« クリート位置 | トップページ | 砂利道 »

2006.10.28

雲上の庵

ヒルクライムを楽しんだ後は、汗をかきかきあえぎながら登ってきた道を見下ろし、その眺望を楽しむだけでも十分満足感があるが、できればおいしいコーヒーや冷たいジュースで咽を潤したいものである。このような観点に立てば、近場の宝達山の「山の竜宮城」が私の中では長い間ベストであった。しかし、今日Team Love Bikeのhisaさんに案内していただいた加賀・小松山間部の「生雲」はこれに勝るとも劣らない素晴らしいロケーション、おいしいドリンク、アロマと充実度が高いロングライドの「鼻先のニンジン」としても十分機能するエイドポイントであった。また、これまで良いフィールドと認識していた加賀山間部のそれぞれのエリアが極上ルートの線で結ばれ、トレーニングコースのネットワークとしてつながったことは大きな収穫であった。

061028grumet0朝のラジオ体操を聞きながら、輝く朝日を全身に浴び、雲ひとつ無い晴天の下バイパスを南下して集合場所の川北温泉を目指す。バイパス路側の温度計は10℃。ベースは半袖、レーパンだけど上下ウォーマ+ラン用ルミナイトブレーカの臨機応変レイヤードで出発した。

主なルート:~(R8)~川北~天狗橋~先端大~ハニベ~苔の園~観音水~生雲~ゆのくにの森~小松IC~根上(ギョーザ)~(R8)~
走行距離:【142】km

061028grumet1土曜の朝にしては、R8は結構な交通量だ。近年、拡幅された3車線や立体交差の分岐、合流地点は神経を使う。ただ、路側帯が確保されているので走りやすい。話は飛ぶけど本日帰宅時のR8のkonさん、k2さん列車は40km/h超の凶暴な走りであったが、高速の少人数集団はクルマにもアピールするし、逆に安心感があった。

さて、R8から川北温泉へのアプローチはあらかじめ見当をつけてあった県道が狭くて走りにくそう。もうちょっと先へ行って、松任ジャスコを左折するこれまた路側帯のしっかりしたルートを思い出して、これを南下。徐徐に吹き出した向かい風に、足も回らなくなって最近苛まれている不調の「悪感」がしてきた。ペースを落として様子を見ながらゆるゆると集合場所の川北温泉にたどり着く。きょうの参加は、TeamLoveBikeからホスト役のhisaさんとkonさん夫妻、トンデモクラブのLargeT.T.さん、プリンスロードのk2さん、ピーススポルトfumifumiさんと私の計7名でスタート。

すぐに手取川堤防沿いを鶴来方面へ向かう。ここはずいぶん舗装も進んでいて、phantomさん考案のTTコースにもなっている。R8さえ我慢すれば、路側帯の狭い山側環状を避けられるし、白山山麓へのアプローチの定番コースになりそうなどとhisaさんと並走しながら向かい風の中、天狗橋へ。JAISTへののぼりへ取り付いたところでLargeT.T.さんが全身で風を切って一気に駆け上がっていく。凄い迫力だ。

この県道55号は仕事でしょっちゅう来ているのに見逃していた。JAISTの向こうはどんづまりだと思い込んでいたがR157や産業道路を介さない小松へバイパスできる極上コースだったのだ。大昔に来たことがある「ハニベ岩窟院」も確認。k2さん、お約束のガッツポーズも久々に拝めた。だんだん気温も上がってきて、ウォーマ類は格納。その後、また気持ちの良い3桁県道をアップダウンしつつつないで、konちゃん見学ご所望の「苔の園」へ。しかし、残念ながらクリートでは立ち入り禁止のこと。ハイヒールも禁止か!?と突っ込みも入るけどまあ今度じっくりどうぞ。そして、本日のメインディッシュ、生雲への林道日用線へ取り付いた。

061028grumet2美しい静寂の杉林を進む。最近、加賀山間地はクマの出没情報も多く、ひとりでは躊躇してしまうだろうこのような林道も、仲間がいればワイワイガヤガヤ上がれるし楽しい。頂上は標高400m程度とhisaさんから聞いていて全部追い込むのは無理だけど、2、3回インターバルしながら行けばじきにたどり着くだろうとたかをくくって、いつもの調子で踏んでいく。ところが、心拍数は一気に180を越えレッドゾーンへ。調子がいいんだ言い聞かせて踏んでいると急に足に力が入らなくなってしまった。

061028grumet3hisaさん、k2さん、LargeT.T.さんを見送り、片山津温泉の柴山潟や木場潟を望む見晴らしの良い所で写真をとり、日光浴しながらどっかり座って休憩。10月の終わりとは思えない温かなそよ風が頬を撫でていく。時間が止まったようなひと時。後続の女性陣が追いついてきたところで再スタートし、ほとんどヘタってよろよろとピークの生雲に到達した。LargeT.T.さんは残念ながらお仕事で下山されたとのことだが、気の置けない自転車仲間と過ごすティータイムは格別。konちゃんからおごってもらった五郎島金時のお饅頭「ひゃくまん」は美味でした。

