« 「道路交通法改正試案」に対するパブリックコメント | トップページ | 歩道が危ない~相次ぐ自転車事故~ »

2007.02.04

続・自転車レーン

070204bikelane
元祖、「ツーキニスト」疋田さんの最新のメルマガによれば、自転車の車道締め出しを目論んでいた!?とされる道交法改正試案の問題の部分が削除されたとのこと。そしてそれには留まらず、疋田さん曰く「ヨーロッパ型の自転車社会を目指す」通行環境整備例まで出てきているそうなのである。それを引用すると以下のとおり

●車線を見直し、<車道の>左端に自転車レーンを設置
●幅員の広い歩道の自転車通行指定部分を<物理的>分離
●車道の自転車レーン部分や歩道の自転車通行指定部分をカラー舗装により視覚的分離
●車道の環境整備に合わせて、自転車<歩道通行可規制の解除>等
(*<カッコ>はヒキタによる)

疋田さんは驚いているらしいが、私は驚かない。なぜなら、昨年末このブログで紹介したようにここ金沢で3月のスタートに向け具体的に準備が着々と進んでいるからである。上の自転車レーンの図は「国道159号(浅野川大橋~東山~山の上)交通安全対策協議会」(以下、159号安全協議会と表記)のホームページより引用。

159号安全協議会のサイトに朝の通学時の様子が、ビデオとして上がっている。まさに混沌といってもいい状況である。これを看過せず地域の安全を担保すべく敢然と立ち上がったのが国交省かなざわの皆さんである。ブログにもコメントくださったitosi3さんによれば、校下の子ども達が自転車と接触、怪我をして保健室を訪れることもしばしばだそうで、外国人観光客も「怖くて自転車に乗れない」と口をそろえるとのこと。

この問題に対して導き出された解は、バスレーンの一部を「自転車レーン」(専用ではないので「路肩走行指導強化帯」と称する)として着色し、「自転車空間」を明示的に創出することであった。色も城下町金沢の旧街道、北国街道にふさわしく灰桜色に染められるとのこと。詳しくは同サイトをご覧頂くとして、蛇足ながら私の勝手な意見感想を以下に述べる。

070204bikelane2まず、一番目を引くのは、空間を共有するバスが自転車の後ろに追従するということである。普段、町中を走っている自転車にとって、どうしても険悪になってしまうのがバスとの関係。そのバスが、原則として追い抜かない。159号安全協議会のプレ実験によれば、バスにとってもそう大きな遅れは認められなかったという。しかし、自転車もバスを抜いてはいけない。もうバスは同じ空間を共有する仲間なのである。

ただ、一考願いたい点が少々有る。まず1点目。自転車は一列縦隊で進む。原則、追い越し禁止だそうだ。まあ、原則なので、極端に遅い3輪車の「ご婦人」などは抜いても良いと思う。しかし、急な車線変更は自転車でも危険なので手信号もしくは「声掛け」なども推奨したらどうだろう。自転車乗りの集団走行では常識である。

2点目。交差点付近では横断歩道の脇にある「自転車横断帯」を走行するとある。すでにあるものに従わないのは問題かもしれないが、一旦左に走路を譲って、また本線へ合流するこの自転車の挙動は逆に危険ではないか。既存のしくみの矛盾点はこの際一掃しても良いかもしれない。でも、そのほかにも、様々な局面について心配りされている159号安全協議会の今回の資料には、従来の公機関から出される文書とは思えない「まごころ」を感じる。

しかし、この手の教育というか指導を受けてこなかった高校生達に浸透するには時間がかかるだろう。根気よく時間をかけて指導するしかないだろう。自転車は車両で左側通行すること。より弱者である歩行者を脅かしてはいけないこと。でも、こうも考えられる。たった、1kmの自転車レーンが、生きた交通安全教材になる。ここで学んだ高校生達が金沢市内中に拡がり、「自転車空間」の存在に気がついたドライバー達も市内に拡がる。itosi3さんがコメントされていたようにきっと金沢の「古(いにしへ)」になると思う。

「敵」であった自転車の車道締め出しを謀る警察官僚が去ったことも追い風だ。冒頭の疋田さんのメルマガにもあったように、日本は「ヨーロッパ型の自転車社会を目指す」道を歩み始めたのかもしれない。この具体的な動きがここ金沢で見られる。地元の自転車乗りとしてこれほど嬉しいことはない。

|

« 「道路交通法改正試案」に対するパブリックコメント | トップページ | 歩道が危ない~相次ぐ自転車事故~ »

