« グランフォンド糸魚川 | トップページ | 雲上の庵 »

2006.10.20

クリート位置

車で移動中の道すがら目が自然と追っかけるのは、やっぱり自転車。今は季節がいいので、サドルが低いママチャリにダラダラと乗る高校生やオバさん以外にも、おしゃれなスポーツタイプの自転車で街を颯爽と駆け抜ける人を結構良く見かける。翠(みどり)の髪をなびかせながら素敵に走る女性をチェックするのは当然だけど、私の場合、どうしても目が行くのはペダルを踏み込む位置なのだ。

ビンディングタイプのペダルを用いる人はまだまだ超少数派。トゥクリップのついたマウンテンバイクは極稀に見かけるけど、たいがいその裏面を踏んでいたりして他人様のことだけど何かに引っ掛けないかと心配になる。当然ながら、普通の平たいフラットペダルで漕ぐ人が大多数である。

効率的な踏み込み位置とされるのは、クランクから直角に突き出したペダルのシャフトに、足の親指の付け根の突き出した骨である「母趾球」がちょうど真上に乗っかる位置とされている。たしかにこの辺で踏めている人の走りはサドルが適正な高さであれば美しい。私のロードレーサよりずいぶん重たそうな自転車を、スイスイ加速させていく小さなからだの小学生のペダル位置はやっぱりここだ。

じつは、私は2年程前からこのペダル位置-ビンディングタイプのペダルの場合はこれを固定するクリート位置-に悩んでいて、前へ出したり内側に引っ込めたりを繰り返し、試しに導入した遊びの少ないSPD-SLクリート「赤」で、とうとう先月初めの犀鶴->宝達縦走ライドでは膝まで痛めてしまった。それからペダル位置に縛られずスイスイ笑顔で自転車漕いでいる小学生を見るにつけ、とてもうらやましくいっそ平ペダルにしようとも思っていたが、ついにこの苦悩がこのたび氷解した。

ここでもやっぱり助けられたのはネット。母趾球が力点であることは感覚的にも納得していたけど今ひとつしっくり来なかった。「クリート位置」で検索して見つけた、フィッテさんの「ロードバイクの大事な話」とベルエキップさんの「シューズのクリート位置」を読んで思わず膝を打った。両記事とも母趾球より3,4mm「後ろ」となっていたのだ。

Pedal_shaftやってみれば分かるけど、ファイティングポーズの基本形のつま先立ちしてみても母趾球という「点」だけでは力がかからない。外側にも力がかかっていて、左図のような小指の根元「小趾球」まで引いたピンクの直線、これをボールフレックスラインというらしいが、点ではなくつまり「線」を意識すると分かりやすいのだ。一気に開眼した気がした。

もちろん、現実には足の裏つま先付近の「面」で踏んでいるはずなのであるが、面は単純化しにくい。でも点としてしまうと力点として収束しづらい。やはりこの線であるボールフレックスラインを「力線」としモデル化すると非常に分かりやすいと思う。ところで上の図をご覧いただければお分かりのように、この力線とペダルのシャフト(青い直線)は重ならない。そこでこの力線、ボールフレックスラインの中点を導入しこれを重心としてシャフトに乗っければ、自ずからクリート位置は割り出せるのである。

これまで、レースや練習で追い込んでケイレンした時には、必ずといっていいほどふくらはぎがつった。つま先ペダリングになっていたのであろう、よく練習会でも指摘されていた。私の場合つるとこむら返りに近く、もう足が動かなくなってレース終了もしくは完走しても2日ぐらいは歩けないほどの痛みが残ってしまった。しかし、クリート位置が決まった今月1日のグランフォンド糸魚川では、オールアウトに近いほど踏んで、その後しばらく乗れないほど疲労したけど「こむら返り」は無し。最後のピークで太もも周辺がピクピク痙攣しただけであり、翌日もほとんど痛みは残らなかった。

とはいっても、母趾球はこれも点では無く狭いけども範囲があり、ここと思われる場所にも個人差があるだろう。理屈と数字には素直に屈してしまう私のツボにヒットしただけなのかもしれないなー。あと、横位置や角度にも課題がのこる。悩み出したらキリがないのかも知れませんね。

|

« グランフォンド糸魚川 | トップページ | 雲上の庵 »

