« 輪行袋 | トップページ | ステージレース準備 »

2005.04.24

熊野の郷のロードレース2005

kumano
熊野の地は世界遺産の名にふさわしい、豊かな自然に恵まれた、山海川とも美しい超一級の地でした。そんな中で行われる実業団のステージレース「3DAY ROAD 熊野」を間近で見て、私にとって近い将来出場したいレースNO1に今回一気に昇格。実業団登録に今ひとつモチベーションがわかなかった身に取って、大きな刺激になりました。

今回は、最終日にあわせて行われる市民レース「熊野の郷のロードレース2005」に参加。実業団選手と同じ周回コース(15.4km)を2周する、ちょっと物足りない気もしますが、結果的には私にとって十分な距離。(^^;)1時間弱の大変楽しいひと時を過ごすことができました。(チャンピオンクラス:?位/45人エントリ)

前日に受付を済ませてあるので、スタートの8時の1時間前の7時に入ればよかろうと会場に到着すると、駐車場に当ててある小学校グラウンドはほぼ満杯。間隙に何とか駐車。

本州最南端に近いところですが、今朝は随分寒いのでやはりローラ台で、アップ開始。丸2日間走っていなかったので、いい具合にリフレッシュしているであろうと心拍計をモニタしていると、いきなり140台中盤。今年初めてのレースで緊張しているのか、調子が悪いのかよくわかりません。気分は悪くないし、しっかり朝食も5時には叔父宅で頂き、減量化も済ませ万全でした。いつもなら、朝一だとなかなか上がらないのに。

気にせず、15分ほどで170に一旦上げ、少しさげて、チップチェックと出走サインへ。スタート位置はそう人数もいないのでこだわらず、やや後方に。不明であったゴール近くのコースレイアウトも、後にスタートのノービスクラスとのコースが同一になったとのアナウンスがあり、すっきりしたところで、スタート。

半年ぶりのレース。パレード終了の警笛が響きますが、まわりの皆さんも同様でしょうか、大いなる自然に抱かれたレースコースをかみ締めているようで、あまりペースも上がりません。それに業を煮やしてかMaxSpeedの方がひとり前へ、そして逃げの体勢に。しかし、集団は微妙な間合いを持ってこれを容認。プロフィールを前もって見ただけですが、そう激しい登りも無くほぼ平地という認識。しかし、実力不足の私には、大きな認識不足でもありました。

周回中間地点のトンネルに至る若干ののぼりで、ほぼ集団前方にいた私はガクンと遅れます。ここでまた悪い癖が、「やはり、クロモリバイクは重い。」「ホイールも安もんだし。」のエクスキューズモードに入りそう。しかし、今年のオレは違うんだと言い聞かせ、何とかその後のアップダウンも喰らいつきます。

そして、ようやく周回後半の若干のくだりに入る頃には随分足にきてしまっていました。集団最後尾で足を休めながら、やはりトンネル前ののぼりがポイント、そこまで足を貯めておこうとささやかな戦術を立てられるところが進歩したのでしょうか。(^^;)

2周回に入ったところで、先行していたMaxSpeedの方はいつのまにか吸収され、ひとこと労をねぎらおうとしたのもつかの間。思ったとおりトンネル前でペースが上がり、明るくなったところで集団は1列棒状。30mほど前に行ってしまっています。

ここで、気を取り直し体格の良いKINANの方ともう一人で追走します。しかし、集団は一気にペースを上げたらしく、2つ目のトンネル横の木立の中を突き進んでいくのを見たのが射程距離最後で、後ははるかかなたへ。やはり力不足、持久力はついたからシーズン中はパワートレーニングにいそしもうと、レース中に考えてしまうほど終わっていました。ショック。KINANの方は遅れ、見えなくなった集団を2人で追走しながら、ひとりキャッチ。ゴール近くで、もう一人キャッチし損ねてゴール。結果は不明。

ダウンを終え、BR-1の写真でも撮って帰ろうと、コース周辺をうろうろしているとyonoさん所属チームのジャージを着ている美人を発見。彼も出ていることを思い出し、応援するのにゼッケンNOを聞くのもよい口実だわいと声を掛けると、なんとyonoさんの奥様でした!!今回は残念なことに初日の不運な落車が響いて2日目でタイムアウトされたとの由。

すぐ近くにいらっしゃるとのことで、携帯で連絡してもらい、ご対面。落車の傷跡が痛々しいですが、笑顔が爽やかな想像どおりのアスリート。しばし楽しい時間を過ごさせてもらいました。互いに気遣い、サポートを感謝されている様子がyonoさん夫妻の言葉の端々に感じられ大変好感が持てました。

来年か再来年には力をつけ体制組んで、参加したいと思えた素晴らしい大会でした。

|

« 輪行袋 | トップページ | ステージレース準備 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

mattaさん、今晩は。
熊野に参加してきたのですね。
このレースは昨年のファンライドのDVDで映像を見て初めて知りました。mattaさんのレポートを読むと、やはり熊野は良いところのようですね。いつか出てみたいレースが一つ増えました。

投稿: Go-T | 2005.04.27 23:14

mattaさん、先日はありがとうございました。
トップの写真は3日目のメイン集団の先頭付近ですね。
来年も出られるように結果を残していきたいです。

投稿: yono | 2005.04.28 07:04

●Go-Tさん
ほんと、オススメです。来年は、市民レースでも長めの2ステージを予定しているそうですよ。

●yonoさん
えぃやっで流し撮りしてみました。運良くシマノのお三方が納まっていました。よーく見てみると、ペダリングが前の2人は下死点で止まって見えるのに対し、最後尾の人の足が若干ぶれて見えるのは、トップレーサでも下死点で回転速度が落ちるせいなのかな、なんて想像してます。木祖村、楽しみにしています。

投稿: matta | 2005.04.28 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/3882341

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野の郷のロードレース2005:

« 輪行袋 | トップページ | ステージレース準備 »