« 法恩寺山ヒルクライム2007 | トップページ | 林道・医王線 »

2007.05.24

村めぐり

先日、TeamLoveBikeのhisaさんと私のホームタウン津幡町の山地めぐりをしてきた。縦走路はあるけど、あえて登っては降りての繰り返しの消耗度の高い、つまりトレーニングしがいのあるコースをセッティングした。すべて下りは中央線がある片側1車線の立派な道であるが、そのほとんどが私が自転車に乗り始めた7年前から次々と整備が進んだ道路である。

私が地元の中学生だった30年前には、学校に寄宿舎があった。積雪が予想される冬場のみ、山間部から通ってくる生徒が対象であったが、当時は実際どのようなところに住んでいるのか、知る由もなくて同じ町内とはいえまったくの無知であった。でも自転車に乗るようになって、次第に友達と出身集落の名前が思い出され、彼等の丸坊主の人懐こい笑顔が時々思い浮かぶようになった。

同じ陸上部の部長、ハンサムボーイのM君は常に県体上位で、勉強もよく出来た。テニス部キャプテンのI君は常に明るくギャグ好きで女の子に人気が有った。他にも数人浮か印象深い友達の共通点はスポーツマンであること。みんなこの山間部出身で、そして自転車通学していたことに気づいたのも最近のことである。

いまは、町内山間部をめぐるバスが頻繁に走っていて、どうもこの辺から通う生徒は自転車に乗っていないようだ。しかし、当時はバスは無かったとはいわないが、今ほど便利ではないのもあって、みんな自転車で通学していたのだろう。セミドロップハンドルでリア5段変速が一般的であった。たしか、ドロップハンドルは禁止だったと思う。私はつけていなかったが重たい方向指示機の「フラッシャ」がついた自転車も多かった。今から思えば、あんな重たい自転車で山越え谷越え毎日、冬場は別にして通ってくる連中が「強く」ならないわけが無いのだ。

ところで、山間地に点在する集落は、明治に入って5つほどの村に統合されたが、それ以前は個々独立した「村」として存在していた。それが現在の「字」とほぼ一致するらしいが、河北郡だけで250以上あったという。河北郡の「河」とは浅野川のことで、森本はもちろん、鳴和あたりもぜ~んぶ河北郡であったわけだ。

もちろん、平野にも点々と村は存在した。その生業は農業で主に租税の対象として機能していたわけであるが、産業構造が激変して金沢周辺の都市化が進んで田んぼは姿を消し、「村」しての面影も消えていく。この津幡町もベットタウンとして開発が進み、平野部はショッピングセンターを中心として商業地が一気に田んぼを駆逐していった。

一方、hisaさんがブログで指摘していたように、冒頭の山間部登りのピークには必ず小さな集落が有ってその回りには水田が広がっている。圃場整備が進んだお陰で多少趣きは変化したが水田に囲まれた集落はまだまだ健在だ。日本の農業を取り巻く環境は厳しい。うまく考えがまとまらないけど、美しい日本の原風景をいつまでも残したい。自転車に乗るようになってつくづく感じていることなのである。

追記:この津幡町でロードレースがあります。その名も「加賀ロード」!折角なら「津幡ロード」、もしくは「河北ロード」にすれは良かったのに。締め切りは6/4.詳しくはこちら、是非おいでませ!(地図:Thanks! こういちさん)

|

« 法恩寺山ヒルクライム2007 | トップページ | 林道・医王線 »

トレーニングコース情報」カテゴリの記事

コメント

先日は楽苦ライドありがとうございました。本当に津幡は山道のバリエーションが多く、うらやましい限りです。また案内して下さい。
そうですね、自分は徒歩通学だったんですが、山間の集落から自転車通学してる連中は持久走強かった。かないませんでした。

そして、山に点在する集落と田園風景は美しい!いつまでも残してもらいたいものです。

投稿: hisa | 2007.05.25 11:47

◆hisaさん、こちらこそありがとうございました。こんな田舎でも交通インフラが着実に整備されつつあり、国全体としての生産性向上は想像以上なのかもしれません。これと「美しい国」の両立がこの国に課せられた大きな課題だとつくづく感じます。もう少々ネタが有りますので、次回もお楽しみに。

投稿: matta | 2007.05.25 20:18

mattaさん、こんばんは。またまた「ALPSLAB作品」を取り上げていただき有難うございます。取り上げるのは良いけどコースを間違えてないかいつもドキドキしながらアップしてます。

それにしても凄いコースですね。プチグランフォンドと言った所でしょうか。
私も良く津幡に出かけますが自転車に適した道が多いな~と思ってます。至る所道も広くアップダウンもあり車も少ない。
自転車練のMyホームグラウンドにしたい位です。

投稿: こういち | 2007.05.25 20:45

◆こういちさん、コメントありがとうございます。こういちさんのルートは加能越と守備範囲が広いので大きな刺激になっていますよ。われわれサイクリストにとってはありがたいことなのですが、町の台所は厳しいようです。あーそろそろ住民税の季節ですね~(汗)

投稿: matta | 2007.05.25 21:35

mattaさん、先日はご指導ありがとうございました!明日は天気もOKそうなので、ツールド越前海岸(笑)決行いたします。
残念ながら旧トンネルは、4月に通ったのですが、恐くて恐くて…(笑)もう、こりごりです…。

しかし、加賀ロード楽しそうですね?私も7月に吉野グランフォンドにエントリーしましたが、奈良県は山だらけで、厳しいコースいなりそうです。150kmなんですが完走できるかどうか…不安です。でも、参加する事に意義を感じ、仲間とわいわい騒いできます。

読ませていただいて、遠い昔を思い起こしながら自転車でしか味わえない醍醐味を、これからいつまでも感じていたいですよね?

投稿: Choko | 2007.06.01 13:56

◆chokoさん、週末連続輪行しかも日帰り。すばらしいです!やればできるんだと大変励みになっています。しかし、せっかくこちらにいらっしゃるのに、今回もご一緒できなくて残念。吉野のGFはタフなコースとして誉れ高く評判と聞いています。ほんといろんな楽しみ方ができる自転車は最高ですね。あすはお気を付けて!

投稿: matta | 2007.06.01 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/15186983

この記事へのトラックバック一覧です: 村めぐり:

« 法恩寺山ヒルクライム2007 | トップページ | 林道・医王線 »