サイクリストホスピタル」カテゴリの記事

トレーニング考」カテゴリの記事

コメント

mattaさんのこの記事を読んで自分もクリートとは違うんですが
サドルのポジションの変更を決断しました。
この時期には賭けに近いかもしれませんが足の攣りの原因がここにあると判断した結果です。
吉と出るか凶と出るか・・・・・結果は3週間後ですね(^^;;;

投稿: ちふ | 2006.10.22 03:32

◆ちふさん
コメントどうもありがとうございます。ポジションメンテは難しい課題です。傍目に見てちふさんのペダリングは完璧に近いように見えますが、やっぱり自身の成長に応じてポジションも見直す必要があるのかもしれませんね。ただ、今回のクリートの前後位置に関してはもうここしかないと確信しています。あとのサドルやハンドルは状態に応じて変わっていくのでしょう。沖縄に向けてがんばりましょう!

投稿: matta | 2006.10.22 21:38

おひさしぶりです、えーじです。
mattaさんのこの記事を読んで、私も膝を「ポンポンっ!」。
私は平ペダルでロードを漕ぐ派。走っている途中で「母趾球をペダルの上において。。。」と意識してポジションを調整したりするのですが、母趾球をペダルのやや前(中心ではなく)に置く感じで走った方が、スムーズにペダリングできるんですよねぇ。。。
ビンディングペダルで走る場合とは、ちょっと勝手が違うのかな?と思ってましたが。。。

投稿: えーじ | 2006.10.23 22:16

◆えーじさん
どうも、鈴鹿8時間耐久お疲れ様でした。私には想像もつかない世界です。でも興味有り(笑)

たまに平ペダル、いいですよね。私も街乗りは4年ほどずーっとハーフクリップで乗っていて、その自由さが染み付いていました。ここ2年ほど乗るときはおそらく合っていなかったのでしょう、いつもガチャンとビンディングで固定するものですから、変な癖がついたとも考えられます。

ひとそれぞれの踏み方や脚質、ペダルのタイプによって違うかと思いますが私には納得する理屈が得られたのでうまい下手は別にして、なんだか安心して回してます。

投稿: matta | 2006.10.24 22:28

ありがとうございます。
早速紹介のこの記事を読ませていただきました。
今MTB用のビンディングを検討しています。実際買った時にはまたここの記事をじっくりと読ませていただく事になりそうです。
ロードだけど、最初はやっぱりMTB用かなってのが私と周りの一致した意見です。本音はまたビンディングが怖いってイメージなんですよ。。。

楽しい楽しいと乗ってきた2ヶ月半。ここにきていろいろと考える事とか悩む事とか出てきました。そしてようやっと雑誌とか読む気にもなりました(遅い?)。
自分ではそれを成長してるんだと考えてます。そしてちょっぴり欲が出てきたのかな(笑)

私のブログにブックマークしても良いですか?
勉強になる記事がいっぱいありそうです。もしかしたらまた古い記事にコメントするかもしれません。
その時はよろしくお願いします。

投稿: mayu | 2007.10.06 16:24

◆mayuさん、お読みいただきありがとうございました。まだビンディング未体験でらしたのですね。周りの皆さんのご意見通り、MTB用のSPDの方がシューズも扱いやすいので慣れるには良いと思います。しかし、すでにロードバイクをお持ちでDoor To Doorでロードに乗られることが多いならロード用シューズに一気に行かれることも一考かと。

やはり、ロードに乗るために作られたシューズですし。おそらく近い将来こちらに向かわれることでしょうから。靴って意外と場所を取りますしね。リンクの件はご自由にどうぞ!私の方からはすでに張ってあります。(汗)

投稿: matta | 2007.10.06 18:28

ブックマークしました!
mattaさんはもう貼ってあったのですね。ありがとうございます。

MTB用からロード用に変えた時ジャマなものが出るってのは理解してます。でもまあビビリなので(笑)。
運動オンチの初心者の四十路超って事を考えると自分がこれなら大丈夫かなって思えるのから変えていきたいと思います。一番やっかいなのは自分の恐怖心かな。

とは言えそのうちにふっふっふ。。。バリバリのロードバイク乗りになっちゃるって野望は持ってますよ(笑)

投稿: mayu | 2007.10.06 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/12353964

この記事へのトラックバック一覧です: クリート位置:

« グランフォンド糸魚川 | トップページ | 雲上の庵 »