« 内灘サイクルロードレース2004 | トップページ | 安静時心拍数 »

2004.06.30

朝錬の効用

昼間は暑くてトレーニングがしづらくなってきました。お陰で、週末ライドでの距離を稼ぐことが出来なくなり、今月は目標月間走行距離1000kmをすこし割ることになりました。しかし一年で一番陽が長いこの時季、5:00頃にはお日様も顔を覗かせます。そう、朝錬をすればよいのです。

「早起きは三文の得」と昔から言われていますが、サイクリストにとってはかなりお得。三文が今のいくらかは知りませんが、昼間走った場合のドリンク代、300円以上はお得だと思います。というのも、気温が低く汗もあまりかくこともありません。かいても気持ちのいい汗で朝の涼風が吹き飛ばしてくれます。したがって、暑さで体力を消耗することもありません。

第二の得は、クルマが少ないので道路を気持ちよく走れます。ふだんなら、ラッシュで車がひしめき合う通りをスカッとロードレーサで走り抜ける。大変気持ちの良いものです。ただ、こんな時間に自転車なんて走っているはずないと思い込んでる寝ぼけ眼のドライバーもいるかも知れませんので、注意は必要です。

第三の得として、適度なトレーニング量によりフレッシュな気分で仕事に向かえます。あんまりやりすぎると、午前中から眠くなってしまいます。私の場合は1時間ちょっとぐらいがベスト。

サイクリストに限らず、まだまだ効用がある早起きなのですが、今朝気付いた「得」。それは、朝日にうつしだされた自分の「影法師」の存在です。ふだんの練習でフォームを確認するなど、街のショーウィンドウなどでしか出来ませんが、よそ見していると怪我の元。しかし、朝の影法師なら適度な角度で朝日が当たっている限り、ずーっと付き合ってくれます。

「ダンシングで体がぶれているな」、「へっぴり腰だ」など、自分のフォームを随時確認できます。ふだん、自転車ロードレースのビデオなどをみていれば、選手のフォームが目に焼き付いていると思いますから、これをまさに投影させてフォームをチェックできるのではないでしょうか?

もちろん、仲間がいれば楽しくトレーニングできますが、影法師も立派なパートナー。でも、ちょっとさびしいですね。(苦笑)

|

« 内灘サイクルロードレース2004 | トップページ | 安静時心拍数 »

トレーニング考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/872335

この記事へのトラックバック一覧です: 朝錬の効用:

« 内灘サイクルロードレース2004 | トップページ | 安静時心拍数 »