« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.23

ツール・ド・のと 初日コース


本日は、典型的な小春日和。大変気持ちの良い1日。体調も良いので久しぶりにロングライドへ出かけました。この時期、毎年出かけるのがツール・ド・のと 初日コースなのです。

続きを読む "ツール・ド・のと 初日コース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.14

レースのゼッケン

Decken.JPG
本日は、せっかくのランの大会でしたが、体調が優れずDNSと相成りました。多少小雨がぱらつきましたが、気温もランには良いコンディションで、出走できる方が大変うらやましく、まったく悔いの残る大会でした。

さて、今日は受付でもらったゼッケンをジャージにつけて、ウォーミングアップまでは行いました。そこで気がついたのが、写真のようなゼッケンの穴なのです。

続きを読む "レースのゼッケン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.10

新聞記事とロードバイク

今日の新聞によるとシマノのロードバイク用パーツ、「デュラエース」のブレーキワイヤがリコール対象となったようです。昨年の4月から販売されたものが対象のようです。詳しいことはこちらで案内されています。思い当たる方は、一度ご確認ください。

さて、今回はリコールそのものではなく、ロードバイクのパーツのリコールが、各メディアでどのように報道されるか比較して楽しんでみました。(^^;)

まず、第一報。昨日出先の車の中、NHKラジオでこのニュースを聞いたのですが、「デュラエース」の「デ」の字も出てきませんでした。まさか、自分が使っているパーツとは思いもせず、普及しているMTBかクロスバイクのパーツと想像してしました。本来、NHKは商標などを流すことを嫌う局のはずですが、「真っ赤なポルシェ」以来、その規制がずいぶん緩やかになったように思っていたのですが、、、。事実、最近リコール多発の某メーカーの車種はバンバン報道していましたよね。まあ、社会に与える影響度からいえば妥当かもしれませんが。

新聞各社はどうでしょう。毎日は「ドロップハンドル用」との記述はあっても「デュラエース」という商標は無し。産経は逆に商標のみを記載。朝日は、"ドロップハンドル専用の「デュラエース」"とまで記されています。さすが一時期、自転車通勤キャンペーンを行っていただけはありますね。

そして、最後に日経。"競走用自転車向け「デュラエース」"と書かれています。このこと自体は間違っていないのですが続く、"競走用とマウンテンバイク両方に使える「両エンドタイプ」の・・・"、MTBでは「競走」しないのかと突っ込みたくなります。どうも、日経の記者さんは、ドロップハンドル=「競走用」と思い込まれたようですね。

ところで、デュラエースの「デュラ」って何のことかご存知でしょうか?初期の素材、ジュラルミン(Duralumin)からきていると、静岡のレーサyonoさんのサイトで紹介されていたことを思い出しました。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.11.06

3週1週の法則

今日も天気に反して、なんともやるせない気持ちのだるい1日でした。今週ひいた風邪が尾をひいているのでしょうか?いいえ、それだけではありません。周期的にやってくるバイオリズムによる低調。「3週1週の法則」が原因のようなのです。

これは以前、このブログでも紹介した日本のマフェトン理論の第一人者、藤原裕司さんの書籍にあった内容でもあるのです。詳しくは前述のリンク先、明日りーどさんのページをご覧になってください。「1週」の不調期を「適応期」と呼びますが、これが何の前触れも無くやってきます。直前のライドなど、まさに絶好調!と叫びたくなるほどの勢いで走ったりしてますが、その翌日にはいきなり不調に襲われるのです。わたしの場合、めまい、耳鳴り、熟睡できないなど「症状」は様々なのですが、気持ち的にも落ち込んでしまうのも特徴。

しかし、こういう「法則」がありうると知ってからは、半分開き直ってサトってしまっています。以前ならカラ元気をだして逆にもっと落ち込んでしまったり、激しいトレーニングで一層具合が悪くなっていましたが、今ではムリせず早めに仕事を切り上げたり、トレーニングを軽めにしたりで乗り切ってしまいます。

一般的な「バイオリズム」は生年月日から好不調のリズムを割り出しています。生身の人間の体調を何十年にも渡って杓子定規な計算で割り出せるとは思えませんが、3週1週の法則は人それぞれふだんの体調を把握、記録していくことからスタートしています。

実は私の場合、前回の適応期にあたる時期、つまり三週間前の記録にあたっても特に不調の記述はありません。ここで、この「法則」をあてにならないと棄却するのではなく、不調時に悩まず「サトれる」便利なツールとして役立てています。でも、不調期に限ってお天気いいですよね。(苦笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.03

自転車と健康

今朝起きると、ちょっと寒気がして鼻水も出てきました。どうも軽い風邪をひいてしまったらしく、参加するつもりでいた練習会もDNSとなりました。実は昨日は久しぶりの通勤ライドで、綿シャツとYシャツで飛び出してしまったのが悪くて、汗で冷えてしまったようです。

もう秋も深まったこの時期、昼は結構暖かなのですが、朝晩は冷え込みます。速乾素材のシャツは必須なのに、、、。こんなとき、家人は鬼の首をとったように言い放ちます。「自転車でやせたから、、、」

続きを読む "自転車と健康"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »