« ステージレース準備 | トップページ | ステージレース反省と備忘 »

2005.05.07

ステージレース準備(2)

私が所属するチームローマンで参加する「2 Days Race in 木祖村」について引き続き、連絡と確認を兼ねて書き記します。

関係される方、そうでない方も含めて、ご意見等、「こうした方がいいよ」と思われることありましたらガンガン突込み入れてください。お待ちしています。

なお、懸案事項は赤い字で記述、解決、決定次第黒い字に変更します。緑の字は実績。

【レース会場への行程】
レース会場:長野県木曽郡木祖村大字小木曽1160-5 木曽川源流ふれあい館.
出発日時:2005/05/14 05:30
出発場所:富山空港隣接運動公園
行程:富山-(R41)-神岡-(R471)-上宝-(R158)-奈川-(r26)-木祖村 約130km(所要時間3h15m)r26特に問題なし。情報元:026(244)0011 (日本道路交通情報センター 長野センター)
使用車両:
・I野号
・たっち号
実績:5:45空港近辺P発、8:00味噌川ダム着

【TT追走時の留意事項】原則:ドライバーとメカニックは別チーム
ドライバー:
・同乗メカニック 選手(SEKIYA)
・基本は左側走行。ただし、フィニッシュライン付近は右側待機
・停車時は見通しの効く直線区間が望ましい
・選手との距離を常に意識(前後左右で異なる。ペナルティ対象。下記リンク参照、要は風除けになってはいけない。)
・もし、メカニックが現れない場合は審判に声を掛け同乗してもらって出発。しかし、ドライバーとメカニックペアは決まっているはず。チーム内第1走以外でこれはありうるのでしょうか?また、前走者のサポートをしていて次走者のスタートに間に合わなかったら、、、(^^;)
メカニック:
・搭乗車両ドライバー小久保隆之氏(ビスポ熊谷ビチレオン)
・ホイール余計に持ったほうがよい?(チューブも準備)

(「個人タイムトライアル追走車両運転手順書」参考)

【準備するチーム共用機材】
・インフレータ(ゲージつき)-matta
・3本ローラ-matta
・主催者へ貸与用ボトル1本-ローマン提供(他十数本提供)
・サポート用ホイール1Pair(F,R-Shimano9S)-matta
・サコッシュ(渡らない場合に備えて余計に準備)

|

« ステージレース準備 | トップページ | ステージレース反省と備忘 »

トレーニング考」カテゴリの記事

コメント

ボトルはお店に15本用意してくれと頼んだので大丈夫です。

車は私とI野さんの車で行きましょう。

投稿: たっち | 2005.05.09 08:16

申し込み時は適当に(すみません)監督:mattaさん、メカニック:K山さんとしましたが、第1ステージの追走車両の説明がメール来たので変更させてもらいました。K山さんは自転車のシロウトのためにドライバーしかできません。メカニックはmattaさんということに変更しました。よろしくお願いします。下記がメールの内容です。

--------以下引用

追走車両を走らせる経緯といたしましては、
現地のコーナー数や、事故発生時の連絡方法などから、追走車両を走らせる事が最も安全と考えたためです。

ドライバーとメカニックは意図的に同一チームではなくさせていただきました。
残念ながら本大会は大きな規模の大会ではないので、すべての追走車両に審判が同乗することができません。
そこで、
  
   選手とメカニックは同じティーム
   ドライバーと車両は別のチームから提供
   不定期抜き打ちで審判員が乗車

という手法をとらせていただきます。
TTにおける違反行為の多くが選手と車両位置によるものです。
選手と同一チームのメカニック、ドライバー、車両の場合、中立客観であることは困難です。
そこで、ドライバーと車両を別チームの人間とすることで客観性を確保しようとするものです。

また、他ティームドライバーが運転する車両に、メカニックが乗車する理由といたしましては、
危険を押さえるために、自然と十分な距離を選手との間に取るとの安全面からの考えです。
自チームのドライバーが運転した場合、追走距離をできるだけ短くする可能性があります。
選手が転倒した場合、最悪、轢いてしまうことが考えられこれを防ぐためです。

現在、公開中の追走車両表のドライバーについては、監督様を基本に記載させていただきましたが、
エントリー申し込み・スタッフ欄にドライバー欄がなく、混乱の一因となったようです。

大変申し訳ありませんでした。
そこで確認の為、
   
     1.登録している役員の中から誰が指定ティームのためのドライバーとなるのか
     2.その車両番号

をお知らせください。2.につきましては決定していればで構いません。
お手数ですがよろしくお願いいたします。
 
                 木祖村レースセクレタリー・田中 善展

投稿: たっち | 2005.05.09 21:06

サコッシュはN彦に見本で1個作ってもらいました。国体、日大でも使っている仕様です。(^_^;) そんなたいしたもんじゃないけど。5個+予備で2個ぐらいでいいかな。

投稿: たっち | 2005.05.09 21:11

たまたまサコッシュ製作の現場に立ち会いました。「え゛っ!コレが…!?」という感じでした。
現地には行けませんが、エールの気持ちを詰めておきます。

「いってらっしゃ~い♪」

投稿: 海苔ピー | 2005.05.11 10:41

土曜日の移動車両たっち号にはmattaさん、K山さん同乗でお願いします。打ち合わせしながら行きましょう。mattaさんはお手数ですがドライバーになるK山さんに役目とか走り方を説明してください。それか1周のTTにトラブルなんて無いと踏んでmattaさんをドライバーに変更した方がいいですかね?

