアス式海岸を右に左にカーブしながらついつい楽しくなって、ペースも上がることでしょう。和倉温泉に近づくにつれ車の量も多くなってきてその喧騒が旅の終わりを告げてくれるはずだ。

今年はツール・ド・のとに参加するつもりなので、できればそれまで能登の新鮮さをとっておきたいところ。しかし、chokoさんをお迎えに行って海岸線までお送りするつもりだけど我慢できるかな~。

|

« 自転車映画 | トップページ | 加賀ロードレース・後日談 »

ロングライドプラン」カテゴリの記事

コメント

mattaさん、こんちわ!
照れるなぁ…。やめてくださいよ(汗)

元来、僕はmattaさんや東京のえーじさんの影響でロング・ライドを始めたんですよ。
そういう意味じゃ、師匠はmattaさんの方なんですよ(笑)。

能登半島は関西人から考えれば遠いところです。しかし、よくよく考えてみるとそんなに遠くはないんですよね?

mattaさん、当日はせめて能登金剛まで一緒に走りましょうよ!(笑)

投稿: Choko | 2007.07.03 21:56

◆Chokoさん、やはり大都市というのはハブとして便利にできているんですよ。便利だから発展したともいえますし。

当日は能登金剛はもちろん、輪島の手前あたりまでご一緒して、久しぶりにのと鉄道で輪行して帰るつもりです。でも、できれば全行程ご一緒したいです。

投稿: matta | 2007.07.04 12:30

旅行で能登に来ました
当日はどうも自転車の能登半島一周みたいな競技が行われていました
自転車の楽しみを味わって頂くのはよいですが、車道の真ん中を走り細い道やカーブでスピードをだして飛び出してくるといったマナーも何もないのはどうかと思います
危険過ぎ、車を運転する側からすると迷惑極まりない状態でした
もう少しマナーを持って参加して頂きたいです
事故が起こればお互いにとって楽しいはずの旅行、競技が最悪なものになりかねます
あまりにも我が物顔で道を走り迷惑をかける競技が競技なのでしょうか
主催者も自転車に対しても車に対しても安全性をしっかりとして頂きたい

投稿: | 2009.09.20 16:36

せっかく能登にいらしゃったのに気分を悪くされたようで大変残念です。ご覧になったのは「ツール・ド・のと」というサイクリングイベントでして、3日間で能登を1000人以上の自転車愛好家がぐるっと一周するという大型サイクリングでございます。

イベントですからルール違反があって良いと申し上げるつもりは毛頭ありません。主催者側は基本は1列渋滞。追い抜き時は十分注意するようにと口を酸っぱくして呼びかけています。しかし、登りなどは走力にばらつきがあって、速い人がドンドン追い抜いて行くためにご覧になったような状況になったものと、過去に参加した経験から推測されます。

この点は主催者側も大きな問題点として認識しているようです。おっしゃるとおり、参加者がルールを遵守して一列縦隊を徹底することが望ましいですが、先のような現象が発生するのは長い登りと、参加者の走力差がある現状では押さえ込むのは難しいでしょう。

「主催者も自転車に対しても車に対しても安全性をしっかりとして頂きたい」といみじくも結んでおられるように、道路を車も含めた利用者すべてで共有するという観点はたいへん重要です。なにか有ってからでは遅すぎます。能登に根付いてきているこのイベントの安全性を担保することはエコ、健康で注目されている自転車を育てていくことにもつながると思いますので知恵を出し合っていきましょう。

投稿: matta | 2009.09.21 09:52

昨日能登に旅行で来たものです
サイクリングのすばらしさは私も理解するところです
書き込みを読ませて頂き理解して頂けたのは心から嬉しく思います
自転車、車、主催者全ての人が理解し安全に協力しあえてイベントがこれからも末永く続いていくことを願っています
身勝手な書き込みで気分を悪くさせていたら心から謝ります
あなたの書き込みを読ませて頂き能登の旅行も楽しく終えれます
ありがとうございました

投稿: あ | 2009.09.21 21:59

こちらこそご理解くださり、誠にありがとうございます。今日はあいにくの雨でしたが、能登を楽しんでいただいたようで私もうれしく存じます。能登は土までも優しいといわれますが、その言葉に恥じないように我々地元のサイクリストもルール遵守だけでなく、心の通った乗り方を心がけたいと思います。是非、また能登にお越しください。

投稿: matta | 2009.09.22 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/15638311

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・能登半島(Planning):

« 自転車映画 | トップページ | 加賀ロードレース・後日談 »