« 古城グリーンロードレース | トップページ | ねこと自転車 »

2006.08.09

県境ライド

残暑お見舞い申し上げます。暑いですネ。もう昼間は暑くてとても乗れませんが、先日はこの写真のような涼しい瀑布で流しそうめんを食べてきました。(写真:N彦さん)

ここは、富山・石川県境に程近いその名も「大滝」。この大滝に限らず、両県境には暑さをしのげる自転車にピッタリのコースが数多くあるのでこの際まとめて紹介しましょう。

オススメは3桁県道。なぜなら、優先して整備が進められてきた2桁県道は、道幅が広くなっていて、真夏の日差しに容赦なくさらされるから。だが、県境を貫く県道の多くは3桁で、地図で探せば結構な数がある。左の地図の県道214は小矢部のR359交差点末友からのスタートがオススメ。というのも富山側は道幅が狭く鬱蒼とした木々が道を覆っていて、この道に沿って流れる清流も涼やかなんです。

中能登町(旧鹿島町)小竹からの県道325は、逆に石川側スタートがオススメ。森の中をうねうねヒルクライムできて、片や下りの富山側は見通しの良い高速ダウンヒルコースだ。これは、先ほど紹介した県道214も同様である。

また、県境を越えるだけでなく縦走するコースも結構涼しい。去年、医王・宝達縦走ライドで利用した津幡の林道群(ルート再生できます)は興津峠から天田峠まで木立の中を縦走可能。また、R359県境の東原からの水元林道も県道27の県境付近へ上り基調の涼しいライドが可能だ。

さて、冒頭で紹介した大滝にアプローチする県道206は上りの涼しさは余り感じられず、むしろこの旧道と言える並行して走る県道76のほうがまだ涼しげ。富山側には走り応えのある稲葉山や派手さはないけど宮島峡の渓流美も涼しい気分にさせてくれる。大滝は暑い日であったせいで多くの休み中の親子連れで盛況であった。やはりお昼をはずして早朝からガンガン県境三昧して、開店の10:00ごろに補給と朝食をかねてそうめん、岩魚にありつくのが良いのかもしれませんね。

富山・石川県境に限らず、かつての国境である県境には独特の雰囲気があって、自転車で走るのは非常に楽しい。自転車で行き来するのも往時の旅人の気分を味わえるからなのかもしれない。


|

« 古城グリーンロードレース | トップページ | ねこと自転車 »

トレーニングコース情報」カテゴリの記事

コメント

 大滝は良い所ですよね。うちも毎年(流しそうめんを食いに)出かけています。

 自転車でも、富山側に抜けるルートで一度走ったことがありますが、自転車も時折見かけますね。

 この辺だと、河合谷から高津線の激坂経由で宝達山行きもお勧め。

投稿: Uribouz | 2006.08.12 21:33

Uribouzさん、コメントありがとうございます。高津線はご無沙汰です。どうもあの激坂は毎度自分の脚力を見せつけられるようで敬遠勝ちになりますね。でも、今年は乗鞍に向け刺激も必要ですから、近々菩提寺とセットで苦しんできます。:-)

投稿: matta | 2006.08.13 10:16

おひさでふ~。

県道76の某トンネルには、一時、カエルのホルマリン漬けが展示?されてましたよ… 大滝の道路は、ダム建設の時にできました。高校時代は一部砂利でしたよ。あぁ~、懐かしい。。。

大滝の流しそうめん、、、美味いすね~。
自分は、流さず!で注文してます。
焼きイワナも美味しいのですが、是非、焼き椎茸を食べてみて下さい。ビールが進むx2。プハァ~ですよん。

投稿: ばった | 2006.08.13 22:33

ばったさん、毎度どうも!
>流さず!で注文してます。
そちらのほうが早かったかもしれませんね。流しのほうは、かなりの待ち行列が発生していて、ありつくのに時間がかかりました。もちろん焼しいたけも頂きましたよ。ご一緒したお仲間とアイスやビールを売り歩けば収益上がるのにとも話していました。

直江津発の件ですが、できるだけ朝に距離を稼ぎたいのでご一緒するのはムツカシイですね~。残念!また能登の古道探索しましょう。

投稿: matta | 2006.08.14 15:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/11359751

この記事へのトラックバック一覧です: 県境ライド:

« 古城グリーンロードレース | トップページ | ねこと自転車 »