« 間食 | トップページ | It's a kind of MAGIC ! »

2005.11.23

シクロクロス富山2005 第3戦

屏風に描かれた墨絵のように、もう冬の装いの立山連峰がそびえている。頂上部は雲の中だが、この幽玄な景色をバックに、富山市内常願寺川河川敷の運動公園で久々のレース、シクロクロス富山 第3戦を楽しんだ。

シクロクロスのレースは初めて。オフロードのレースは1度、平村のクロスカントリーに出たことがあるだけ。運動神経が鈍い私にとっては落車が一番の懸念材料。でも、今回はまったくの平地で担ぎはほとんど無し。板が立てられているシケイン一箇所とぬかるみセクション、そして護岸目的のコンクリートに埋め込まれている碁石のように並んだ障害物だけに注意すればよい高速コースである。

■準備


8:00前には会場に到着。実行委員の方による設営が行われている最中である。クロス車のセッティング、補給などをして試走に入った。河川敷を細長くシャトルするような周回コース。コースの2/3は走りやすいしまったダート。ぬかるみや水溜りは回避してゆっくり1周。

本日参加のビアンキクロスのベテランharimanさん発見。早速、コースの下見にくっついていってピットなどコース概要、ラインの取り方など教えていただいてまた一周。引き続き、キャノンデールクロスのC1実力者たっちさん発見。またストーカーのようにくっついていって、シケインのクリア、飛び乗りの仕方などレクチャーを頂いた。

飛び乗りは、飛ぶのではなく。モモ内側にサドルを挟み込む感じ。スピードを落さないようにバイクを押しつづけていることも重要。ぎこちないが一応できるようになったところで、同じシクロ初心者konちゃん(でも自転車は大先輩)発見!今聞きかじったことを、「講釈」しながらもう一周。(笑)結局、レースと同じ距離ぐらいを試走してしまった。すでに、バイクは泥がこびりつき、ギアシフトもスムースさを失っている。コレが今日の反省点につながった。

■レース経過


今回気になっていた空気圧のこと。Y田さんやバラさんにも聞いたところ、大体3~3.5気圧。私のタイヤはWO。リムウチの危険性がある。石に注意して少々高めの4気圧近く入れることにした。参加者が、三々五々スタート地点に集まってきた。私が参加するカテゴリー3のエントリーは21人。レディースのクラスも一緒にスタート、海苔ピーさんとおしゃべりしながら、何とか2人昇格できる定員20人が10:00スタートした。

MTB数台を追い抜いて、ハラダさんについていくことを当初の目標とした。しかし、試走中はリア21Tでクリアできたぬかるみセクション。既に泥田のようにこねられた状態。いきなり失速して足をついてしまい、先頭集団含め、ハラダさんの背中も見えなくなった。

バックストレートのダートはクロス車の本領発揮。まだ、エンジンは元気なので前を行くMTB数台を一気に抜き去った!気持ちいい今日最初で最後の快感!!調子に乗って例の「碁石」もクリアしてシングルトラックに入ったところでまたギアを掛け違えてスタックした。お陰で後続が渋滞。申し訳ありません。

2周目からは、息も切れてきて抑えてていくことに。落ち着いてきたせいかスタックもしなくなった。前走者はいない。3周目。先程、ツルがまきついてトラぶったローマンN彦さんと抜きつ抜かれついく。4周回目で、このバイクを組んでもらったお礼をとばかりにバックストレートで「ウォー」と抜き返す。もう、ラストのジャンもなっている。しかし、30分にはまだ時間がある。ココでゴール?お世話くださっているA宕さんの後続接近のアドバイス。もう、ヘロヘロなのでココで終われば正直嬉しいなと気を抜いたところで、N彦さん含む3名に抜かれて、ゴール。Y田さんが優勝、昇格が決まった。

■本日の反省


#ギアが足りない。---ハラダさんでも27Tだそうだ。25Tをつけてくる予定であったが、すっかり抜けていた。
#試走のし過ぎ。---試走でバテてはいないが、周回を重ねるごとに泥がついてバイクが重くなるだけでなく、リアメカのシフトがぎこちなく、歯とびさえ起こしていた。
#最後までねちっこくいけ。---2度のパンクにもめげず、トップにラップされまいとホームストレートでもがくI野キャプテンを見習え。

見物にこられたばったさんとかわいいジュニア君にごあいさつ。一緒にC1C2のレースを観戦。異次元のスピード。1周回をたっちさんがトップで帰ってきた。越前おろしそばのいちのさんのシケイン通過の軽やかなこと。(AVIファイル-3MB)昇格なんてとても無理だが、ハラダさんが言っていた泥が肺に入ってくる位置には到達したいものだ。

|

« 間食 | トップページ | It's a kind of MAGIC ! »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

本日はお疲れさまでした。
腰痛持ちなんで、お先に失礼させてもらいますた。
次回も頑張ってくださいませませ。

http://tinyurl.com/b3knc

投稿: ばった | 2005.11.23 21:47

mattaさん、こんばんは。
琵琶湖の可能性有るんですね。楽しんで来てください。
私はカメラ担いで紅葉撮影の予定です。(自転車は無し)

投稿: ueno | 2005.11.24 18:47

ばったさん
どうも写真、ありがとうございます。洗車大変でした。洗濯も、、、。腰のほう、ご自愛くださいませ。

uenoさん
そうなんです。土曜日を予定しています。9:00前には米原を出発して、グルッと半時計回り。ロードで行くか、クロスのロード仕様でいくか考え中です。天気次第なんですけどね。

投稿: matta | 2005.11.24 20:36

泥が肺に入ってくるってのはちょっと言い過ぎでしたね?言ったかなあ?
でも、のどと鼻の粘膜はやられるみたいです。
一週間ぐらいタンやら鼻水やらに悩まされます。
前の人の泥水浴びない位置で走りたいものです。

