« 熊野の郷のロードレース2005 | トップページ | ステージレース準備(2) »

2005.05.04

ステージレース準備

さあ、いよいよ私が所属するチームローマンの初!?のステージレース「2 Days Race in 木祖村」が今月半ばに迫ってきました。今回は、私はサポートで参加。選手がベストを尽くせるよう、サポートでできる限りの事をしたいと思っています。

そこで、ポカミスが無いように前もって、タイムテーブルに従いテクニカルガイドをマークしていくと以下のとおり。慣れないせいか、よくわからないことがたくさんあります。(^^;)

なお、懸案事項は、赤い字で記述、解決、決定次第黒い字に変更します。緑の字は実績。

05.05.14 【1日目】
09:00-10:00 シニアライセンスコントロール、ゼッケン配布

ライセンスコントロール
ライセンス又はJCF登録申請書控えの持参(JCF未登録の選手は身分年齢を証明するもの)
ティームジャージ、レーサーパンツ全種類

備考:これは全選手が上記をもって参加することになるのでしょうか?1pairで良い。matta持参。(参加者:ライセンス持って選手全員)
実績:代表者が選手のライセンスを預かって受け付け。ライセンスのサインを受付で確認。今回はジャージのチェックが無かった。

10:00-10:30 シニアティームマネージャーミーティング
出席 ティームマネージャー1名以上
議題 点呼
予備登録選手との入れ替え
特別規則説明(補給、機材補給、賞典)
レース手順説明
キャラバンバナー配布:各ティーム1台追走車両用バナー配布「黄色」
パーキングバナー配付:駐車用パーキングバナー配付
ボトル:各ティームはティーム名記入のボトル1本貸与下さい。(レース終了後返還いたします。)
テクニカルガイド(修正がある場合)

備考: ボトル一本持参と有りますが、これは何の目的なのでしょう?チーム内で統一ボトルを準備せよとのことなのでしょうか?→周回補給が間に合わない緊急用。また、キャラバンバナーをつける車両は、メカニシャンが搭乗する他チームの車両であることに注意。不正防止?→セクレタリーの見解(参加者:マネージャ)

11:00- シニアステージ1a出走サイン
11:31- シニアステージ1a第一走者出走

個人タイムトライアル 8.5km 1分間隔 140名

各選手出走時刻30分前から15分前までゴール地点にて
出走サイン開始直後に出走30分前以上の選手が来た場合、サインを認めません。
ゴールエリアの混乱を避けるためです。ご協力下さい。
サイン場所 ゴール地点テント前机
選手は出走できる体制で出走サインを行うこと
出走サイン時に服装、ヘルメット検査を行う。「JCF公認シール」
公認ヘルメット以外の製品、ダメージを受けたヘルメットは使用不可。

備考:他チーム車両搭乗のメカニシャンが追走。ダム湖周回コースを順次追走する。前走者追い抜き時の車両間隔に注意。選手の前方25m以上は確保すること。

14:00-14:15 シニアステージ2b出走サイン
(エントリー19ティームのため競技開始時刻を30分繰り上げる)
14:30- シニアロードレース   81km(9km x 9周)

出走サイン
出走時刻の30分前から15分前までティーム全員そろって集合
スタートライン後方の集合エリアに競技開始10分前までに集合すること
ステージ1bでは個人総合成績上位10名、アナウンサー指定選手を呼び上げる。
その後方はステージ1aタイムにより下記のグループに分けた出走位置とする。

備考:補給は「6周回終了(走行距離54km)、ゴール手前直線区間で走路左側。 より認める。」「今回補給は各ステージ1回だけとする。」: サコッシュ準備すべき?→やはり1回だけ準備すべき、国体仕様。受け取りに失敗した場合に備え、余分に作成すべき(「補給について少しだけ話を聞いてください。」参照)また、水は共通機材車から補給があるそうですが、ガイドには 「共通機材車から水入りボトルを補給する。  必要な選手は共通機材車1、共通機材車2まで下がって補給を受けること。  各ティームはマネージャーミーティング時にティーム名記入済みのボトル1本を提供下さい。選手はこのボトルを 競技終了後共通機材車2に返還下さい。」 とありますが、 「1本提供」というのは、どうしてなんでしょう?また、「共通機材車2に返還」というのもよくわかりません。路肩投棄はダメということでしょうか?→あくまで、補給ポイントまで猶予なら無い緊急用の「1本」。レース終了後チームへ返還。路肩投棄は補給区間以降、フィニッシュライン付近まで。実績:今回、供出ボトルをmattaが引き取りを忘れる。注意

05.05.15 【2日目】
08:00-08:30 ジュニア+残念,ゼッケン配布、出走サイン
09:00-     ジュニア+残念個人ロードレース72km(9km x 8周)

備考:1bで周回遅れの選手の救済? 「1日目に失格となったシニア選手とジュニア選手で2日目午前9:00からジュニアのレースを行う。1日目に失格となったシニア選手の残念レース参加費はステージと別に2000円。日曜日8:00から8:30までの間にエントリー、支払いを受け付ける。」 別途料金が発生することに注意実績:残念レースの受付は「ふれあい館」

11:30-11:45 シニアステージ2 出走サイン
12:00- シニアステージ2
個人ロードレース 126km(9kmx14周)

備考:補給は「7周回終了(走行距離63km)、ゴール手前直線区間で走路左側より認める。」

【競技終了時】
ゼッケン回収
ゼッケン、フレームプレートは全競技終了後30分以内にティーム毎まとめて返還すること
ゼッケンを返還しない場合ペナルティーの対象とします。
共通機材と交換した車輪等を競技終了後本部付近共通機材車にて返還します。

本大会において供託金は5000円とする。当日返還なんでしょうか?実績:結局、今回はありませんでした。

|

« 熊野の郷のロードレース2005 | トップページ | ステージレース準備(2) »

トレーニング考」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

ジャージは審判に認識してもらうためだと思います。レース中のトラブルやスプリントでの斜行など審判がチームジャージがわかってないと判断がつかないので。上下一人分でいいと自分は認識しています。

ボトルは共通機材車が配る補給用のボトルを各チームから1本提供してほしい、という事だと思います。補給ポイントで取れなかった時などに集団の後についてる機材車まで下がってこれらのボトルをもらいます。中身はおそらく水だと思います。
これらのボトルをもらったときにはレース後に機材車に返還してすべてのレースが終わった時点で返してもらいます。路肩投棄は補給食含めてなるべくなら補給地点など人がいる所に限った方がいいでしょうね。

投稿: yono | 2005.05.07 19:12

yonoさん、アドバイスありがとうございます。ジャージ上下はそんな意味が有ったんですね。メンバーはアップしてるでしょうから、私のジャージでも持っていくことにします。ライセンスもチェックするようですから、忘れないようにしなくては。

補給は、規定周回以降は最後まで許されるようですね。(よく読んでみると^^;)これですっきりましたよ。

投稿: matta | 2005.05.08 16:25

mattaさん、このようなページを作っていただいて感謝です。さっそく利用させて頂きます。

>参加者:ライセンス持って選手全員?)

実業団レースでも全員が揃ってライセンスを提出しますのでおそらくそうでしょう。

サコッシュはやっぱりあったほうがいいですね。ゴミ袋サコッシュを何個か作っていきます。

投稿: たっち | 2005.05.08 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/3981171

この記事へのトラックバック一覧です: ステージレース準備:

« 熊野の郷のロードレース2005 | トップページ | ステージレース準備(2) »