« 砂利道 | トップページ | ツール・ド・おきなわ2006 »

2006.11.11

オキナワイブ

オキナワイブ沖縄のセミたちは立冬をすぎた今も盛りと鳴いている。つくつくぼうしのリフに似ているが、その音色は金属的だ。試走に出かけた海洋博公園でのsasakiさんのアタックに反応すらできず、金沢から熊鈴を持ってきてしまった彼のそれとセミの金属音がダブって聞こえた。

今回は12日のツール・ド・おきなわの市民レースに参加すべく、ローマン主催のツアーで沖縄に乗り込んだ。Roman金沢からは、chifさん、前田さん、N部さんそしてsasakiさんと私の5名。前前日10日朝の小松発那覇行きの直行便、レンタカーを借り、北部の名護への高速道路のお陰でお昼過ぎには宿舎到着。既にバイクは到着済み。梱包もローマンの前田さんに任せてしまって超お気楽な遠征となった。多謝。そして、すぐに各自のバイクを組み立ててsasakiさんと美ら海水族館見学も兼ね、試走に出かけたのだ。

美ら海水族館は自転車乗り入れ禁止。スニーカをもってきてもらったN部さんたちと合流するのに手間取った。やっぱ、サンダル持参がバイクでの観光にはふさわしい。美ら海水族館は私たちが訪れた翌日には開館4年目にして1000万人目の来場者があったと報道された人気スポットである。

今回の遠征のベースとなる名護はツール・ド・沖縄の各種イベントの起点でもある。思ったより、道幅も広くサイクリストにもやさしい街だ。結局3日間、クラクションひとつならされること無く過ごすことができた。写真は、名護の樹齢400年近い神木「ヒンプンガジュマル」。「ヒンプン」とは屋敷の門と母屋の間に立てるついたてのことだそうで、街に入りこむ邪気を払うと大事にされているようだ。

オキナワイブ翌日の11日は本島1周サイクリングに出かける社長夫妻とN部さんと前田さんの見送ったあと、RFX8でゴー!とりあえず、昨日買出しに出かけた時に目星をつけた八重岳にむかう。地図で確認すると標高は454m。沖縄で山頂まで自転車でいける山としては随一であろう。結構、交通量の多い県道をアップダウンしながら、登山口に取り付くとあたりは虫の音しか聞こえなくなる。

見慣れない鬱蒼とした亜熱帯の木々に囲まれたアプローチは頂上付近に近づくにつれ激しさを増していく。明日はレースなのでメータはひとケタでゆるゆる進む。そこへトレックに乗った外国人レーサーが凄い勢いで私をパスしていった。最後には20%近いのではなかろうかと思われる激坂にこれでもかと見舞われる。先のレーサと軽くあいさつして、レーダサイトのある頂上へ。ほぼ全島見渡せた。風が強くて熱い身体に心地よい。

一旦下って、次は今帰仁城址へ。ココへ向かう県道もほとんど車は走っていない。ところどころでハイビスカスがキレイに花を咲かせている。あの金属的な音色のセミも海岸線ほどではないがキュインキュインないている。今帰仁城は規模の大きい遺構であった。中国との貿易で栄えた往時の姿をうかがわせる。

もっともっと走りたいけど、明日はレース。宿舎に帰ってシャワーを浴びて一休み。夜はひとりで街をぶらつく。市内に流されるスピーカによる広報で明日のレースによる交通規制の案内が流れている。海洋博で一時は景気付いたというこの街も今はシャッターが下りた店も多い。フラっと入った居酒屋の女将は金沢出身だった。常連の方と酒を酌み交わし、みんな明日がレースだと知っていて激励される。カウンタの上にかかった元長寿世界一の泉重千代翁(120歳とサインされていた)の色紙のひとこと「ウントイキロ」が心に染みる。

沖縄写真帳はこちら

|

« 砂利道 | トップページ | ツール・ド・おきなわ2006 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

ツールド沖縄頑張って下さい。私はツールドジャパン西湖ステージに参戦です。お互い頑張りましょうw。

投稿: のりっち | 2006.11.11 20:41

沖縄についに行かれましたか!
いいでしょう~
私も、また行きたいな!
何年いってないかな。
200km完走したいな。

投稿: 周三 | 2006.11.12 06:37

オキナワイブはオクマに泊まっておりました。
PCが手元になく、今ごろになってコメントの確認をしました。

さて、オキナワ当日はいかがでしたか?

北ないし北東の風が強く吹いていましたが昨年とうってかわって晴れあがり、レース日よりでしたね。

投稿: な! | 2006.11.12 19:20

お久しぶりです!もう走り終わって泡盛三昧かな?行きたいです、おきなわ。最近海苔ピーさんから近くのおきなわ料理店が無くなったと聞いてがっかり。鬼が笑いますが来年は行きたい!

投稿: たっち | 2006.11.12 23:32

来年は必ず参戦致しますです。はい!

投稿: Choko | 2006.11.13 09:53

のりっちさん、周三さん、な!さん、たっちさん、Chokoさん先ほど帰ってきました。コースコンディションとも最高でした。完走もできました。
◆のりっちさん
西湖お疲れ様でした。なかなかいい位置につけてますね!レースはやっぱ楽しいです。
◆周三さん
以前、コナさんのブログにコメントされていた、我部祖河食堂に言ってきました。地元の人でにぎわっていましたね。中味炒めという内蔵系の野菜炒めは軟らかくていがいとあっさり。うまかったです。
◆な!さん
お邪魔してきました。沖縄最高!コース、この時季の温暖な気候、そして沖縄の人たち。ファンになりました。
◆たっちさん
ローマンの仲間でべろべろになるまで飲みました。楽しかった~。I籐さんやN彦さんとも次への意欲的な思いを語り合いました。来年は是非ご一緒に!
◆Chokoさん
サイクリストの楽園です。是非どうぞ!!

投稿: matta | 2006.11.13 20:51

でっけぇ~ジンベイザメ!
オキナワレポートめちゃ楽しみです。
でもなぁ~読んだらなぁ~、絶対行きたくなるんだろうなぁ~(笑)

投稿: konちゃん | 2006.11.14 21:07

◆konちゃん
どうも、いってきました!このジンベイ君はサービス精神旺盛で水槽すれすれまで来てくれます。レポートしばらくお待ちを。

投稿: matta | 2006.11.14 22:48

なるほどぉ。。。「ツールド沖縄」がもちろんメインですが、沖縄もしっかり楽しむ「沖縄ツアー」だったのですねっ。やっぱ、はるばる沖縄まで行くんだし、レースだけで帰る。。。ではもったいないですよねぇ。本番のレースレポート、楽しみにしていますデス。

投稿: えーじ | 2006.11.17 07:29

美ら海水族館、琉球王朝のグスク、あぁ~行ってみたい!
キュインキュインと鳴くセミの声も聞いてみたい!
来年の11月かぁ。。。
貯金開始だピョン!

投稿: konちゃん | 2006.11.17 20:44

◆えーじさん
いつものレースはあわただしく、日帰りか良くて1泊ですが、今回はゆっくりできました。沖縄にはそうさせてくれるに余りある魅力がありますね。逆に近場のレースも最低1泊して楽しんでみるのもよいのではと今は思っています。
◆konちゃん
沖縄はレース以外にも見所、食べ所満載です。そして純朴で明るい県民性といいますか、琉球民族の血を引く人たちは魅力的です。来年は是非!

投稿: matta | 2006.11.18 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/12642642

この記事へのトラックバック一覧です: オキナワイブ:

« 砂利道 | トップページ | ツール・ド・おきなわ2006 »