« 街道トレースの魅力 | トップページ | ゴールデンタイム »

2005.10.16

CO2ボンベのアダプタ


ゼファールのCO2ボンベのアダプタが、腐食していて使い物にならなかった。たまたま、ポンプを持っていたので事なきを得たが、6月の松本ライドのWESEのポンプのトラブルといい、パンクは少なくなったとは言え想定内の事象とせざるを得ないのが現状であるから、空気入れには高い信頼性が欲しい。

写真左側のものがトラぶったもの。空気通しの穴もふさがっていて光も漏れない。クリップを伸ばしてつんつん突付いてようやく貫通したが、もう恐いので新しいもの購った。ショップの主人に聞くと、ボンベの穴あけの突起も遺滅したこともあるというからおそろしい。

新しいものは、パッキンのような樹脂部分がしっかりしているように見える。だめになった物も、元々こうだったのかも知れぬが、少しは改善されたと期待したい。念のため、早速腐食防止のスプレーオイルを拭きつけた。結局、日々の点検が肝要なんでしょうね。


|

« 街道トレースの魅力 | トップページ | ゴールデンタイム »

自転車ハードウエア」カテゴリの記事

コメント

mattaさん、こんばんは。

CO2ボンベは、何もなかったら便利ですね。(^^;
最近、回ってるサイトでパンクネタが多いです。
私はスペアーチューブに穴が開いててボンベ一本損しました。
先の琵琶湖にはチューブ3本+パッチキット+ポンプ+CO2ボンベ3本持って走ったのですが用意周到だと何事も起きないものですね。

150km弱でしたが、腰は痛し足がムクんでシューズの中で痺れるしで大変でした。
あらためて、mattaさんの白山一周300kmの凄さを実感しました。

投稿: ueno | 2005.10.18 18:36

uenoさん、まいどありがとうございます。
>用意周到だと何事も起きないものですね。
まさしくその通りです。できるだけ軽く走りたいのですが、安心して走るにはそれなりの重量が伴いますね。

琵琶湖は是非行きたいと思っています。こちらに雪が積もるころにいつもたくらんでいるのですが、奥琵琶湖パークウェイに雪が積もったりで毎年断念しています。

今年の紅葉にあわせて行っちゃいましょうかね。決めた!いきます。

投稿: matta | 2005.10.18 20:56

mattaさん、おはようございます。

今度の琵琶湖は来年の春に桜を見ながら走ろうと思ってます。
海津大崎の桜は一見の価値があるとの事です。
10/30の白山ドライブは、リッツクリテを撮りに行くことになり今回はパスします。
新規導入支援戦闘機は「当たり」でした。

投稿: ueno | 2005.10.20 11:19

uenoさん、月食(a lunar eclipse)の翌日の夜に、Eclipseを組むなんて因縁めいていて良いですね!

琵琶湖は桜も楽しめるんですね。リッツも楽しそう。今年も出れませんでしたが、トレーニング積んで、来年は是非出たいと思っています。

投稿: matta | 2005.10.20 22:45

おはようございます。

> 月食(a lunar eclipse)の翌日の夜に、Eclipseを組むなんて
eclipseの意味は全然知りませんでした。
そんな意味が有ったんですね。
辞書で見ると食の他に姿を消すってのも有りますね。
前に書きましたが京都や金沢の街並みに溶け込むって印象そのままですよね。

リッツ
もう歳なんでレースに出る事は無いですが近場である時は撮影で参加です。

投稿: ueno | 2005.10.21 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/6426360

この記事へのトラックバック一覧です: CO2ボンベのアダプタ:

« 街道トレースの魅力 | トップページ | ゴールデンタイム »