« 3週1週の法則 | トップページ | レースのゼッケン »

2004.11.10

新聞記事とロードバイク

今日の新聞によるとシマノのロードバイク用パーツ、「デュラエース」のブレーキワイヤがリコール対象となったようです。昨年の4月から販売されたものが対象のようです。詳しいことはこちらで案内されています。思い当たる方は、一度ご確認ください。

さて、今回はリコールそのものではなく、ロードバイクのパーツのリコールが、各メディアでどのように報道されるか比較して楽しんでみました。(^^;)

まず、第一報。昨日出先の車の中、NHKラジオでこのニュースを聞いたのですが、「デュラエース」の「デ」の字も出てきませんでした。まさか、自分が使っているパーツとは思いもせず、普及しているMTBかクロスバイクのパーツと想像してしました。本来、NHKは商標などを流すことを嫌う局のはずですが、「真っ赤なポルシェ」以来、その規制がずいぶん緩やかになったように思っていたのですが、、、。事実、最近リコール多発の某メーカーの車種はバンバン報道していましたよね。まあ、社会に与える影響度からいえば妥当かもしれませんが。

新聞各社はどうでしょう。毎日は「ドロップハンドル用」との記述はあっても「デュラエース」という商標は無し。産経は逆に商標のみを記載。朝日は、"ドロップハンドル専用の「デュラエース」"とまで記されています。さすが一時期、自転車通勤キャンペーンを行っていただけはありますね。

そして、最後に日経。"競走用自転車向け「デュラエース」"と書かれています。このこと自体は間違っていないのですが続く、"競走用とマウンテンバイク両方に使える「両エンドタイプ」の・・・"、MTBでは「競走」しないのかと突っ込みたくなります。どうも、日経の記者さんは、ドロップハンドル=「競走用」と思い込まれたようですね。

ところで、デュラエースの「デュラ」って何のことかご存知でしょうか?初期の素材、ジュラルミン(Duralumin)からきていると、静岡のレーサyonoさんのサイトで紹介されていたことを思い出しました。

|

« 3週1週の法則 | トップページ | レースのゼッケン »

自転車社会学」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
こちらもTBさせていただきました。
消耗品とかの小物は結構買い置きしてます。
このワイヤーは某ショップの特売セールで安かったのでまとめ買いしたものです。

投稿: ANG | 2004.11.11 10:48

こんにちは。ワイヤーは自分のところでは3本見つかりました。

静岡のとあるお店ではいまだに「ジュラエース」と値札に書いてあったりして歴史を感じさせます。

投稿: yono | 2004.11.11 16:41

ANGさん、yonoさんコメントありがとうございます。

皆さん、しっかり持ってらっしゃるのですね。(^^)
やはり、道具としてパフォーマンスを良い状態に持っていく
心がけが、速くなる必要条件なんでしょうね。

投稿: matta | 2004.11.11 21:06

ばんはです。
「ジュラエース」…懐かしい響きですよ。w
私的ですが、デュラは初代が印象深いです。
初の上級向け統合パーツとして風靡しました。
リヤメカがWテンションで引きが軽かったのが良かったです。
あぁー、懐かしい思い出。しみじみ…

http://www1.tcnet.ne.jp/tu-box/shimano011.jpg

投稿: ばった | 2004.11.12 20:55

ばったさん、コメントと写真ありがとうございました。

おお、これが元祖の写真なのですね。フロントは今と変わらないロゴ付けですね。リアは"CRANE GS"となっています。私は、今のパーツしか知らないので違いはわかりませんが、その時々でよさを演出してきたのですね。

投稿: matta | 2004.11.14 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/1923952

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞記事とロードバイク:

» シマノ・補修用ブレーキケーブル(ドロップハンドル用)の自主交換だってさ [DAY]
ロード用のブレーキケーブルに不具合があって自主回収だそうです。 交換が必要な理由 [続きを読む]

受信: 2004.11.11 10:45

« 3週1週の法則 | トップページ | レースのゼッケン »