投稿: ハラダ | 2005.11.24 20:55

昨日は試走お付き合いありがとうございました。そしてシクロデビューおめでとうー!
マッタさん楽しそうでした。
そして最後ヘロヘロになりながら走る後ろ姿には哀愁が漂ってましたよ(笑)
第4戦、がんばりましょうね!
反省点参考にさせてもらいます。
私もいよいよシクロデビューです(^^)

立山連峰きれいでしたね~
行きの車のラジオからBoyzⅡMenのSO AMAZINGが流れてきたときには、涙が出そうになりました。
第4戦は快晴であってほしいですね。

C1C2のレース、次回は鍋焼きうどん突きながらの観戦ですよ~!異次元のスピード堪能しましょうね。

投稿: konちゃん | 2005.11.24 21:04

mattaさんこんにちは。写真いただきました。ありがとうございました。動画も見せてもらいましたが「自分ってこんなんだ~」とわかって感無量です。最終戦も出場予定なので会場でお会いしましょう~。これからもよろしくです。

投稿: john | 2005.11.24 23:39

mattaさん、johnさん、ハラダさんおつかれさまでした。天気もなんとかもってよかったですね。

ところで空気圧の件ですが、私の場合TUFOのクリンチャーチューブラーで2.5-2.8気圧くらいです。WOでも3気圧前後です。(体重57-58キロ)パンクのリスクは増えますが、あまり入れすぎると跳ねて前に進まなくなってしまうのです。実際走って調整するのが一番です。

投稿: たっち | 2005.11.25 09:10

みなさん、コメントありがとうございます!
◆ハラダさん
お疲れ様でした。結果をみると、随分離されちゃってますね。今になって悔しさがこみ上げてきました。私の追尾装置にはロックオンされましたので、よろしく!エンジンはプロペラですけど。(笑)
◆konちゃん
うどんパーティいきますか!?準備するものあったら言ってくださ~い。カセット式のガスコンロしかないけど、パワー不足でしょうか?冷えないように、ちゃんと着替えてからですね。私はもう面倒なので現地で洗車はしないかも。
◆johnさん
お疲れ様でした。トップカテゴリーの皆さんは、ホント滑るようにシケインをクリアされていました。johnさんのフォームも美しかったですよ。私もかっこよく飛べるように練習したいと思っています。こちらこそよろしくお願いします。
◆たっちさん
お疲れ様でした。飛び乗りのレクチャーのお陰で、うまくできたかは別にして、降乗車の不安がなくなったことは非常に助かりました。まだまだ課題は有りますが、今後ともご指導の程お願いします。空気圧は研究してみます。でも、皆さんの話を聞いているとやっぱチューブラかなと思い始めてもいます。それにしても、カテ1の中で走るたっちさんはかっこよかった!

投稿: matta | 2005.11.25 19:20

すみません!konちゃんは顔と名前が一致していませんでした。よろしく!

次回の常願寺は希望者の方がいらっしゃればクロス基本テクニックの講習をしますよ。考えてみればそういうことがあまり無かったですからね。良かったら9時イメージで。

投稿: たっち | 2005.11.25 22:13

たっちさん、講習参加したいデス。
よろしくお願いします!

これで顔と名前が一致するはず・・・(笑)

投稿: konちゃん | 2005.11.26 12:21

たっちさん、私もよろしくお願いします。シングルトラック時の踏み方や、ダートバンクのラインのとり方、ギアの使い方などお聞きしたいです。

投稿: matta | 2005.11.26 20:27

mattaさん、久しぶりに書き込みします。空気圧ですが、細めのタイヤには5気圧入れてもいいと思います。ビットリアのマスタークロスとティグレ(共に28C)で参戦した98年CWSアーバンシクロクロス開幕戦は1周でパンクのためリタイヤ。原因は空気圧不足によるリム打ちでした。その後はIRCのクロスカントリー(35C)を3気圧設定して走りましたが、一度もパンクはしませんでした。霜が溶けた路面ではVクロス(38C)が良かったのですが、残念なことに製造中止になりました。
レース会場でミシュランのシクロクロススプリント(30C)を使う人が多かったのですが、よくパンクしたのを見かけました。富山クロスは泥んこレースになると思いますのでブロックの山が高いタイヤを選び、28Cクラスなら高めに、35Cクラスは逆に3気圧程に設定するといいでしょう。太いタイヤだとパンクの心配からは開放されますが、クリアランス少ないため泥が詰まり易くなります。ギア比は39X27か32X28で十分です。私は42X23を使い死ね思いをしました。今は前42x32x22T、後ろが12x21Tですが脚力の衰えた足で乗れるやら?

投稿: 常陸のクライマー | 2005.11.28 01:18

常陸のクライマーさん、失礼しました。以前たくさんアドバイスいただいていたのに、大ボケも良いところですね。(汗)私のものはビットリアの32Cのです。先日のレース時には4気圧近く入れて、少々跳ね気味でしたので、今日は思い切って3気圧弱(2.75ぐらいです)でテストしてきました。

しっとりダートの路面に馴染む感じでよかったのですが、エッジのきつい段差などでは、リム打ちやったか!と冷や汗をかくことがありました。体重は62Kgほど有りますので、3気圧ぐらいが妥当なのかもしれませんね。

確かに、富山のコースはマディなので、グリップの効くものが向いているのですね。コンディションに合わせて機材を工夫するのもシクロクロスの醍醐味なんですね。

投稿: matta | 2005.11.28 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/7280486

この記事へのトラックバック一覧です: シクロクロス富山2005 第3戦:

« 間食 | トップページ | It's a kind of MAGIC ! »