« 能登ライド200 2007(planning) | トップページ | 富山往復ライド »

2007.02.22

ALPSLAB routeのケータイ対応

070222alrまた来た!去年の11月にリリース以来、ずいぶん自転車乗りに定着してきた感のあるALPSLAB routeが携帯に対応してしまったのだ。(携帯版:http://m.alpslab.jp/r/)

じつは、私は現在携帯を持っていないので(PHSユーザ)、imodeのエミュレータで早速試してみる。まず実験台として:-)Yottakeさんが投稿された「白山さん練習こーす」にアクセスしてみる。(PCでもアクセス可)PC版のようなアニメーションは無いけども、不連続だがルートはトレースできる。適当なランドマークも表示されているのでよっぽど山奥ではない限り十分だろう。

予想はしてはしてたけど意外と早かった。携帯のPC寄りへの多機能化を待つと思っていた。このご時世悠長なことは言っていられないのだ。あとはGPSと連携できればもう無敵。私も遂にケータイが欲しくなってきました。

気がついたこと。中途からのトレースができない。私が投稿した「医王-宝達縦走ルート」の場合など長大なヘンタイルートは、一旦「広」に切り替えて最初から「次」ボタンでトレースして、該当箇所で「詳」に切り替える必要がある。やはり、現在地ぐらいはGPSで拾って連携して欲しい。GPS携帯は電池の消耗が激しいであろうから、スポット的にGPSをオンにして、所定の地図にジャンプする機能は最低限欲しいところ。実現したら買いましょう。

追記:GPS搭載機では既に現在地を表示できる機能を実装しているそうです。さすがー!
追記2:手持ちのPHS端末W-ZERO3では、中継局の位置から現在地を取得して、周辺グルメ情報を検索できる「ちず丸 for WILLCOM」を利用できました。このようにAPLSLAB routeも連携できたら嬉しいですね。

もうひとつ、これはPC版の機能だけど、「付近のルート」を位置検索することができるようになった。前からあった?右の図のようなALPSLAB baseという統合環境で近くのルート情報がバルーン表示される。こういう機能がケータイ版でもサポートされれば、サイクリングはグッと楽しくなると思う。youtubeのような評価の機能も欲しい。走ってみなけりゃ分からない。でもアクセス数以外に何らかの評価尺度は必要だと思う。


近い将来、携帯片手にライドを楽しむうちに「ポン」と地理的にリマインドさせてくれる機能も出現するかも。人によって趣向は違うと思うけど、きっと新たな発見があるに違いない。早く対応のGPS携帯がほしいな~。トップには、人気のタグがタグクラウドで表示されています。「自転車」がトップ。「北陸ロードバイク」も上位に食い込んでいます。

|

« 能登ライド200 2007(planning) | トップページ | 富山往復ライド »

自転車ソフトウエア」カテゴリの記事

コメント

まさにキターって感じですねぇ。
オレにとっては何よりも役に立ちそうなモノです。
いつもルートミスにより引き返すことばかりなので。
これからは携帯片手にトレースしていきます(笑)
いい時代になったものですねぇ。ホントに。
いいもの紹介していただきました。ありがとうございます。

投稿: ちふ | 2007.02.23 02:28

◆ちふさん
ほんとますます便利になりますね。以前は紙の地図をにらみながら走ってましたが、今度は携帯になるだけなのかも。やはり、対話型のGPSなのかなとも思い始めています。

宝達行ってきたんですって!?写真見るともう十分乗れますね。地元として先を越されたのは悔しいな~。

投稿: matta | 2007.02.23 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/14007465

この記事へのトラックバック一覧です: ALPSLAB routeのケータイ対応:

« 能登ライド200 2007(planning) | トップページ | 富山往復ライド »