投稿: たっち | 2005.05.11 18:51

●海苔ピーさん
勝利の女神、海苔ピーさんに祝福されて、必ずやチームローマンはいい走りをしてくれると思いますよ。写真取りまくる予定ですのでお楽しみに!

●たっちさん
> mattaさんをドライバーに変更した方がいいですかね?
う~ん、どうしましょ。選手はトラブル時も大概のことはできると思いますので、K山さんにメカニックをお願いした場合、想定される唯一のクリティカルな問題局面は、
#パンクが多発したとえば、リアの9sばかりがいってしまった場合のチューブ交換
ではないでしょうか?これが確率的にどうなのか不明ですが、ホイールが切れてしまえば棄権せざるを得ません。

一方、TT追走ドライバーをお願いした場合の問題はそう大きくはないように思えます。ドラフティングを回避する義務はほとんど選手に科せられているようです。ドライバーの義務はほぼ、通常の運転、駐車上の留意事項に準じればよいように思えます。

しいて注意点を申し上げるならば、走者が接近して走っている場合に割り込まないように注意するだけだと思います。とはいえ、選手を安全に追走運転することがTT追走ドライバーの最重要任務。これは、私も正直自信が有りません。あー、練習しとけばよかったですね。

投稿: matta | 2005.05.11 20:29

了解です。そのままK山さんドライバーで行きましょう。

レースセクレタリーからメールが来ましたので転載します。長文ですみません。

---------以下転載

質問がありましたので回答します。

>> それと共通機材車からのボトル補給ですが、最初の50キロ、最後の20キロ
>> は禁止されるそうですが、ステージ1は81キロしかないので、
>> ボトル補給を受けられる区間が11キロしかありません。
>> このあたりは補給開始のアナウンス等はあるのでしょうか?
>> それともペナルティ覚悟で取りに行くことになりますでしょうか?


F:選手へのアナウンスは物理的に出来ませんので、行いません。
  補給開始のアナウンスは、国際レースでもやっておりません。
  求められると、メカニックはボトルを渡します。
  その後、車のトリップメーターを参考にして、レースレポートに記載して提出し
ます。

  持参ボトル+チームスタッフからの補給+チーム内交換で
  協議中の水分補給をまかなうことを前提にしております。
  80km程の競走ですから、ダブルボトル+補給で水分不足になることは想定し
ていません。
  各ティームから預かったボトルを共通機材車3台に分けます。
  1台あたり6本ほどです。
  たくさんの選手がボトルを取りに来ていただくと、
  本当に必要となった後半にボトル無しの事態が想定できます。

  共通機材からのボトル補給は脱水症状回避のための緊急避難と理解して下さい。
  
  まずは、十分な水分、食料を自分の判断で持参、補給下さい。  

>>
>> 次に賞金表ですが、
>>
>> シニアステージ1b: 24km,33km,42kmポイント賞
>>            7R ボーナスタイム付き周回賞
>> ステージ2: 10.15.20Rポイント賞
>>          33km,42km,51km ボーナスタイム付き周回賞
>>
>> とあります。
>> ステージ2に15周目と20周目は存在しないと思います。
>> 33km,42km,51km ボーナスタイム付き周回賞についても
>> スプリントポイントだけでボーナスタイムは存在しないのでは?
F:御指摘感謝
  テクニカルガイドを優先します。

各位

2days race in 木祖村サポート用ホイー ル下位のように配分いたします。

>NM1(7本)
>●F         3本
>●R
>シマノ   10s⇒1本
>シマノ   9S⇒1本
>カンパ   10S⇒2本
>
>NM2(5本)
>●F        2本
>●R
>シマノ   10s⇒1本
>カンパ   10s⇒2本
>
>Com3(2本)
>●F        1本
>●R
>カンパ   10s⇒1本
>
>
>・NM1の機材不足が発生した場合、NM2&Com3から優先で補充を受ける
>・NM2の機材不足が発生した場合、状況を見て判断するが基本的に
>  補充無し。(NM1の判断)
>・Com3への補充は、競技中無し

投稿: たっち | 2005.05.13 08:03

クーラーボックス&保冷財、ROMANテント、アルミイス3脚用意しました。

今回はmattaさん、K山さん(チーム内ではヒロシさんと言われます)に感謝×100です。来年は私がスタッフやります。

投稿: たっち | 2005.05.13 19:59

たっちさん、私はたのしんでやらせてもらうつもりです。

本来なら走りに集中していただきたいのは山々なのですが、至らなくてすみません。なんでもやりますので、遠慮なく申し付けてくださいね。

投稿: matta | 2005.05.13 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/4024803

この記事へのトラックバック一覧です: ステージレース準備(2):

« ステージレース準備 | トップページ | ステージレース反省と備忘 »