« 金沢->松本山岳ライド | トップページ | チェーン »

2005.06.13

野に帰る道

昨日は、梅雨入り間際の歴史の道、「塩硝街道」をMTBで訪ねてきました。金沢から、お隣富山県刀利ダムを経て、ブナオ峠を越えて五箇山へいたる現在の県道54号線とほぼ重なります。「険道マニア」のみなさんからは「開かずの県道」と揶揄され、実際ここ数年は通行止めがなされています。

私も、自転車を始めたころにベテランサイクリストに連れられ、晩秋の塩硝街道を走ったことがあり、その素晴らしい沿道の自然を深く記憶に留めていました。しかし、今回の訪ねたこの道は、道としての生涯を終え、野に帰る最終フェーズに至っていたと報告せざるを得ない状況でした。

塩硝街道の「塩硝」とは火薬のこと。その昔、加賀の前田藩が山深い五箇山で、火薬を作らせ人目の少ないこの道を使って、金沢へ火薬を搬送していたということなのです。

刀利ダムの道路状況表示板には「当分の間通行止め」の文字が。ゲートは開いていましたのでそのまま進みます。何度か鉄パイプで通行止めのブロックされた箇所を受け流しているうちに、写真のような路肩崩落箇所が現れます。近くによって覗き込むと、道路からほぼ並行して流れる小矢部の川面がのぞいています。

しかし、これは序章にしか過ぎず、土石流がどっと流れ込んだ箇所、ひどいところは道自体を押し流してしまった箇所さえあります。ここから先は、ハイカーぐらいしか入った形跡は有りません。道路が川になって久しいらしく、多くの藻が繁茂して沢渡りの様相を呈しているところもあります。また、長らく車両が通ったことが無かったせいか、苔むし、草どころか木の芽のようなものがアスファルトを割って根付いてさえいます。

ピークのブナオ峠はその名の通り、見事なブナの大木が数多く自生しています。おそらく何千年も前から人間が火薬を運ぼうが、自転車や車で走ろうが、おかまいなく泰然とその営みを続けてきたのでしょう。峠近くは、アスファルトの道はまずまず残っていますが、倒木や落石でエンジン付きの車両の行く手を阻んでいます。

率直に言って、復旧はかなり難しい気がします。周辺山地への登山の観光道路としての意味合いも、五箇山からのアプローチが何とか確保できている以上、周辺国道の整備、高速道路の完成もあいまって、多くの費用を要する「街道」として修復する必要性はますます低下。人工的な杉林なども少ないので林道としての整備修復の必要性も無いのでは?あるとしたら、小矢部川上流の治水といった今見直されている「公共事業」に相当する施策が、どう出されるかによるのでしょうか?

そろそろ県道の看板を下ろしてはどうでしょうか?先に述べたように林道としての修復は、あまり必要性も見当たりません。ハイカー達が気持ちの良い汗を流せる道として、野に帰える道。そんな選択肢も十分ありだと思うのは私だけでしょうか?

|

« 金沢->松本山岳ライド | トップページ | チェーン »

自転車コラム」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですブナオ峠。
とは言え、僕は自転車では行ったことが無いのですが…。
復旧しないのかもしれませんね…(寂)

投稿: こぉせぇ | 2005.06.16 19:39

納車お疲れですた。
しかし、ブナオ→天生→安房峠を一日でクリアが凄すぎ。
オラなら高山で一泊しマタァーリしまふ…w

刀利~ブナオ間は、舗装路になり県道に昇格してからは通行止めが多いですね。
しかし、s54年のブナオ峠に関する新聞記事を見ると、「…刀利~西赤尾は車で一時間半で通行できる。所要時間は一時間半。国道156、304が不通の時に利用される。…」
信じられませんね???

そうそう、松本までの距離がカシミール調べと同じだったので驚きますた。恐るべしカシミール!!!
http://bbs1.fc2.com/bbs/img/_10700/10601/full/10601_1114691081.jpg

投稿: ばった | 2005.06.16 20:56

ばったさん、こぉせぇさん、県道スペシャリストのお二人からのコメント。ありがとうございます。

♪こぉせぇさん
えー、通行可の時とは言え、あんな道を車で走ったんですかー?私にはとても恐ろしいです。まだ今の状態で自転車で走ったほうが楽しいかも!?

♪ばったさん
トラぶった時には一瞬、そう考えました。しかし、スケジュール上行くしかなかったんです。(^^;)その新聞記事は興味深いですね。五箇山トンネルも開通していなかったのでしょうか?上にも書きましたが、当時のドライバーはレベルが高かったのでしょうね。

サイコンは持っていきませんでした。ですから、ばったさんに作って頂いたプロフィールマップを、お守り代わりに持って見当つけていたんです。(^o^)/

投稿: matta | 2005.06.17 13:00

>サイコンは持っていきませんでした。…

はっはは、納得!!!
カシミールはフリーソフトなんで問題ないのですが、地図の入手が問題ありなんすよね…
オラは解説本のヤツを使ってます。
よろしければお貸ししますよ。
cd5枚で、1/5万&1/20万地図で全国をカバーしてます。

投稿: ばった | 2005.06.17 21:19

>えー、通行可の時とは言え、あんな道を車で走ったんですかー?

え〜っと、クルマで3,4回とバイク(スクーター)で1回走ってます(爆)

投稿: こぉせぇ | 2005.06.18 18:14

♪ばったさん
ご配慮、感謝します。今回のロングライドでプロフィールマップの威力を思い知りました。等高線だけでは、木を見て森を見ずになりかねません。今後、積極的に遠出を予定していますので、この際導入しようと思います。

♪こぉせぇさん
>クルマで3,4回とバイク(スクーター)で1回走ってます(爆)
行き杉です。(爆)

投稿: matta | 2005.06.18 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/4539527

この記事へのトラックバック一覧です: 野に帰る道:

» 五箇山 [世界遺産の旅]
五箇山五箇山(ごかやま)は富山県の南西端にある南砺市の旧平村、上平村、利賀村を合わせた地域を指す。赤尾谷、上梨谷、下梨谷、小谷、利賀谷の5つの谷からなるので五箇谷間、これが転じ五箇山の地名となった。平家の落人が住み着いたと伝えられている。江戸時代には、加賀藩の流刑地とされ、加賀騒動の大槻伝蔵もこの地...... [続きを読む]

受信: 2005.07.10 09:40

« 金沢->松本山岳ライド | トップページ | チェーン »