« パナソニック・スポニチ bicycle festa'06 | トップページ | 県境ライド »

2006.08.06

古城グリーンロードレース

朝霧に煙る嶺北の山地を縫う北陸道で、7時過ぎには3年前と同じ、運動公園でベースを張った。ここは東からの直射日光をさえぎることのできる公園事務所があって、アップも涼しくできるからお勧め。ちょっと会場からは遠いけど。

日本最古の天守閣が見下ろす会場は、すでに地元の子供たちがたたく元気のいい太鼓の音で盛り上がっていた。今年の記念品はなかなか良い。シューズを入れられるバックだ。これなら出張先でランニングも可能。バナナも2本もらってさあアップ開始だ。と思ったら、センサー取り付け時にタイラップをスポークにまで回してしまった。立派な工具箱をお持ちの方を目ざとく見つけてワイヤカッタをお借りした。

今日、参加したクラスは「チャンピオン」。私のようなへたれレーサには分不相応だが、福井のベテランレーサ周三さんがチャンピオンクラスにイの一番に参加表明され、これに触発されてほとんど勢いでエントリしてしまったのだ。

レース走行距離【54】km

スタートは9:16だから、一時間前には涼しい日陰で持ってきた3本ローラのアップを開始した。ずいぶんご無沙汰だったのでおっかなびっくり回していると、ローラ台から落車。気を取り直して車につかまってスタートしたら次第に調子が出てきて、20分で心拍170あたりまで持っていく。びっしょり汗もかいて30分。なかなかいいアップができた。

汗を拭いてユニホーム着用。スタート地点へ行ってみるともうすでにクラス別に参加者の自転車が所狭しと横たわっていた。チャンピオンクラスはちょうど100人。場所取りは重要かと思われたが、参加の実力者の迷惑にならなければ良しとして、やや後方に位置づけた。

今回はRoman金沢からはchifさん、むらい君と私。金沢からはにぎやかに多くの自転車友達が参加していた。phantomさんを初めとした実力者ぞろいのトンデモクラブの皆さん。プリンスロードからは雪小僧さんとK2さんの姿もお見受けした。いつも元気印のピーススポルトfumifumiさんも。同じチャンピオンクラスでは、チームローマンのKさんもエントリ。BR-3のレースを終えたN彦さんがスタート前の激励に来てくれた。

スタート前には、同クラスに参加されるMS97のコナさん発見。春のロングライドのときとは一変。いい色に焼けてかなり締まった印象を受けた。初対面のTsukyさんと周三さんの噂話を楽しくしているうちに、緊張感無くもうスタート。丸岡の深い緑に包まれた田園風景の中を集団が突き進む。川沿いロックシェッドが続くあたりでは、がけ崩れ工事の箇所が多くあって、実業団では多くの落車があったそうだがチャンピオンの集団はスムースに流れ特に危険は感じなかった。

危ない走りをする参加者も皆無。同じ集団で進む内灘と比べるとなんと静かなことだろう。ロックシェッドの壁面に流れる滝音も、試走中の低速では感じられなかった涼やかでさわやかな響きが耳元をかすめていく。レース中とは思えない趣だ。アップダウンがあるあるうちは良かった。周回バックストレートの近庄トンネルへの登りにかかりさあ、前へとくるくる回していく。しかし、「ちょっと一休み」の看板でがくんとブレーキがかかってずるずると後方へ番手を下げていった。

心拍は目隠しモードだったが、ちょっと遷移させてみると175。サボっているつもりはいないが、上限193にはずいぶん余裕がある。でもつらい、つらい。ピークのトンネルまでは1kmはあるだろう。今思えば本日一番がんばったというかとても苦しい局面。自分との戦い。ようやくトンネルに入ると天国のような涼しさだ。しかし、目を凝らしてみてもトンネルの中から向こうには集団の姿は無し。今日も一人旅かとがっくりきたところで、コナさんが「泥」ジャージの方をリードして上がってきた。

3人で、ローテーションしながら下っていく。もう先へ行ってしまった集団に追いつけないのはわかっている。でも、今はレース。しかも公道を占有させてもらって、思いっきり走れる数少ない北陸のレースなんだ。そして集団から落ちてきたレーサをひとり、またひとりと吸収して、素晴らしいことに誰一人として付きいちになることなく積極的にローテしてペース維持を図っている。気がつくと10人近くのグルペットを形成し、2周目に突入した。

しかし、もう私は一杯一杯。上り基調に入るとローテにも加われなくてフリーライダーになってしまった。申し訳ないけど限界だ。そして、ロックシェッドを何個か通過したところでとうとう切れてしまった。もう1周目のような余裕はなくて、顔や首からフレームに、汗が垂れ落ちるままにまかせていたことしか覚えていない。

近庄トンネルへの最後の上りでは、オフィシャルのバイクだろうか後ろにつけてきて、ピーク手前で一気に追い抜かれた時には、ついに失格宣告を突きつけられるのかと観念したが幸いなことにこれはなかった。あとは、一人旅でひたすらゴールに向かう。でも、沿道の応援がありがたくてその度に残った力を振り絞る。そしてなんとかゴールにたどり着いた。このグルペットは精力的な走りでコナさんが制したとのこと。

結果は、お知り合いでは、ご近所レーサのWさんがミドルで5位入賞、シニアAではトンデモクラブの皆さんが入賞始めいい位置につけていてチーム力を印象付けた。ローマン金沢からもむらいさんがヤングで9位、chifさんもミドル第2集団トップでゴールした。去年、美山で同宿したマツケン君も入賞している。みんな次につながるいい走りをしたようだ。それにひきかえ・・・。

さあ、次は乗鞍!沖縄もあるぞ!!めげているヒマはないのである。

|

« パナソニック・スポニチ bicycle festa'06 | トップページ | 県境ライド »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

DNSで失礼しました。
45歳の親父はお仕事優先です。
元より、勝負できませんが。
でたかったな~!
自分の走れるところまででも。
しかし、いい天気で何よりでした!

投稿: 周三 | 2006.08.06 19:44

周三さん、お仕事お疲れ様でした。焚きつけてくださった(勝手に火がついた!?)お陰でほんの少しですが上質のロードレースのテイストを、結果はともあれ楽しめました。感謝してます。

投稿: matta | 2006.08.06 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/11301454

この記事へのトラックバック一覧です: 古城グリーンロードレース:

« パナソニック・スポニチ bicycle festa'06 | トップページ | 県境ライド »