« シクロクロス富山2005 第3戦 | トップページ | 自転車本 »

2005.12.04

It's a kind of MAGIC !

051206CROSS夜通し降っていた雨も、富山平野に出た頃にはすっかり上がり朝日も差してきた。幾重にも重なる立山連峰の稜線がしだいにハッキリしてきてなんともいえぬ風情に見とれていると、会場へ向かう8号線の右折箇所を見逃してしまった。予報を良い方向へ裏切ったまさに「奇蹟のような」晴れ!カーステレオでフレディマーキュリーも歌ってる"It's a kind of MAGIC !"

今日はシクロクロス富山2005 最終第4戦。場所は前回と同じく富山市常願寺川河川敷だ。コースは前回とは逆周回。しかし、これがまったく別のコースのように感じるからまた不思議。河川敷のバックストレートのダートは上流方向へ向かう。前回は下っていたからスピードが出て、妙な勘違いをしていたのだが、これは私だけではなかったようだ。(笑)そしてホームストレートを終えると壁のような堤防をよじ登り、下るテクニカルなコースも今回追加された。

■準備


9:00試走開始。前回は試走のし過ぎで泥まみれの反省もあって、1周しかもぬかるみセクションはパスして、今回の目玉、よじ登りセクションへ。壁のような常願寺川の堤防を駆け上がるのだ。今日もたっちさんにアドバイスいただいた。上級者はいきなり堤防上部まで登りきれるかテストを繰り返している。私は、見るなりあきらめて担いで上がることを決め込んでいたのだが、たっちさんからギアを落しきらずにスピード保持して、上りのできるだけ上部へ駆け上がり、タイミングよく足を付いて押してあがるとのメソッドを頂戴した。

早速、何度かトライしてスピードは別にして形になったところで、今度は逆に堤防を駆け下りるセクションへ。これは恐い。何人かテストされている様子を見ていると、腰をサドルから上げ、後方へ体重移動させていることがわかった。慣れるとなんでもなくクリアできる。あとは前回同様シングルトラック、碁石のように漬物石大の石が埋め込まれた箇所を注意することにして、堤防1往復をアップして試走は終了。

■経過


スタート10:00の10分前、今回はずうずうしく3列目に待機した。harimanさんが最前列にいて、周りから野次が飛ぶ。隣のブライドラーのKOBAMTBの方(確か前回私とバトルを演じた方?)とおしゃべり、いつのまにかすぐ後ろにいる海苔ピーさんに軽口を叩いているうちにスタート30秒前。受付したのに召集チェックを受けていない方が、ひょうひょうと堤防をこちらに向かっている。みんなで「いそげ~!」と声を掛ける。後方へ滑り込みセーフでバンと号砲が鳴った。

応援してもらいながら例のよじ登りセクションクリア。シングルトラックも今回は遅いながらもスタックなし。仮想ライバルにハラダさんを設定していたのだが、ホームストレートを過ぎ、シングルトラックに入ったところで背中も見えない。

バックストレートに入ったところで、やはり上流へ向かうのぼりなんだと実感。先頭集団はもう河川敷の立ち木の向こうに消えてしまっている。ホームへ転回するぬかるみセクションは、前回にも増して泥田の様。しかし、23Tでクリアできた。1周めでトラブルのバラさんが軽く私をかわしていく。一旦、かわされたN彦さんが下がってしまった。パンクだったそうだ。

私はKOBAのMTBの方と特にトラブルもなく、抜きつ抜かれつを繰り返す。ただ、護岸のコンクリート舗装へ向かうエッジのきつい段差でバキッと妙な音がするのが気持ち悪い。3barでは足りない?バックストレートのフラットダートはクロス車の得意とするところと思っていたが、何度もここでかわされた。逆にぬかるみセクションはMTB優位と思い込んでいたが、どうもその逆の様だ。

051206CROSS_2もうスタミナつきかけた30分、4周回でレースを終えた。先行されていた件のKOBAのMTBの方は何とか最後でかわせた。1位のパワーキックの方と2位のハラダさんがぶっちぎりで昇格を決めた。やはり地足が違う。今冬鍛えなおして、また来年。

