« 回復のためのストレッチ | トップページ | 島野喜三 »

2005.06.26

I can do that?


(Special thanks to leohiroseさん)
今日は、内灘サイクルロードレース。地元も地元。いつもの勝手知ったるトレーニングコース。この日にあわせてピーキングしたつもりなのですが、、、。

結果から申しますと、1周回13km。最終回4周目で足がつってあえなく終了。今年の調子を象徴するような展開のレースと相成りました。まあ、実力なんですけどね。(^^;)内灘サイクルロードレース(ロード;アダルト)、13.3km*4=53.2km

マスドレースは、10:00スタート。チームTTの1周目の応援を終え、軽く農免道路でアップ開始。今年は天気にも恵まれたので、ローラでアップなんてもったいない。気持ち良く、信号の無い直線道でアップします。メディオゾーンで都合15分キープ。しっかり、30分近くはアップしました。

何時に無く、早めに召集場へ。ほぼ先頭近くに位置取ります。チームローマンのA宕さん、キャプテン、きたのさん、ラトータスのF木さんと談笑しながら、スタートを待って。よーい、どん!

クリートを拾い損ねて、見る見る後方へ。「オイオイ!」と声がかかります。何とか持ち直して集団中央に。今年も、課題は積極的に。1周目早々、内灘集落側で約2名がブレークアウェイ。これには反応せざるを得ません。プロトン前方へ取り合えずで出ます。ここで、MS97のコナさんが、バキューんと前へ。少々躊躇はしましたが、私も便乗するべく前へ。しかし、ココからが葛藤の始まり。

何とか、コナさんの後ろについて逃げグループを追走します。ふと、サイコンを見ると53km/h。やば、こんなに出てるの?心拍計もついでに見ると。188bpm!これは、2年前に設定した仮想最大心拍です。後方を確認すると、コーナーに隠れたのか、集団の姿は見えません。追いついたコナさんたち逃げグループまで、約30m。しかし、心理的リミッターがかかったんでしょうか。う~ん、もう差は縮まりません。

見なきゃ良かった。心肺、足とも残っていました。いけるはず。しかし、数値には素直に屈してしまうわが身が哀しいところ。その後、1周目ホームストレート手前で力尽き。プロトンに吸収され、ひらひら走っているうちに、冒頭のような有様に。次のレースは心拍計を目隠しモードでいくべきなのかもしれませんね。でも、攣ったらお仕舞い。これは練習不足とプリンスロードのこばさんに指摘を受けました。(^^;)

BGM:You Can't Do That (The Beatles)

|

« 回復のためのストレッチ | トップページ | 島野喜三 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。内灘サイクルロードレース大会に出場されたとのことで、トラックバックさせていただきました。当日はお疲れ様でした。
こちらにもよければ気軽にのぞきに来て下さい。

投稿: オールスポーツブログ 新井 | 2005.06.30 18:10

わざわざ北陸のレースにまで足を運んでいただきありがとうございました。かっこよく撮ってもらったと、喜んでいる友達もいます。私はポチッとだけでしたが、、、。来年も是非お運びください。

投稿: matta | 2005.07.01 16:21

久しく内灘に行っておりません。
クラブ対抗なるものにでていましたかな。
最終回のゴールスプリントはいつも
大落車大会で救急車が来てました。
そういう私も、鈴鹿で背中ズルむけになりました。
今年は災害がなければ県大会、丸岡の予定です。

投稿: 周三 | 2005.07.03 09:47

周三さん、ご無沙汰しています。今年の内灘は幸いにして救急車の出動は無かったようです。ただ、落車は結構ありました。「背中ズルむけ」きつそう。この時季の怪我はかゆくなったりで往生します。

今も大雨降っています。今年は少なめでお願いしたいですね。

投稿: matta | 2005.07.03 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/4723009

この記事へのトラックバック一覧です: I can do that?:

» 第23回内灘サイクルロードレース大会 [オールスポーツ コミュニティ BLOG -スポログ-]
河北郡内灘町河北潟干拓地周回コース [続きを読む]

受信: 2005.06.30 18:09

« 回復のためのストレッチ | トップページ | 島野喜三 »