« 冬期向け山地コース | トップページ | 楽しむ »

2006.03.05

廃鉄跡

060305RAILRUIN今日は「金沢平野一周ライド」とひとりで勝手に銘打って、金沢平野をグルッと時計回りしてきた。金沢市内で多少のアップダウンがあるものの、鶴来からはベタ平地。寺井、小松を経て海岸沿いを北上。鶴来、寺井同様みな地名としては、合併により各自治体ともなくなってしまったが、根上、美川、松任そして金沢市に入って、金石を経て内灘、河北潟をまわる走りやすいコースだ。片側に海や山が迫っていると都合が良いことが多い。

そんな中、新たな発見があった。もちろん私の無知が成せるわざであるが、以前から気になっていた鶴来(現白山市)から寺井(現能美市)にいたる桜並木が、廃鉄跡であったことである。(写真は、ウチに有った30年ほど前の地図、左右に走っているのが今は亡き北陸鉄道・能美線。こちらは現在のようす)

この桜並木は、「ヘルシーロード」と命名されたジョギングコースに沿ってほぼ全線延々15kmに渡って道に寄り添うように植えられている。自転車に乗るようになってから桜の時期には、2年に一度ほど近くを通りかかり、桜の描く見事な直線にどこまで続くんであろうか?と気になっていた。

今日は、南から吹く向かい風が冷たく辛くて、まだ芽も固いが桜の木を眺めていれば少しは気が紛れるであろうと、この桜並木をストーキングしたわけである。初めは用水に沿っていたので、護岸のためであろうかとも思ったが、時々田園地帯に点在する集落を貫くことがある。その際にはしっかり幅が取られていて、しだいにこれは「廃鉄跡」であることが、富山石川の自転車道を走ってきた経験から直感できた。

といっても、よく知っている「自転車道」とは少々趣が異なる。まず、林立するような「止まれ」の標識が無い。通常は自転車道と言っても、車道と交差する場合は車道が優先。自転車が止まらなくてはならない。このヘルシーロードも良く見ると、控えめに停止線と止まれが描かれているのだが、目障りじゃない。変わりに注意を喚起するものとして、バレーボールのような白い置石がおしゃれに配置されている。これは微妙な大きさで、車の進入も拒んでいるようだ。

ココを見てしまうと普通の「自転車道」のおびただしい数の大きい標識や車止めが、つくづく異常に思える。調べてはいないが、某省所管の「自転車道」にはしっかりした決め事があって、それを満たす必要があるためあの目障り、もといわかりやすい標識や車止めが必要なのではなかろうか。もちろん、子どもなど注意が足らない人々に「危ない」と訴える必要性もあってと思われるが。

ところで、この旧能美線の「ヘルシーロード」は名前のとおり自転車道ではない。旧辰口町側には「車両通行止め」と小さな標識が出ている。でも、旧寺井町にはいるとその標識は消え、コースの案内板には自転車のイラストが描かれていたりする。まあ、田舎の田園地帯だし、堅苦しく考えずのんびり桜をたのしむポタリングぐらいは許してもらえるのではあるまいか。まだ少々早いが、「春の心はのどけから まし」である。

参考資料:大規模自転車道,北陸鉄道能美線

|

« 冬期向け山地コース | トップページ | 楽しむ »

自転車コラム」カテゴリの記事

コメント

能美線に反応しちゃいました。mattaさん、うちの近所を通られたんですね。沿線住民です。
確か高校3年の時に廃線になりました。最終電車は大賑わいでしたよ。
写真を撮りに行ったのが、ついこの前の様な気もするんですが(^_^;)
またお花見に来て下さい。

能登ライド200、行きたいんですが羽咋6時集合に自信がありません(*_*)

投稿: オモテ | 2006.03.06 18:30

オモテさん、コメントありがとうございました。ご近所だったんですね。それは失礼しました。今回改めて、サイクリストにはいい環境だと思いました。強いサイクリストが出てくるわけです。能登ライド、前日は早めに寝て、是非お越しくださいませ!

投稿: matta | 2006.03.07 21:12

tyokuさんのブログで、この道のことを知ったのですが、さらに突っ込んだ内容ですね。
おもしろいものですね。ちょっとしたことで
ただの道が、とても興味深いものに変わってしまう。
これは絶対走りに行こう~っと!

オモテさん、たまに3時起きもいいもんですよ。
待ってマース!  

投稿: konちゃん | 2006.03.10 19:34

桜の季節は、あの並木道は見ごたえがありそうです。
能美線の廃線跡については、下記の本に歴史も含めて
書かれていたのをふと思い出しました。
天狗橋の横の大きなコンクリートの塊りは、能美線の鉄橋の橋脚の跡だったんですね。

新潮文庫 「地図を探偵する」 今尾恵介

桜満開の下、走ってみたいですね。

投稿: john | 2006.03.10 19:55

◆konちゃん、桜もいいですが、やはり電車が走ってて欲しかった。七尾線は大事にしましょうね。tyokuさんのブログ上がってこないなと思ってたら、引越しされてました。気がつかなかった。(汗)

◆johnさん、面白そうな本のご紹介ありがとうございます。この古い地図もなんだか持ってて得したような気分になってきました。

投稿: matta | 2006.03.10 23:21

能美線の廃線跡に付いては皆さんが書いているので省略します。
私も天狗橋から先端大へ行くときは殆ど通ります。(単に車道を避けているのですが)
昨年通った時は丁度桜満開の時、こんな時ゆっくりと自転車で走っていると「楽しいな」と感じましたね。

廃線の思い出は年寄りには沢山あります。
金沢市内電車、それより昔、私の子供の時には松任と金沢を結ぶ松金線、香林坊が終点で、野町駅、泉、三馬を通っていっていました。(私の家は泉でしたので)

石川線は今のキャニオンロード終点、瀬女の手前、白山下まで電車に乗り、白峰行きのバスに乗り換えての白山登山。

思い出させてくれて有り難う。

投稿: くろゆり | 2006.03.17 22:30

くろゆりさん、コメントありがとうございます。「松金線」なんてあったのですね。わたしも小さい頃は金沢市内に住んでおりまして、おぼろげながら路面電車にのってあちこち連れて行ってもらったことを覚えています。

モータリゼーションのもたらしてくれた恩恵は計り知れませんが、バスも含めて路面電車など公共交通機関の情緒的道徳的な教育効果も少なくは無かったのではといまさらながら感じています。

投稿: matta | 2006.03.18 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/8956630

この記事へのトラックバック一覧です: 廃鉄跡:

« 冬期向け山地コース | トップページ | 楽しむ »