« 東往来・西往来 | トップページ | 本年を振り返って »

2004.12.23

マイナーゆえの喜び

snowride今日は近場の峠、倶利伽羅峠へMTBで行ってきました。昨晩から降った雪で、この北陸の里山にもようやく冬がきた、といった様相です。いつものことですがこの寒い時季に、あまつさえ雪まで積もっているのに、自転車でこの峠にやってくる私を見て、たいがいのひとはギョッとします。中には声を上げて指まで指す人もいます。最近は慣れてしまって、逆に反応がないと寂しささえ覚えるほどになりましたが。(笑)

自転車生活に突入前の私が見ればやっぱりギョッとしたことでしょう。気候の良い時季ならまだしも、寒い真冬にそれも雪まで降っているのに、尋常じゃないと思うのは、まあ普通なんでしょうね。しかし、本人はいたって快適で楽しくてたまらない時間を過ごしているんです。

こんなふうに真冬でも自転車に乗れるのは、27段(=3×9)に及ぶ高精度のギアや軽量素材であしらわれた自転車や、高保温高透湿素材でしつらえられたサイクルジャージの恩恵にあずかっているのが大きな理由です。いわば「合わない技術、産業」とされた自転車産業は、欧米を中心に私達日本人が知らない間に大きく発展しているのですが、日本ではこと自転車に関しては、中野が前人未到の世界選手権スプリント10連覇を達成しようが、アームストロングが日本製のパーツを使って世界3大スポーツのツール・ド・フランスを6連覇しようが、ほとんど目立った報道がなされず、ほぼ「黙殺」といっていいほどの取り扱いを受けています。要するに、日本では著しくマイナーなのですね。しかし、今回はこんなぞんざいな扱いを受けている日本のサイクルスポーツを憂いの目を持って語るのではなく、マイナーゆえの楽しみというか喜びについて述べてみたいと思います。

今日訪れた、倶利伽羅峠にはソバ屋があって寒い時季には立ち寄って食することが多いのですが、ここでも「オバちゃん」は、派手なジャージの私を見てお約束どおり驚いてくれます。「単車で上がってきたんかいね?」「自転車!?雪ですべらんかったかいね。気をつけていくまっし。」と毎度同じような言葉をかけてもらうのですが、今日などちょっと冷えたおにぎりを値引きして食べさせてもらうと、自転車で来てよかったとしみじみ思います。(^^;)

もし、毎週のようにサイクリストが大挙してこの峠のそば屋に現れ、そばをすすっていたらこのような愉快な対応を、このオバちゃんはしてくれるでしょうか?また、ロードバイクを駆るサイクリストは基本的に歩道を走ることはせず、車道を走ることを旨としています。しかし、高校生やオバちゃんの乗るママチャリが、バス通りの車道を当然の様に走り出したらどうでしょう。私達、サイクリストは気持ち良く走れるでしょうか?追い抜きのたびに後続のクルマに神経をすり減らしてしまうに相違ありません。

少数派ゆえに理解されず、車道ではいわれ無き幅寄せ等のクルマからのイジメに会うことが多々あります。自転車で訪れた先でも、サイクルジャージではいぶかしげに見られることも事実です。しかし、マイナーな存在ゆえにあずかる恩恵も決して少なくは無いことが、このサイクルスポーツの魅力ではないのかと私は感じています。このほど、日本の新進気鋭のロード競技選手、別府史之選手がディスカバリーチャンネルという大リーグで言えばヤンキースのようなチームと契約しました。来年はマツイのように活躍する別府選手の姿が見れるかもしれません。

そうなればなったで嬉しいのですが、日本ではマイナー過ぎるこの自転車競技が簡単に、イチローやマツイが活躍する大リーグの様にヒットするとはとても思えません。しかし、今年NBAでプレーして注目された田臥選手のような例もあります。ディスカバリーチャンネルが、日本を含むアジアをマーケットとして捉えている戦略のひとつが別府獲得と目されている面もあります。

近年、街を走っていても見かけるサイクリストが増えつつあるように思えます。これは非常にうれしいことです。たいがい、手を上げたりして挨拶しあうことが普通です。登山などもそうですが、こんなスポーツ他にあるでしょうか?たとえ、メジャーになったとしても気持ち良く挨拶し合える、そんな爽やかなスポーツでありつづけて欲しい。でも、ママチャリの氾濫は困りますね~。

|

« 東往来・西往来 | トップページ | 本年を振り返って »

自転車社会学」カテゴリの記事

コメント

mattaさんこんにちわ
すごいですねー一瞬写真がわかりませんでした
雪の中走ってらっしゃったのですね!

なんだか風情があっていいですねー
寒そうだけど。。カゼ引かないようにしてくださいね!

私も雪の中走ってみたいけど
なんにもなくてもよく転ぶのにきっと無理だなー(笑)

投稿: lui | 2004.12.24 20:39

luiさんどうも毎度さんです。ブロックタイヤのMTBですから、何とか走れました。ロードでしたら、とたんにステンと行くでしょう。でもこれ以上積もったら、いくらMTBでも走れなくなるでしょうね。

ところで、下記のサイトのチームに小柄な女性の方がいて、工夫してロードバイクを楽しんでおられるようです。一度覗いてみてはいかがでしょう。(勝手にリンクしたら怒られるかな~?)
http://www.ne.jp/asahi/purple/monkey/

投稿: matta | 2004.12.24 21:46

いやー、足先が寒いとか言ってる
私が恥ずかしくなりましたヨ・・・
すごいですネ

投稿: mh | 2004.12.25 06:16

mattaさん、私も同感です。
気軽に手を上げ挨拶したり、CRなどですと自然と休憩する場所が決まってきたりして、初めて会った人とでも気楽に話しが始まる、そんな状況って楽しいです!
少数だからこそ余計に楽しいのかもしれませんね。


投稿: koh | 2004.12.26 11:53

mhさん、kohさん、いらっしゃいませ!

>mhさん
足先は、確かに冬の弱点です。シューズカバーにはエアロ効果目的のもの、先端だけ保温するもの、全体をくるんでしまうもの、シューズを劣化させないためのもの等など使用目的は多岐にわたっています。でも、グローブと違ってすべて自転車専用ですから、いいお値段しますよね。困りました。

>kohさん
>初めて会った人とでも気楽に話しが始まる、
>そんな状況って楽しいです!
まさにそのとおりだと思います。自転車という共通項のお陰で、老若男女の枠にとらわれず気軽に話が始まって、サイクリスト各々の人となりを知り合える。これは大きな喜びです。これだけ各種メディアやネットが発達しても、実際に触れ合える人は、古いつきあいは別にすると職場や取引先など利害関係が伴う場合がほとんどです。同好の士を通じて垣間見られる世の中がとても魅力的に感じられるこの頃ですが、願わくばもう少しサイクリストが増えて欲しいところです。(^^;)

投稿: matta | 2004.12.26 18:45

mattaさん、こんにちは。
雪の中での練習、恐れ入ります。
こちらは暖冬のおかげで先週末までシューズ・カバーも無しで練習出来ました。
東京は今朝この冬始めて雪が降りました(積もりそうにはありません)。
雪道で無理せぬよう、気をつけてください(「釈迦に説法」ですね、笑)
ps.LiveSTRONG送付しました。

投稿: Go-T | 2004.12.29 09:57

>Go-Tさん
このたびはお世話ありがとうございました。ようやくここ北陸も冬らしくなってきました。自転車に乗るには厳しいですが、何とか工夫して乗りたいものです。雪もまた一興ですが、2月ぐらいになると恨めしくなるんですよね~。

投稿: matta | 2004.12.29 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/2353365

この記事へのトラックバック一覧です: マイナーゆえの喜び:

« 東往来・西往来 | トップページ | 本年を振り返って »