« カイロ | トップページ | うどん・そば »

2007.01.08

寒中の激坂

今日は雪も混じる雨との予報であったが、降雨シミュレーションではたいしたことなさそうなので、朝からシクロクロスバイクで出発した。今冬は暖冬傾向とはいえ、寒に入ったこの時期、風にあたるのは辛い。しかし、クロスバイクならそんなスピードも出ないし、ダートに入ってしまえばもっとスピードも落ちてやがて温まってきてまさにパラダイス。山は風も吹かないし。

また今年は北陸には珍しく、雪が少なく年末に降った雪もほとんど溶けてしまったので夏場ならヤブに覆われて入れないダートを存分に楽しめるのだ。じつは金沢のシクロクロスの実力者、johnさんとお正月に「すれ違って」ハタと気がついてやっと今日になってクロスバイクで飛び出した次第。

まず、近場の森林公園へ加茂口から入る。以前は細いジープロードが雑木林を縫って加茂池にアプローチする公園でも一番小さなエントランスであったが、ずいぶん様変わりしてしまった。特に今、この小さな町で物議を醸している競艇の場外舟券売り場(ボートピア)建設の下準備(*)が着々と進んでいるようで、この小さな谷は大量の土砂で埋まってしまったのだ。
(*:この土砂は旧高松町から津幡町加茂に抜ける「河北縦断道路」の基礎工事によるものとのことでした。2006/01/10追記)

どろどろの土砂の山を越えると森林公園となる。主な道は舗装されてしまっているけど所々ダートがあってなかなか楽しい。小さな動物園もあって、今年の干支のイノシシもたくさんいる。確認はしなかったけど、きっとウリボウもたくさん生まれていることだろう。森林公園でひとしきり遊んで帰るつもりであったが、ここで雪がまったく見られないので、もっと本格的なのぼりを楽しみたくなった。


この付近でのぼりといえば、菩提寺の激坂しかないでしょう。ここは上のALPSLAB routeのプロフィールを見ていただければ早いが、約1kmで200mの標高を獲得する。つまり20%の激坂を、私の貧脚なら10数分楽しむ?ことができる。この坂の現況はUribouzさんのブログに詳しい。今日はクロスバイクはコンパクトドライブだし、登れないことも無かろう。いい具合に温まったことだし。しかし、本格的に勾配が出てきたところでバイクの重さもあるけれど、辛くて後悔し始めた。

ただでさえ重力がかかって後ろ向きの負荷がかかっているのに、滑り止めの舗装が負荷を上乗せする。今にも止まりそう。前は36T、後ろは25T。心拍計は無いので分からないけど、無酸素に近い運動領域だろう。冬用ジャージも前をはだけて汗をかきかき、所々で蛇行しながらやっと菩提寺集落の入り口に差し掛かるが、まだまだ先がある。改築された神社を右に見たらすぐ左折。

舗装が激坂仕様でますますゴツゴツ荒くて走りずらい路面、200mほど登るとようやくゴール。登る前は2本ほどと考えていたが、1本でもうおなか一杯。道なりに下って宇ノ気へ抜けて退散した。今の時期にこんな負荷をかけるのもどうかと思うが、筋トレという位置付けならば悪くもないと思うけどどうなんでしょう?

また、毎度登って思うことだが、脚力もさることながらペダリングスキルの貧弱さもこの激坂で再認識させられる。サドルの高さなど、ポジションもそうだ。この近辺にはまだまだダートが残っていてMTBやクロスバイクならなかなか楽しい。でも、今日のところは満腹。また来ることにしよう。

|

« カイロ | トップページ | うどん・そば »

トレーニングコース情報」カテゴリの記事

コメント

まったさん、ばんは~。
おっと、その前に遅まきの、あけおめ&ことよろです。

ALPSLAB routeは初耳です。
You Tube的で面白そうです。w
http://www.youtube.com/watch?v=jScqx_JZheE

個人的にはカシミールなのですが、ブログで情報を共用できるのを考えると「ALPSLAB route」良いですね。
ちと勉強しなくては… (^^ゞ

投稿: ばった | 2007.01.09 20:35

◆ばったさん、今年もよろしくお願いします。"2.0"のスピードは思った以上に速く、陳腐な言い方ですが良い時代になっと思わせる1品です。しかし、「ショッカーライダー」初めて知りましたw。一文字隼人?の「ニセモノは所詮ホンモノの敵ではない!」にぐっときましたね~。

投稿: matta | 2007.01.09 21:50

mattaさん、今年も宜しくお願いします。そして「ALPSLAB route」でのコメントの方も有難うございました。もしかしたらmattaさんの練習コースかな?何て思いながら作成したんですが・・・矢張りバラしちゃいけないですね。(汗)

それにしても津幡は町から少し離れると信号も車も少ないルートが続き適度にアップダウンが有り練習コースには苦労しないですね、地元サイクリストの方が羨ましいです~。

投稿: こういち | 2007.01.11 00:26

◆こういちさん、コメントありがとうございます。こういちさんはよく道を知ってますね~。特に能登方面の抜け道はとてもかないません。

津幡1周ですが、夏の朝錬でこれぐらい走れるようになりたいです。時間的にも実力的にも。ただ、倶利伽羅峠へのアプローチはキツイですね。私はめったに使いません。ご存知かもしれませんが、県境をほぼ舐めるように走る林道があります。これを使えばキレイに一周になりますね。津幡ならまだまだネタは有りますのでおまかせ下さい。今年は一緒に走りましょう!

投稿: matta | 2007.01.11 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/13388497

この記事へのトラックバック一覧です: 寒中の激坂:

« カイロ | トップページ | うどん・そば »