« 擦り傷 | トップページ | 停滞期 »

2004.04.26

医王山

ugiri.JPG
本日は、金沢東部にある医王山に自転車で行って来ました。今年は桜も早いので、ピークまでいけるかと期待してショップの仲間とアタックしたのですが、ピークの夕霧峠(または菱広峠:840m)手前1kmがご覧のとおり多くの雪に覆われておりました。5月中旬あたりに開通でしょうか?この山は市街地からも近く、山頂近くまで舗装道路が整備されているので、シーズン中はヒルクライム好きなサイクリストでにぎわう山です。金沢のサイクリストコナさんのサイトでも「夕霧峠かってにタイムトライアル」と称し紹介され、仲間内でも有名なコースになり私も何度かチャレンジしています。

富山のサイクリストばったさんが20数年前のサイクリングサークル誌をwebで復刻された「輪跡」によりますと、まだまだコアな楽しみ方ができるこの医王山なのですが、ロードレーサでアタックできるコースは主に3つ。金沢市東部の金沢大学周辺からアプローチするコース(コナさんのサイトで紹介)、お隣富山県福光町からの急坂がつづくコース、そして最後に県境の県道27号からアプローチをする「百万石道路」があります。コースそれぞれに趣があり、どれも好きなのですが、中でも最後に紹介した「百万石道路」が何度も走って親しみがあるせいか一番のお気に入りです。この名前の由来は気になるところですが、尾根沿いを走るため遠くは立山連峰、眼下には砺波平野の散居村が広がり苦しいヒルクライム中にも目を楽しませてくれます。また、シーズン土日でも比較的ハイカー達の車が少ないのでサイクリストにとっても走りやすいコースといえるでしょう。

冬期は雪に閉ざされ、市街から白兀山(896m)と奥医王山(939m)の左右対称の山並みを愛でるだけですが、5月から11月頃まで、気軽に本格的ヒルクライムが楽しめるコースとなります。われわれ、金沢富山のサイクリストは大変恵まれていますね。雪解けが楽しみです。

|

« 擦り傷 | トップページ | 停滞期 »

トレーニングコース情報」カテゴリの記事

コメント

おっと、こんな所からも書き込できるのね…

医王山の三国山は、
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=70000&el=136%2F48%2F48.301&pnf=1&size=500%2C500&nl=36%2F31%2F50.027
です。
三千坊と言ったほうが分かり易いかな?
ナワさんとこでも紹介されてますよん。
http://tougeoyaji.gogo.tc/toyama,kanayamatouge.htm

投稿: ばった | 2004.04.27 21:18

おおー、コメントありがとうございました。百万石道路沿いなのですね。いつも脇は通っているようなのですが、ロードだとどうしても素通りしてしまいがちです。

今日、車で旧石川県庁前の「百万石通り」の看板を見ながら、百万石道路の由来を改めて考えていました。
・殿様道路にちなんで?
・多くの費用を要した?
ばったさんの輪跡には「スカイライン」とありますね。この辺ご存知でしたら、ご教示ください。

しかし、せっかくリンク先を書いてくださったのに、リンクできないとは、、、。タグ対応止めましょうかね。

投稿: マッタ | 2004.04.27 22:26

>百万石道路
ん~、
砂利道時代に医王山スカイラインと呼んでいたような…。休日はバスも通っていて、すれ違いに四苦八苦していた父の記憶がありますよ。
百万石道路は国見までの区間の事で、国見から菱広峠間は医王山縦走線と呼んでいました。菱広峠は以前は菱池乗越と言われ、ユーギリとも呼ばれていたらしく、時代を経て「菱広峠」「夕霧峠」と呼ぶようになったらしいですわ。峠-福光の古道はスキー場開発のため面影が1つもないのが残念です。

投稿: ばった | 2004.04.30 20:11

えっー、あんなせまい道をバスが走っていたんですか。峠の名前も幾多の経緯を経て変わっていったんですね。面白い情報ありがとうございました。でも、なんで「百万石」なんでしょうね。(^^)

いつも、せわしく登って下りてますので、一度ゆっくり散策してみたいものです。

投稿: マッタ | 2004.04.30 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23347/492688

この記事へのトラックバック一覧です: 医王山:

« 擦り傷 | トップページ | 停滞期 »