« 大事なウォーミングアップ | トップページ | 朝錬の効用 »

2004.06.27

内灘サイクルロードレース2004


チームTT:左からバラさん、マッタ、きたのさん Special Thanks to MUROさん

途中、梅雨ならではの霧雨のような雨にも見舞われましたが、幸いなことに私が出場したカテゴリでは大した雨にもならず、まずまずのレースコンディションでした。結果のほうは、チームTTで11位/21チーム。個人ロードでは集団からかなり千切れてゴール(結果不明)。後者はかなりふがいない結果でしたが、先頭を引いたりして、「自分勝手」に積極的に楽しんだレースになりました。

日頃お世話になっている、ONE/WDのウメさんが個人TT(アダルト)で優勝、同じくマサルさんがチームTTで2位。やはり「練習はウソをつかない」のです。

<チームRTT:13.3km*2>
5:30起床。いつもどおりにパン3枚と少しのおかずをいただき、会場へ。会場へは道路封鎖が始まる6:30に到着。本部テント近くの絶好のポジションに車をつけ準備開始。早速受付をして、知った顔を見つけムダ話をしている間にアップをする時間もなくなってきました。結局、12分ほどしか出来なかった、反省。

というのも、一番最初のエントリ種目のチームTTが1番スタートで、7:20召集であったということもあります。地元過ぎて、また油断してしまったのかも。チームTTのメンバーは富山ROMANからきたのさん、バラさん、ローマンさんと私の4名。35km/hをキープ。20秒程度でローテーションと前もって打ち合わせ。しかし、スタートしてみるとぐんぐんスピードは上がって、40km/h近くで前走バイクの排気ガスの匂いが鼻をつき、こんなこと初めてだなと思いながら、このバイクをを追いかけるように進みます。

コースはフラットなので、ペースに注意して、カーブでのアウトインアウト。ペダルが引っかかる心配が無ければ、できるだけ漕ぎ続けるという点に注意して、ペースも落さず1周目を何とか終えます。今回ためしてみようと前々から思っていた、競技開始直後の軽い補給は、固形物は不向き。むせてしまいました。

私だけがDHバーをつけているので少しは役立たねばと思い、少し多めに引こうとしてみますが、バラさんやローマンさんが引くときより、若干ペースが落ち気味。2周目のホームストレートに入ったところで、やはり足にきていました。湖南大橋あたりでローマンさん、バラさんが40km/h超で鬼引き。こちらも負けじと、踏みつづけます。次のマスドのことが脳裏をよぎりますが、残り1kmできたのさんが強力に引きまくるのを目の当たりにして、こちらも全開。しかし、もう足も残っていなくて、後方のきたのさんを確認し、バラさんにアシストされてゴール。今の私の力を引き出してもらったいいレースでした。

<個人ロード(アダルト):13.3km*4>
チームTTのダウンをしていると、霧雨が降ってきました。雨脚は弱いのですが、間断なく降りつづけるので路面は一気に色を変え、水溜りもみうけられるようになり、「しょうしょう」と降る雨を眺めながら、「棄権する」といい出す人までいます。私もそう考えましたが、程なくして雨も止み、空も明るくなってきました。海苔ピーさん女子個人TT入賞の報を聞き、天気もあいまって、現金なもので俄然やる気が出てきました。

そして、きたのさんや浅井さんとおしゃべりしながらチャンピオン、ヤングクラスのあと10:00にスタート。たっちさんの「キャプテンを勝たせる」との一言に、何とか貢献できないものかと自分なりに漠然と考えていましたがやはり難しい。思い切って前へ出ても、うまくローテーションが回らないので私の地力では1分と持たずに失速、集団後方へ。そして回復すると前へ。このような無駄足を何度も運びました。

よったけさんも一度、私に付き合ってくださり一緒に引いてみたりもしたのですが、じきに失速。結局、集団に飲み込まれて後方まで追いやられてしまいます。たっちさんから「集団を分断する」とのサジェスチョンにも何をどうしたらよいかもわかりません。ただ、先頭で引きまくるI野さんのアシストを少しでもできればと、突っ走ってみますが逃げを決めるほどのスピードはもう出ませんでした。

そうこうしているうちに、最終周回。もうこちらはもういっぱいいっぱい。ひたすら集団についていくだけで、ふくらはぎもつり出しました。しかし、速そうな選手も集団後方で休んだりしています。これは「苦しいのはみんな一緒」か!?と思い直しホームストレートで、スプリントに備えたそのとき、集団左舷で大音響とともに落者発生。これはかなり大きな落車で、ここでharimanさんが巻き込まれたとのこと。私は幸い右側にいましたので危うく難を逃れましたが、急に怖くなって完全に戦意喪失。スパートしていく集団に千切られ、これを見送って、半分サイクリングモードでゴール。

やはり、集団前方でローテしながらでもポジションをキープできる地足が必要。基本に戻っての地道なトレーニングが必要ですね。また、最後になりましたが、「内灘」の運営にあたられる主催者、ボランティアの方々(かんたろさん、MUROさんお疲れ様でした。)や金沢高、内灘高両校の皆さんには改めて感謝したいと思います。

雨もぱらつく梅雨空でも、紫外線は強かったようで手がヒリヒリします。昨日の席での三船さんの欧州にくらべ「日本はなんかおかしい」の言葉を思い出していました。



主催:株式会社 深谷産業
チームRTT:11位/完走20チーム中 0:40:58.354 03:57.12 38.95km/h
一般ロードレース(アダルト):41位/完走60人中 1:19:28.424 00:32.82 40.16km/h

|

« 大事なウォーミングアップ | トップページ | 朝錬の効用 »

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/852906

この記事へのトラックバック一覧です: 内灘サイクルロードレース2004:

« 大事なウォーミングアップ | トップページ | 朝錬の効用 »