« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

島野喜三

bbc_spr今日で6月も終わり。すなわち7月がやってきます。そう、ツール・ド・フランスが始まります。7連覇を果たしてランス・アームストロングが有終の美を飾れるか。彼を破る伝説のチャンピオンが現れるか。見ごたえ十分のツールとなりそうです。

これにあわせてか、日本経済新聞の最終ページ「私の履歴書」に自転車パーツメーカトップのシマノ、島野喜三会長が満を持して明日から登場。アームストロングが駆るロードバイクにもこの"SHIMANO"がついてます。喜三会長は60年代初頭、その英語力を買われて、シマノ三兄弟長兄の容三氏から海外赴任を命ぜられます。
(photo by BBC Sport)

続きを読む "島野喜三"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.26

I can do that?


(Special thanks to leohiroseさん)
今日は、内灘サイクルロードレース。地元も地元。いつもの勝手知ったるトレーニングコース。この日にあわせてピーキングしたつもりなのですが、、、。

結果から申しますと、1周回13km。最終回4周目で足がつってあえなく終了。今年の調子を象徴するような展開のレースと相成りました。まあ、実力なんですけどね。(^^;)内灘サイクルロードレース(ロード;アダルト)、13.3km*4=53.2km

続きを読む "I can do that?"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.06.20

回復のためのストレッチ

1週間前のロングライドのダメージが、なかなか抜けないこの1週間でしたが、今朝はようやくすっきりした目覚めを感じることができました。実は、昨晩は入念にストレッチしたのです。「効く入浴法」も効果あるとは思うのですが、夏場はやはり苦痛です。そんな時、何か良い回復の方法はないかとネットで漁っていると、route_atmさんの記事に行き当たりました。

ゴールデンウィーク明けの『適応期』には、私は自転車に乗る時間を減らして、ストレッチを徹底的にやっていました。筋肉が固くなってしまったところを探して、朝も昼も夜もストレッチ。仕事場でも、空いた時間に椅子に座りながらでも結構できるもんです。

route_atmさんも「適応期」の存在を実感され、ご自分なりにストレッチと言う要素を組み合わされて効果を実感されたご様子。早速、昨晩久しぶりにみっちりやってみました。約15分。そして今日の爽やかな目覚め。気を良くして、またストレッチ。結局、朝錬できず仕舞いでした。

「適応期」の存在を知ったのは、マフェトン理論の信奉者、藤原裕司さんの書籍でした。皮肉なことに、マフェトン理論ではストレッチは筋繊維を傷つけるおそれがあるとしてこれを退けています。私には、何のポリシーもないので効果があればつづけるしか能がありません。

ウォーミングアップとしてのストレッチだけではなく、回復を目的にしたストレッチもしばらく身を入れてやっていこうと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.06.18

チェーン

chainこれはなんでしょう?そう、チェーンです。買ったままでは、余計なグリースのようなものが付着しているので、袋に灯油を入れて揉んでいます。この後、中性洗剤でまたモミモミ、後はすすいで乾かして、取り付けるだけ。(灯油の始末はきちんとしましょうね)

これは、DURA-ACE(一応、シマノでは最高グレード)のものですが、3000円はしません。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思いますが、他のパーツと比べると、随分安い。5000kmが交換の目安と聞いていますが、今回私は10000km近くは使ったと思います。今年のメインレース、内灘サイクルロードを控え交換したのですが、もっと頻繁に換えるべきですね。やはり、よく回る感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

野に帰る道

昨日は、梅雨入り間際の歴史の道、「塩硝街道」をMTBで訪ねてきました。金沢から、お隣富山県刀利ダムを経て、ブナオ峠を越えて五箇山へいたる現在の県道54号線とほぼ重なります。「険道マニア」のみなさんからは「開かずの県道」と揶揄され、実際ここ数年は通行止めがなされています。

私も、自転車を始めたころにベテランサイクリストに連れられ、晩秋の塩硝街道を走ったことがあり、その素晴らしい沿道の自然を深く記憶に留めていました。しかし、今回の訪ねたこの道は、道としての生涯を終え、野に帰る最終フェーズに至っていたと報告せざるを得ない状況でした。

続きを読む "野に帰る道"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.06.12

金沢->松本山岳ライド

NORI_Sunset
2005/6/12日曜日、日没間近の岐阜・長野県境、安房峠。5年近く山サイをともにしてくれた、MTBとのラストライドも大団円を迎え、残すところ松本までのダウンヒルのみ。一通り峠付近の写真など撮り終え、さあ下ろうと思ったところ背後に気配!今まで暗くなる一方だった乗鞍岳が突然の夕照。カーテンコールでどん帳が上がるように夕日が頂上に向けて駆け上がった様に見えました。

早朝に、金沢郊外を出発。「険道」探索、数々のトラブルに見舞われたロングライドでしたが、この見事な自然のアンコールで疲れが一気に吹き飛びました。前方の焼岳も見事な夕照。しばし、見とれておりました。もう誰もいない暗闇迫る峠で、よい大人が雄たけび上げながらMTBで下っていく様は、さぞ滑稽だったことでしょう。

主なルート
-金沢-(r10)-刀利-(r54・ブナオ峠)-白川-(R360・天生峠)-河合-(R41)-古川-(R158・安房峠)-松本

続きを読む "金沢->松本山岳ライド"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.06.09

双頭のライト


今日も昼間は、随分暑くて近所のビアガーデンがオープンしたようです。一方、夜風は心地よく、日もとっぷり暮れた通勤ライドも楽しいものです。夜といえば、ライト。皆さんはどのようなライトをお使いでしょうか?

私は自転車に乗り出してから、ダイナモ起倒レバー付きのサンヨー・ダイナパワー→CATEYEの電池式ハロゲンライト→同じくCATEYEの白色LEDを5つマウントしたOPTI CUBE HL-EL300と渡り歩いて5年。とうとうこの春、また発電式(ダイナモ)のライト、シマノ・LP-M300 を使うことになりました。

続きを読む "双頭のライト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.03

謎の金属片

最近全国各地で見つかっている「謎の金属片」。とうとうわが町でも見つかりました。全国で4000箇所以上見つかったといいますから、十分ありえます。中には車がこすってできた「自然発生的なもの」もあるそうですが、ボルトやねじでしっかり止められたり隙間に差し込まれた「人為的なもの」もあるとの由。

人為的なものなら、この全国的な広がりはなんとしましょう。特定の個人やグループの思い付きやいたずらとは思えません。もし、全国的、組織的に行われたとしたら、目的は何なんでしょう。人を傷つけることが目的なら、相当人間嫌いの反社会的リーダまたはグループと言えます。そして、そうであれば何らかの形で発覚やリークがあっても良いでしょう。悪意で人は動かせません。

続きを読む "謎の金属片"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »