2014.08.02

海抜0mから白山ライドand登山


ほぼ30年ぶりの登山。行先は自宅玄関先から遠望できる白山だ。この一番身近な高山は自転車に乗るようになってからもずっと目で追いかけているランドマークである。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.12

白山一周ライド、三度!

3度目の白山1周。コンディションにも恵まれて最高でした。前半後半と分けたログとFBに書いた記事をちょっとだけ直して貼っておきます。


今日は、5月のブルベ以来のロングライド300kmを敢行。コースは白山一周。ほぼ定番の金沢スタート。勝山、九頭竜、石徹白、ひるがの高原、御母衣、五箇山と反時計まわりにつなぎ、最後はちょっと大回りして国道156を井波まで北下して金沢に戻るコースで津幡の自宅発着でちょうど300kmと相成りました。このコースは2005年に単独で走ってからは3回目。それぞれ思い出深いライドでしたが、今回もとても素晴らしいライドになったと確信しています。その理由は3つ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.15

白山ろくエンデューロ


地元の石川県白山市で行われた「白山ろくエンデューロ」に参加してきた。石川県内の耐久レースは7年前に津幡で行われた「加賀ロード」やもう定着してきて今年3回目を迎えた「温泉ライダーin加賀温泉郷」につづき3つ目ではなかろうか。耐久レースの良いところは、ロードレースのような集団走行の局面もありつつ、参加者が各自のペースで決められた時間内楽しめるところにあると思う。また、先に上げたレースはいずれも公道を使ったコースで人工的に作られたサーキットコースにはない急カーブや逆バンクもあってそれなりにテクニックも要求されてこれまた楽しめるが、接触や落車の危険性もあるので注意も必要だ。

6月に入って暑くなることが気がかりだったが、今日は思いのほか風が気持ちよくて私が参加した2時間ソロクラスはボトル2本で十分間に合った。じつは暑くなると予想される数日前になってボトル2本では足りないと心配して、急遽トライアスロンで使うようなサドル後部にボトルをエクステンションできるパーツの検討も始めたが、結局慣れないことをしてトラブルになることを恐れてやめにした。また、補給も背中のポケットに入りきらないと懸念してトップチューブにとりつける「お弁当箱」も購入して事前にテストしたが、ペダリングとダンシングでいやらしく干渉したのでこれもやめにしたんだった。結局通常のレース装備で会場へむかうことにした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.31

ありがとう2013

Cycling Memory in 2013
今日は大晦日。年末はお天気に恵まれず、全く自転車に乗れませんでした。思い返せば今年はゲリラ豪雨に代表される荒天に翻弄されてエントリーの半分以上のイベントが中止の憂き目に。それでも、地元の自転車友達と継続的に朝練を積み上げたり、レースで悔しい思いをしたり、ローマン仲間や長い付き合いになった自転車友達とのんびりサイクリングしたり、ロードレーサ初心者の方を指導させてもらったりといろいろ幅広く自転車継続で来たなあと、ひとりごちる大晦日でもあります。来年も朝練を中心に自転車生活を継続し、活力ある人生を歩むスパイスというよりはサブエンジンにしたいものです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.31

2012の思い出

43zさんおかえり~ライドCycling Memory in 2012
今日は大晦日。このブログは放置気味でしたが、主題である自転車活動は怪我なく楽しく送ることができました。かかわってくださった皆さん、とても感謝しています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.23

カラーオーダーシミュレーション

Ris9_elite_2
7年ぶりに新調するロードレーサ。組み込んでもらうパーツをもって、金沢ローマンに行ったらすでに入荷済み。店頭に仮のホイールを履いて鎮座していた。まだバーテープも巻いていないので間の抜けた印象は免れないが、事前にカラーオーダーシミュレーションしてあるので、イメージには自画自賛だけど自信がある。(笑)このフレームにはホワイトのワイヤーカラーしかないでしょう。ローマンのスタッフもよく察してくれました。smile

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.20

宝達山ヒルクライム 2012

20121020matta写真は富山のM田さんご提供
先日紹介した今日の宝達山ヒルクライムは自走で現地に向かう。コンビニを各駅停車であれが足りないこれが足りない立ち寄ってしまう。スタートののぼり口は8:10頃。これならのんびり上っても受け付け開始の9:00には十分間に合う。途中で写真を撮ったりつぶやいたりしながら9:00前に受付の山頂公園に到着。同じく自走でこちらに向かったk2さんから、受付を早くと促される。

受付でどっさり参加賞をいただく。1kgの減農薬の宝達米に、立派なおかき、かわいいアクセサリーももらった。大きめのバックパック持参でよかったなあ。(笑)じきに山の竜宮城で開会式が始まる。今回のお世話はカツリーズのN田さんを中心に常連の自転車好きの皆さん。毎度、思うことだけど自分の時間を使って準備作業にあててくださる皆さんには頭が下がる。集合写真を撮ってもらってしっかり着込んで、今上がってきたスタート地点の陸橋まで下る。朝は息が白くなるくらいだったけど、どんどん気温が上がってスタートはアームカバー以外は夏仕様でスタートすることにした。スタートはどうもエントリー順の1分差の模様。滑り込みで申し込んだというShimadaさんが定員外の31のゼッケンナンバーだったことでうなずけた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.05

宝達山サイクルロードレース(おしらせ)

20121005
本日初めて宝達山に車で行ってきました。御用は今月20日に開催される「宝達山サイクルロードレース」の申し込みに。今年の夏、どこだったかネット上で情報つかんで興味があったのですが、結局詳細が分からずじまい。先日、近所の自転車仲間のK2さんから情報頂いてどうやら、山頂の「山の龍宮城」まで登って申し込みをする必要があるらしい。なんとも注文の多いロードレースだけど、せっかく近所のレースだし、いつもサイクリングやトレーニングでお世話になっているので、能登への所用ついでに初めて車で山頂まで行ってきた。

顔なじみの筈の「乙姫様」はネクタイを締めた私に始め全く気付かず、竜宮城を辞した後、そのテラスから「あなたはいつもの、、、」と声をかけてもらった。ようやく思い出してもらえたようだ。(笑)今日、聞き知った大会概要は以下の通り。

■開催日:2012/10/20(土)、少雨決行
■受付会場:宝達山山頂広場
■レースコース:山麓の県道75と広域農道が交差する陸橋から山頂までの6㎞あまり。(コースプロフィールはこの記事の末尾にあります。)
■当日のスケジュール
  受付開始:09:00
  開会式:09:15
  スタートへの移動:9:30
  スタート:10:00から1分おきに順次の個人タイムトライアル
■エントリーフィー:2000円
■エントリー締め切り:10/10
■エントリー方法:山頂山の竜宮城(タチバナさん)へ直接(9:00~17:00営業)または以下に、「氏名、年齢、住所、連絡先(携帯電話番号)」をファックスでも結構です。(その際にはフィーは当日でも結構とのこと)
FAX番号:0767-28-8282
電話番号:0767-29-8240

現在、あと10人ほど定員枠があるそうです。               

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«やつおロードレース 2012