061028grumet4この生雲からは南に面白そうな林道が伸びていているけど、もと来た道を一旦戻って、まだまだ元気なfumifumiさんのアタックを見送りながら「ゆのくにの森」へむかう。以前何度かこの辺へ自転車できたときには粟津温泉街に突入して走りにくかった記憶がある。しかし、小松ドーム、R8をうまくつないでいけば、小松基地の裏からなじみの空港周辺道路へ抜けられることが分かったことは収穫であった。

根上でぐるりと皿を埋め尽くしたもちもちしたボリューム満点の餃子、チャーハンを食べてグルメライドをしめた。しかし、食後のkonさん鬼引きのR8ハイペース走は効きました。そしてあっという間に自宅へ。おなか一杯走って食べての一日。皆さん、ありがとうございました。

|

« クリート位置 | トップページ | 砂利道 »

自転車グルメ」カテゴリの記事

コメント

写真で見ると、本当に山頂にある施設なんですね。
「露天風呂」気持ち良さそうです。
(でも下りで湯冷めしてしまいますね・・・)

投稿: Go-T | 2006.10.28 23:34

◆Go-Tさん
どうもコメントありがとうございます。ここは那谷寺という由緒のあるお寺の関連施設で、禅や写経もできるそうです。いちどゆっくり一泊して日常の澱をすっきり落としにいきたくなるところです。

投稿: matta | 2006.10.29 11:00

昨日はありがとうございました。そしていつも素早いレポートに感謝しております。
ツーリングの「師」mattaさんが参加されると聞いて、ルート選びは慎重に、なるべくクルマの少ないコースとしました。一人では行きたくない箇所もあったけど・・・
生雲から南に伸びる林道は、先日LargeT.T.さんに偵察してもらったところ未開通でした。
次は県民の森~福井方面へも脚を伸ばしてみてください。津幡から200㎞オーバーのライドになると思います。

投稿: hisa | 2006.10.29 14:22

マッタさんとご一緒するのは、春以来でしたね。
やっとIt's a time to eatsなライドが実現できました。
仕事や家庭、いろんな事情がある中、なかなか日程を合わせることって難しいですが、やはり大勢で走るライドは楽しいですね。
そして、相変わらずの亀っぷりで、アシストなしじゃ生きていけない万年エースだと再確認した次第です。。。(泣)
懲りずに、またお付き合いください。

投稿: konちゃん | 2006.10.29 19:58

◆hisaさん
こちらこそありがとうございました。すばらしいコースばかりでまた思い出に残るライドになりました。やはりこの加賀山地は能登以上に奥深く、モノにするにはなかなか一筋縄では行かないですね。LargeT.T.さんも知らぬ間にトンネル探索されてましたし、お好きなんですね~。餃子もウマかったぁ~。私もうどん、BBQ等少々県境グルメネタがありますので今度ご案内しますね。
◆konちゃん
どうも今回も誘導ありがとうございました。やっぱみんなで走るのは楽しいです。帰りのkonさん鬼引きR8超高速ライドもゲロゲロでしたが楽しめました。上にも書きましたがまたグルメライドしましょう。福光のてんぷらうどんが絶品ですよ!

投稿: matta | 2006.10.29 21:13

いつもながら、すばらしい語学力&表現力に驚きます。なんか小説を読んでいるようで見入っちゃいました。
話はさておき、昨日はお疲れさま~。とても楽しいサイクリングでした。
最後のkonおじさんの鬼引きにはほんと参りました。そしてその後のmattaさんの鬼引き・・・。
私は金沢食糧辺りで完全撃沈してしまいました。konおじさんはもとより、mattaさんの高い潜在能力にも驚きです。
オキナワもこの調子でがんばって下さい。完走レポート楽しみにしています。
あっ、お土産は別にいいですよ。まだ3回しかご一緒したことないし、同じ町内でもあることだし。???
ほんと無理しなくていいよ~。またご一緒させて下さ~~い。

投稿: k2 | 2006.10.29 21:41

◆k2さん
何をおっしゃる、k2さん。k2さんのお尻にぴったりついて温存できたからですよ。しかし、通勤仕様のバイクでもパワフルな走りでしたよ。しびれました。そんなにほめてもらったら、手ぶらじゃ帰ってきづらいですね~(笑)

例の件、一応聞いてきました。詳しくはメールしましたのでご確認ください。

投稿: matta | 2006.10.30 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/12464087

この記事へのトラックバック一覧です: 雲上の庵:

« クリート位置 | トップページ | 砂利道 »