自転車社会学」カテゴリの記事

コメント

mattaさん、こんにちは。
貴重な情報をありがとうございます。大きく方向が変わろうとしているのですねぇ。
ヨーロッパ型の自転車社会を目指す...考えてみれば、日本でも法律では基本的に自転車は車道走行。でも、日本人の意識は「自転車は歩道」。ヨーロッパ型を目指すには、この意識を変えるのが大切ですね~。でもそれには時間が掛かりそうですねぇ。

投稿: えーじ | 2007.02.05 00:18

なるほど、そういう方向に進んでいるのですね。
となると、我々のようにすでに自転車に親しみ、これを存続させたいと考えている者もなにか協力、あるいは自分たちの立場を積極的に確保する方向で動くことも考えるべきでしょうね。

投稿: な! | 2007.02.05 08:33

えーじさん、な!さん、コメントありがとうございます。
◆えーじさん
一度染み付いた習慣、「自転車は歩道」はなかなか改まるものではないでしょうし、道路の構造が中途半端なのでますますこれを助長してきてしまった嫌いがありますね。地道に行くしかないんでしょう。
◆な!さん
まさにそのとおりだと思います。以前は、逆走無灯火の高校生にやかましく注意していたのですが、なんだか虚しくなって止めてました。だって、彼らには罪の意識がないのですから。これからは「緑のおじさん」ならぬ「緑のサイクリスト」としてこの大儀の元、またやかましくいうことにいうことにしましょうか。(笑)

投稿: matta | 2007.02.05 18:03

mattaさん、①真剣に読んでました。逆送防止と並進に神経を使っていたのですが、2つのご意見すごく参考になりました。<「声掛け」なども推奨したらどうだろう。自転車乗りの集団走行では常識である。>まさにそうやと思いました。みなさんにお話しようと思います。②公開済みですが路肩走行指導強化帯の最新イメージです。http://www.hrr.mlit.go.jp/kanazawa/r159anzenkyo/kyo1/pdf/exp.pdf
③ところで、路肩走行指導強化帯は「仮名」です。この意味は
「道路交通法に基づいた自転車専用レーンでないこと。」「自転車は歩道を走らないで、ここを走って欲しいことを明確に示す着色帯であること。」「自転車はバスレーン左端を左側走行して欲しいこと。」などからです。でもね、市民が親しみやすい愛称を名付けたいもの。そして、自転車ばっかり「指導」とか「指導強化」するという言葉にアレルギーを感じる人がたくさんいるように思うからです。何かいい呼び名はないでしょうか?

投稿: itosi3 | 2007.02.06 23:09

mattaさん

お久しぶりです。
いよいよ「自転車走行指導帯」の着色が始まりました。
全長2000mの内、280mが灰桜色になりました。天候さえ良ければどんどん進みます。


http://www.hokkoku.co.jp/_today/E20070223001.htm

投稿: itosi3 | 2007.02.24 13:11

◆itosi3さん、とうとう始まりましたか!なかなか春らしくていいですね。近いうちに「試走」してきます。願わくはこの走行帯が市内に全国に広がって欲しいものです。

投稿: matta | 2007.02.24 13:38

mattaさん お初です。
ネットサーフィンしていてこのページにたどり着きました。
itosi3とはこのサイトを通してメールで連絡取り合うようになりました。
自転車走行指導帯に興味を持っています。昨日、走行してきました!

自転車はちょい乗り程度ですが、今後ともよろしくお願いしますです。

投稿: Shizuoka@金沢 | 2007.03.04 16:21

◆Shizuoka@金沢さん、いらっしゃいませ!
そうでしたか、素晴らしい。嬉しいものです。私も早く試走に行きたいのですが、天気が良くて遠乗りが忙しくて、、、(汗)。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

投稿: matta | 2007.03.04 18:30

遠乗り行きたいですね!ただ体力的に。。。
自転車走行帯開通の日に走りに行きたいですね(^^ゞ

これからもmattaさんの自転車生活参考にさせてください。

あ、相互リンクはらせてくださいませ!

投稿: Shizuoka@金沢 | 2007.03.04 20:37

遠乗りはやっぱりロードレーサですよ。リンクの件、承知しました!

投稿: matta | 2007.03.05 01:29

mattaさん
灰桜色も1700m着色完了です。
北國新聞の3月11日にPRします。
コピーはShizuoka@金沢さんと考えました。
3月19日からいよいよ始まります。

投稿: itosi3 | 2007.03.08 00:39

◆itosi3さん、お知らせありがとうございます。いよいよ迫ってきましたね。この雪もいくらなんでも融けていることでしょう。成功を祈っています。

投稿: matta | 2007.03.08 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/13785598

この記事へのトラックバック一覧です: 続・自転車レーン:

« 「道路交通法改正試案」に対するパブリックコメント | トップページ | 歩道が危ない~相次ぐ自転車事故~ »