051206CROSS_3

■反省


#前回よりは多少順位は良さそうだが、逆に上位との圧倒的な力の違いを見せ付けられた気がする。もう地道なスタミナ強化しかない。
#空気圧は3barで足りない?何度も妙な音がした。とはいっても、先日試した2.7気圧の走りごごちは忘れられない。やっぱチューブラか?
#やはり試走は重要。先輩の助言を仰ぎ、臆せずトライしてみよう。ただダートのライン取り全然ダメ。ピット付近のパイロンに何度もぶつかりそうになった。

うららかな春のような陽気のなか、C1,2の応援。例のよじ登りセクションを皆、脱兎のごとく駆け上がる(WMVファイル:8MB)。手に汗握るC1のトップ争いを、johnさんが驚異の追い上げで制したのを見届けて会場を後にした。洗車や洗濯は大変だけど、楽しくアットホームな富山クロスは最高。青空の下、雪を頂く稲葉山。秋の名残のすそ模様のように紅葉が残っていた。

|

« シクロクロス富山2005 第3戦 | トップページ | 自転車本 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

天気に恵まれてよかったですね。一年の締めくくりがとても楽しい一日でした・・・・・ん?関西も長野もまだやってるって?締めくくりはまだ早い?

投稿: ハラダ | 2005.12.05 01:07

ハラダさん、お疲れ様でした。そして、昇格おめでとうございます。是非一緒に遠征しましょう!といいたいところですが、私はまだまだ実力不足。この冬はこもって修行したいと思っています。(笑)今年は、ハラダさんのお陰でバンクにボート、そしてシクロクロスと楽しいシーズンになりました。まだ早いですが、来年もよろしくお願いします。

投稿: matta | 2005.12.05 18:51

相変わらず早いですね!レースレポ!
そうそうそう、うんうんうん、
ほぉ~~~と言いながら読みましたよ(笑)

今回参加して、やっぱりハマってしまいました。。。
晴れた日は森林公園で練習して
冬はハムスターに変身です!
がんばるじょ~!


投稿: konちゃん | 2005.12.05 21:52

応援ありがとうございました。レポも楽しく拝読しました。
段差のバキッはハンドル周りではないですか?私の場合同じ場所で同様の現象で、ステムとハンドルが緩んでいたことがありました。

投稿: john | 2005.12.06 00:02

◆konちゃん
お疲れ様でした。オフトレがんばってやりまっしょう!私は、日曜は森林公園、夜は町内ランニングするようにしています。どうしてもローラとか筋トレが苦手でいけません。もし時間が合えばごいっしょしませんか?
◆johnさん
優勝おめでとうございます。最後のバトルはエキサイティングでした。抜き去る直前のコンクリート段差を減速されずにワイルドに突っ込まれる様は、ご挨拶した時のソフトなお人柄からはうかがい知れませんでした。(^^;)異音の件、なるほど上のほうなんですねチェックしてみます。でも、もうしっかり洗車してホイールもはずされ吊るされています。もっと、乗りたいのですが後片付けを考えると逡巡してしまいます。

来週の全日本、ご健闘を祈っています!

投稿: matta | 2005.12.06 20:10

この時期の森林公園は寂しい~というか怖いです。。。
一緒に走ってもらえたら心強いです!
日曜の朝、晴れてたら電話一本で時間合わせますので、ヨロシクお願いしマース!

投稿: konちゃん | 2005.12.07 21:20

konちゃん、了解。天気良くなるといいですね。
午後からスタートのイメージで。
バイパス側鳥居スタートで5kmぐらい走りますか。
また連絡します。

投稿: matta | 2005.12.08 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/7460934

この記事へのトラックバック一覧です: It's a kind of MAGIC !:

» 12月4日(日) [johnの自転車日記]
富山シクロクロス第4戦 常願寺大会に参戦。 金沢出発時は雨が降っていましたが、次第に青空が広がり奇跡的に晴天のシクロクロス日和のもと大会が開催されました。コースは前回と逆回り、堤防上へあがる急坂が作られており、バックストレートの長いダート道が軽く上り勾配に..... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 23:56

« シクロクロス富山2005 第3戦 | トップページ | 自転車本 »