« 雪道ライド | トップページ | 廃鉄跡 »

2006.02.19

冬期向け山地コース

県境今日は、新機体の本格的試走とロングを走りたい!欲求充足も兼ねて100kmほど走ってきました。

今回投入したのは、最新鋭の軽量カーボンバイク。フレームだけでたった1kgしかありませんので、総重量でも7Kg台中盤におさまりました。こうなってくると、軽いであろう上りの乗り心地を試したくなるのも人情というもの。

しかし、当地北陸は平地こそ雪がなくなったとは言え、ちょっと山の方へ行くと通行止め。通れる道にも路肩にはうずたかく雪が積もってます。一方、県境を貫く8号線など幹線国道はびゅんびゅん大型車が走っていてとても走れたもんではありません。そこで、この時期オススメの走って楽しい金沢周辺の冬期向け山地コースを紹介しましょう。

(リンク先の地図は、IE6などAjaxに対応したブラウザ以外ではうまく表示されないと思います。)

主なルート:金沢-津幡-かほく-宝達志水-(R471)-小矢部-(K42)-福光-(K27)-金沢

金沢から宝達志水町までは、旧道を走りましょう。そして、オススメの国道471号線へ。この国道は富山を縦断し、長野の平湯温泉まで延々と続くのですが、今回は小矢部まで走ります。適度なアップダウンで交通量も少なく、知り合いのサイクリストも良くトレーニングに使っています。津幡町にはいったところには、水場も有って夏場ならまさにオアシス。小矢部までの山地コースは両側は雪に覆われ、融水が道を覆っている個所も多々有ります。凍結防止に融雪剤がしこたま巻かれているので、泥よけを準備したほうが良いでしょうね。

小矢部からは、県道42。こちらは平地ですが休日はほとんど車も走っていません。そして、福光からは県道27で金沢へ。医王トンネルまではまずますのペースでしたが、田島からの激坂は軽量バイクでもきつかった~。(^^;)半日、約4時間で冬場でも楽しめるコース、是非お試しあれ。(ニューバイクのロードテストレポートは、もうちょっと乗ってからにします。お楽しみに!)

|

« 雪道ライド | トップページ | 廃鉄跡 »

トレーニングコース情報」カテゴリの記事

コメント

こんにちは お勧めのコース、よさそうですね。日陰では寒くありませんでしたか?
それにしてもニューマシン!!レポ楽しみにしています!!

投稿: john | 2006.02.19 21:37

東京なので「融水」というもの自体、見る機会が無いのですが、この時期のルート選びは難しそうですね。
それにしても、「軽量」「カーボン」「ニューバイク」の文字が気になってしまいます。

投稿: Go-T | 2006.02.20 14:31

◆johnさん
R471、K27ともしっかり除雪され、なおかつ交通量が少ない県境越えのコース。金沢のサイクリストなら、みなご存知なんですがこの時期は誰もいませんでした。(笑)とくに福光あたりは雪が多くてまだまだ春近からじといった風情です。

◆Go-Tさん
ただの水ならよいのですが、塩分たっぷりなので洗車が欠かせません。でもお陰で凍ることがなくて、山地ライドも楽しめるのですがね。また、改めて紹介しますが上りは随分改善されたように思えます。でも、これまで乗っていたクロモリの良さも再認識したりしています。一挙両得とはいかないもんですね。

投稿: matta | 2006.02.20 17:45

こんにちは。

いろいろなところでニューバイク投入の記事を見ると自分のでなくてもわくわくします。
何を選ばれたのか気になります。

投稿: ueno | 2006.02.21 08:59

やったー!ついにNEWバイクですね。乗り心地いいんじゃないですかぁ。早速上りを攻めるところがすごいです。見習わなきゃ。さて能登ライド200も一ヶ月ほどになりました。そろそろ計画始めますか。

投稿: phantom | 2006.02.21 10:12

NEWバイク、シェイクダウンおめ。モチベーションもあがりますね。スプリングのようなクロモリとは違って、あまりしならないダンパーのような衝撃吸収性もいいでしょう。それぞれよいですよね。私もnewバイクが待ち遠しいです。

ところで471経由のコースはもう走れるんですね。(喜)
今週末にはロングにいってみたいものです。

能登ライドも楽しみにしています。

投稿: コナ | 2006.02.21 16:22

◆uenoさん、最後までいろいろ悩みましたよ~。クロモリも捨てがたい存在でした。まあ、あと2年ほどは競技志向のつもりですし。かといってロングもやりたいしで選びましたー。

◆phantomさん、金沢のヒルクラキングの背中を少しでも長く見たくもあり、これにしました。とりあえず「能登ライド200」のたたき台作りました。どんなもんでしょ?当日はみせっこしましょうね。(笑)

◆コナさん、
>スプリングのようなクロモリとは違って、あまりしならない
>ダンパーのような衝撃吸収性もいいでしょう。
そうそうそのとおりです。よくぞ表現してくださいました。カレラのリユースも考え出していたところです。はぁ~(笑)
能登ライド晴れるといいですね!

投稿: matta | 2006.02.21 21:08

mattaさん、1㎏のフレームとは自転車も
凄い物ですね。
写真の世界もトライポッドはカーボンが主流
に成ってきました。
軽くて強じんなのがカーボンですね。
それにしても、鍛えてますね。

投稿: furu | 2006.02.23 20:42

furuさん、コメントありがとうございます。そうなんです。フレームだけ持ったときにはびっくりしました。自転車のフレームは東レさんの"トレカ"が主流だったようですが、私のものは三菱レーヨンさんのものだという噂です。これも、手に入りやすくなった理由なのかもしれません。人間が持ち歩くものなら軽さは正義ですから、用途にも寄りますがあらゆる物のカーボン化は免れないのかもしれません。

投稿: matta | 2006.02.23 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/8739550

この記事へのトラックバック一覧です: 冬期向け山地コース:

« 雪道ライド | トップページ | 廃鉄跡 »