« 自転車王子? | トップページ | 雪道ライド »

2006.01.16

白山スーパー林道の自転車開放

forestry_road京都の学生さんが標題のような運動を始めた。2輪通行止めの白山スーパー林道を自転車に解放させようというのである。毎年、ゴールデンウイークが終わった頃から、カーラジオの道路交通情報で「最近お問い合わせの多い、白山スーパー林道の開通時期ですが、6月上旬を予定しています。」の甲高い声が聞かれるようになる。そのたびに、自転車で走れたらたのしいだろうな~と思い、うだるような真夏には、涼しさを求めるあまり自転車に乗って名所「ふくべの大滝」のしぶきを浴びる、そんな白昼夢を見ることもあった。

以前、ある人から「早朝なら楽勝ですよ。」などとチャレンジャーな発言を耳にしたことがあるが、さすがにいい年して、新聞沙汰になるのは年老いた父母を嘆かせることになるし、まあ、この夢は夢想(ゆめ)として心の奥にしまっておいたのである。(写真はこの林道からの眺望。もちろん車で行きました。)

学生さんらしいこの運動は、自転車乗りとしては共感できるし、応援したい。もちろん、実現すれば私たち白山スーパー林道お膝元のサイクリストにとっては白川郷へ気軽に日帰り往復できるまさに「スーパー」ルートができあがるのであるからして嬉しいことこの上ない。是非是非と叫びたいぐらいである。しかし、実現可能性はどうであろう?

2輪車通行止め(オートバイも含めて)、歩行者規制の理由は、上記のサイトに寄れば以下のとおり。

○二輪車・原付・軽車両の規制
 急カーブ急勾配が多く、これらの車両での通行が危険なため、公安委員会によって通行が禁止されている。

○歩行者の規制
 林道の構造上歩道と車道の区別がなく、急カーブ急勾配が連続しているため、車両とのミスマッチングによる事故を防止するために、歩行者の通行が禁止されている。


いろいろ突込みどころはあるが、やはり多額の工事費用をかけたこの林道の上得意は「自家用車」。たった30数キロを通り抜けるだけで3000円あまりの料金を徴収できる。毎年林道開通に多額の費用が、除雪や道路整備にかかることは、今年の平地でも半端じゃない積雪量からも想像に難くない。これまで9人の人命も道路工事のために失われたというし、償還もまだまだ先のことであろう。

毎年、10月の紅葉時期の休日にはこの林道は大渋滞をして、駐車場に車を入れることさえままならない。そんな中えっちらおっちら自転車が上りで蛇行しようものなら、更なる渋滞を引き起こすと公社側が懸念するのも仕方あるまい。

このように公社側の事情ばかりうかがい知れてしまうのは、哀しいおじさんの性(さが)でなんであろう。しかし、繁忙期以外の事情はどうか?交通量が少ない時期なら、いくらかでもサイクリストからの料金収入も足しになるであろう。そういえば、お盆休みにスーパー林道へドライブしたという話は聞かない。この時期なら夏休みの学生さんや自転車好きが集まってきて日銭が入ってくる。また、ヒルクライムレースなどぶち上げれば、地元白山麓の観光の夏の起爆剤になるかもしれない。

夏場限定でも、一向にかまわないではないか?混雑する紅葉時期は自転車では寒い。下りなど凍りつきそうになるであろう。一気に、2輪解放は難しいと思う。でも何かをきっかけにすれば道はひらかれるのではなかろうか。この林道に車と自転車が共存できる日がやって来ることも、そう遠く無いのかもしれない。

|

« 自転車王子? | トップページ | 雪道ライド »

自転車社会学」カテゴリの記事

コメント

本日、ローマンで集めて参りました署名を京都の学生さんに発送いたしました。頂いた署名総数は67件、誠にありがとうございました。皆様からお預かりした大切なお気持ちですので、厳封し書留で処理させて頂きました。

代表の方からのメールによると、3月中旬に署名提出を予定されているとのこと。「開放」にはまだまだ道のりはありそうですが、この運動が良いきっかけになってくれることを期待し、暖かく見守ろうではありませんか。

お礼を兼ねて、ご報告申し上げます。

投稿: matta | 2006.02.27 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/8151089

この記事へのトラックバック一覧です: 白山スーパー林道の自転車開放:

» 白山スーパー林道の自転車開放 [趣味輪々ブログ]
mattaさんのページに魅力的な記事を見つけた。白山スーパー林道の自転車開放を願... [続きを読む]

受信: 2006.01.26 23:39

« 自転車王子? | トップページ | 雪道ライド »