« 廃鉄跡 | トップページ | 能登ライド200(planning) »

2006.03.12

楽しむ

いささか旧聞に属するが、わが国日本にとっては、結局不調に終わった先月のトリノオリンピック。その開催中に日本選手団が異口同音に「五輪を楽しみます!」と口にしていたことが今でも耳に残っている。もちろん、「ランラン楽しいなー♪」という楽しみ方ではなかったはずである。

50kmのアップダウンの激しいコースを走ったクロスカントリーの選手は、ゴールした後雪に突っ伏していたし、荒川静香選手が金メダルを取ったフィギュアスケートだって、4分間に及ぶ演技は技術だけではないスタミナに直結する激しいエクササイズだ。実は、昨日は金沢のONE/WDさんの練習会に参加させてもらって、ハーハーゼェーゼェー久しぶりに足が吊るまで追い込んだトレーニングをした。

最後の県境の峠をあえぎながら上っていて、当の日本のトップアスリートたちはほんとに「楽しんだ」のか!?想いを致すことになったのだ。

中学生の頃、所属していた陸上部の顧問の先生から「練習で泣いて、試合で笑え」とよく言われた。泣くまでは練習したことは無かったが、炎天下、今から思えば脱水症状寸前であったのだろう、意識朦朧となることは何度かあった。練習が嫌で嫌でたまらなかった。

無論、試合の結果は下のほうで、当然笑うことは無かった。優勝したり表彰台に乗ったりすればさぞ楽しかったことであろう。ところが今では、自転車レースなどにお金まで払って、これまたハーハーゼェーゼェー苦しい展開にわざわざ身を置く。正直その真っ只中は「楽しい」なんてとてもいえない。これは私がパッとしないホビーレーサだからではなく、トップレーサだってそうではないだろうか?

でも、一旦レースが終わり、疲労した肢体を投げ出して休んでいる時や、その翌日は走ったコースの地図など眺めながら「楽しかった」なと反芻している自分に気がつく。これは仕事でも近いことがいえると思う。時々、クライアントから「mattaさんは仕事が楽しそうですね。」などといわれることがある。

もちろん、楽しめる仕事もあるにはあるが、真っ暗な洞窟に迷い込んだような局面になることもしばしばだ。そんなときは、苦しくて投げ出したくなる。楽しいなんてとても思えないし、「楽しそうですね」なんていう人をオメデタイ人だと逆に恨めしくも思ったりする。しかし、無い知恵を搾り出し、周りから応援してもらってようやく苦しい局面も打開することができるのである。

そして、一段落してクライアントが喜ぶ姿を見た時に、楽しかったとは思えないが、やってよかったと幸せを感じる。「楽しむ」を単純に英訳すれば"enjoy"だ。手元のロングマンの英英辞典には"to have something good such as success or particular ability or advantage"とあるが、むしろこの英語に近い。一方、学研の国語大辞典の「楽しむ」にはこれに近い意味は見当たらない。むしろ、享楽という意味合いが先にたつ。

もとのオリンピックの選手に話を戻すが、外国人選手が「エンジョイしてね!」とメディアや直接言うのを耳にしてこのように口に出すようになったのではないだろうか?まあ、昔の日の丸背負って悲壮感漂う日本選手もどうかと思うが、競技を"easy"にではなく、"enjoy"して欲しいものである。と自分にも言い聞かせていることではあるのだが。

|

« 廃鉄跡 | トップページ | 能登ライド200(planning) »

トレーニング考」カテゴリの記事

コメント

ド素人の楽しみ方。私はリタイアしてから自分のしたかった事を楽しんでいます。自転車は最後に見つけた楽しみです。昔から人と争うのは苦手でした。だから専ら個人で出来るものを選んでいました。

ところで私の場合、自転車で走っていて時間制限のないやつが一番楽しいです。夕方までに自宅に着ければ良いな、と言う程度です。

これは心に余裕があると楽しめる面もありますね。昨年のツールド能登3日目コースを走っていたとき、このペースで走れば時間内に完走できる、と思った途端に、周囲の風景が目に入るようになり、楽しくゴールできた事を思い出します。一日目はまあまあでしたが、楽しむ一歩くらい手前だったでしょうか。さて二日目は楽しむより、矢張り苦しむでしょうが、生涯の夢、目標達成と言う意味では後になってから感動、思い出となるのじゃないかと思い、今から練習に励みたいと思っています。

楽しむのはあとから、思い出してから、
心に余裕ができた時、そんな気がしています。

投稿: くろゆり | 2006.03.13 15:17

くろゆりさん、含蓄のあるコメントありがとうございます。

>楽しむのはあとから、思い出してから、
>心に余裕ができた時、そんな気がしています。

考えてみればそうですよね。ひとつ物事に打ち込んでいるときは精神的にも肉体的にも余裕が無いわけで、楽しそうになんかにしていたら傍目からはまじめにやってんのか!?って思っちゃいますもんね。

「楽しむ」のは後のお楽しみに取っておいて、仕事だって趣味だってやる時はなりふり構わずやる。限界はありますが苦しくても投げ出さない。それが大事だと思いますし、結局それが「好き」なんでしょうね。辛くても好きだから仕事だって自転車だって続けられるのだと思います。そして、「楽しむ」至福のときがやがてやってくればもう言うことはありませんね。

投稿: matta | 2006.03.14 00:01

「楽しむ」は良いことですよね。
私もよさこいで、大会前なんかは、かなりハードな練習になります。何が楽しくてこんな事してんだろう?ってまじで自問自答することあります。
でも、すべて、本番で楽しむためなんですよね。踊り終った後の爽快感。結果が残せたときの達成感!
今年は、是非、見に来て下さいね!
石川各地でやってますんで。

投稿: miyu | 2006.03.16 22:59

miyuさん、コメントありがとうございます。たしかに、せっかく踊っているのに苦しそうな顔はできませんよね。自転車レースの場合は実はその逆で、苦しそうな顔をしてライバルを風除けにして体力温存、ゴール直前で本性あらわしてスピードアップなんて戦術があります。

よさこいはまだ本格的なものは見たことがありませんので、miyuさんの舞を楽しみにしています。

投稿: matta | 2006.03.17 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/9055345

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しむ:

» 自転車を買ったから日曜はサイクリングを楽しめる [趣味輪々ブログ]
自動車を買ったから日曜はドライブを楽しめる As I have bought a... [続きを読む]

受信: 2006.03.12 22:39

« 廃鉄跡 | トップページ | 能登ライド200(planning) »